Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/897-de9b496f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・レインボーライブ第49話「命燃え尽きるまで・・・」感想

今週のプリリズ名言49「あなたとともに過ごした時間、あなたと交わした言葉の数々、あなたがくれたたくさんの笑顔、ずっと記憶の中にとどめておきたい」
■評価。
#01★★★★☆なる「ハピなる」
#02★★★★★あん「プリズムショーもあんにお任せ」
#03★★★★☆あん「うん、クールミントな味だね」
#04★★★★☆なる「とってもハッピーな気持で私たちのイースターな一日が終わりました。すてきなお店にきっとな~る」
#05★★★★☆なる「あなたの歌を聴いてるとプリズムの光が見えるんです!」なる「私、あなたの歌に元気をもらいました。だから自分の歌が人を不幸にするなんて言わないでください!」
#06★★★★☆いと「ぬるい曲じゃできない。熱いライブを……私がやる!」
#07★★★★☆あん「私、ここでみんなと働きたいんです。お願いします」
#08★★★★☆ヒロ様「情熱! 熱風! スターライトキッス グッドナイト」カヅキ「ブレイキングファイヤーストーム! バーニング!」
#09★★★★☆おとは「見事な四連続ジャンプを軽やかに跳んで正体は謎に包まれている……まるでおとぎの国から来た妖精さんみたい……メルヘン」
#10★★★★☆なる「私がまだ見たことない世界や経験してないことがいっぱいあると思う。私見てみたいんだいろんな世界を」
#11★★★★☆「採点結果を発表します。プリズムストーン涼野いとさん、2,680カラット。エーデルローズSチーム小鳥遊おとはさん、5,440カラット」
#12★★★★☆あんちゃん「悔しい、悔しいよ。私初めから三連続ジャンプなんてできないって決めつけてた。勝手に心の中に壁を作って……私は私に負けたんだ! もっと練習しておけばよかった。こんなに悔しい思いをするならもっと練習しておけばよかった」
#13★★★★☆聖「プリズムライブは虹のかけ橋……」
#14★★★★☆荊オーナー「あるところでは伝説のジャンプを伝え、またあるところでは究極のアクトを導きました。りんねはプリズムワールドからの使者」
#15★★★★☆いと「今ここでダンスを踊らなきゃおいしい紅茶になれないぞ」
#16★★★★☆カヅキ「心を解き放て! お前はフリーダムだ」
#17★★★★☆べる様「百点じゃない。完璧じゃないとダメなの」
#18★★★★☆ヒロ様「ごめんみんな! 絶対アイドル! 愛・N・G!」
#19★★★★☆鶴さん「いとの周りにはいとのことを心配してくれる人がたくさんいるのよ。だからいとも人との繋がりを怖がらないで。周りの人がいとを思ってくれるようにいとも周りの人たちのことを思ってください」
#20★★★★★カヅキ「プリズムショーはフリーダム。何やってもいいんだぞ」なる「私の歌はとってもハピなるな歌なのでぜひ皆さんも一緒に歌ってみてください!」
#21★★★★☆おとは「私は……エーデルローズの小鳥遊おとはです!」
#22★★★★☆あんちゃん「プリズムショーも楽しいよ! みんな応援してね」
#23★★★★☆わかな「ありがとう。あん。キミのおかげで私はプリズムショーに出会えた。このわくわく教えてくれた。でも仲間と一緒にいる楽しさを教えてくれたのは、べる、あんただよ」
#24★★★★☆べる様「私にはもうあなたたちと一緒にいる資格がない」
#25★★★★☆わかな「勝つとか負けるとか関係ない! ただ一緒にプリズムショーができたらそれだけでいいんだよ!」
#26★★★★☆べる様「夢幻プリズムフェニックス!」ハッピーレイン「暗い気持になる雨もみんながいればハッピーになる!」
#27★★★★☆ピコック「七つのきらめきが極限まで輝けば門は開くのじゃ」
#28★★★★☆ジュネ「私、天羽ジュネは次に披露するプリズムショーでプリズムライブと五連続ジャンプを跳びます」
#29★★★★☆べる様「私ならあなたの十倍の売り上げをあげてみせるわ」
#30★★★★☆りんねちゃん「心の糸は……結んでる……」
#31★★★★☆ヒロ様「見てくれる人に明日を生きる勇気を与えてくれる。俺はそんなプリズムスターになりたい」
#32★★★★★ジュネ「プリズムショーは心のきらめき。プリズムジャンプは心の飛躍」
#33★★★★☆カヅキ「俺は出会いを大切にしたいからもし仲間と別れなきゃいけなくなっても俺と出会ってくれてありがとう。次の新しい出会いにバンザイ! って祝って送り出してやりたいんだ」
#34★★★★☆なるちゃん「私プリズムショーでもっともっとみんなをハッピーにしたい。そうすればきっともっと私のハートもハピなるだと思うの」
#35★★★★☆カヅキ「あん。頼む。あいつの……わかなの力になってやってくれ」
#36★★★★☆わかな「転校続きだったから学校での写真も撮ってない。撮ったって私のことなんてみんな忘れちゃうし。思い出は心の中だけで十分ニャ」
#37★★★★☆奈津子「正直に言うわ。あなたたちが付き合うことをお母さんは認めない! あなたたち二人を見るたびにあのときの辛い思いがよみがえるから……きっと、彼女のご両親も同じよ!」
#38★★★★☆べる様「私の夢……。私もあなたみたいに素直な心でプリズムショーを楽しみたいと思ったの」なるちゃん「今の私の夢はもっともっとプリズムショーを頑張ってべるさんみたいになることです!」ヒロ様「一分だけ……こうさせてくれ」
#39★★★★☆コウジ君「違う。僕たちの家族の時間は六年前のあの事故から止まったままなんだ。もしここで逃げたら僕たちの時間は永遠に前へ進まない。逃げちゃいけないんだ!」
#40★★★★☆あんちゃん「ごめんわかな! 私カヅキ先輩のことが好きだった! 自分でも気づかなかったけどカヅキ先輩のことがずっと好きだったみたい。今さらこんなこと言うなんてずるいよね?」
#41★★★★☆いと「恋をするってもっと楽しいことばかりだと思ってた。まさか、こんなに辛い思いをするなんてね」
#42★★★★☆なるちゃん「だからさよならなんて言わないで。さよならなんて言ったらもう二度と会えなくなる。そんなの絶対に絶対に嫌だから! 私、待ってるから! ずっとずっと、待ってるから!」
#43★★★★☆聖「プリズムショーがまったく違う次元へと進み始めている……」
#44★★★★☆仁「大事なのは正確なダンス。正確なスパイラル。正確なジャンプ。プリズムショーは点取りゲーム。心を消してマシーンになるのです」
#45★★★★☆ヒロ様「男の子は人生で一度くらい牢屋に閉じ込められたプリンセスを助ける王子様になってみたいと思ってるんだ」
#46★★★★☆あんちゃん「これからまだまだ知らない味をどんどん経験してもっともっとメチャうまな私になっていく!」
#47★★★★☆いと「みんなの熱い思いが天を突き抜け宇宙をクロスして駆け巡る 燃えるグランドクロススピン!」
#48★★★★☆正「あはははコンタクトにしたよ」ヒロ様「花開けべる大輪の薔薇のように!」
#49★★★★☆聖「ええい!救急車はまだか!?」「ジュネしっかりしろ、大丈夫だジュネ、頑張れ、頑張るんだジュネ」

第49話「命燃え尽きるまで・・・」
監督:菱田正和
脚本:井内秀治
絵コンテ:日歩冠星
ストーリーボード:Sung Won Yong
演出:小林浩輔
アニメーション演出:Jeon Byung Cheol
作画監督:Cha Sang Hoon、Kim Hyun Ok
作画監修:戸田さやか、森友宏樹
副監督:小林浩輔
放送日:2014年03月15日

■感想。
アナウンサー「蓮城寺べる選手の得点は13020カラット。堂々トップに躍り出ました」
ペンギン先生「は~食った食ったケプッ、焼き鳥はやっぱり塩に限るわね」
ペンギン先生共食い(笑)

提供
ジュネ渾身のプリズムショー 「私は誰にも負けない」
タイトル「命燃え尽きるまで・・・」

りんねちゃん「スタンを失った今のあなたはプリズムライブができない。4連続以上ジャンプすることはできないわ」
ペアともがいないと4連続以上ジャンプできなかったのか。

ヒロ様「ちょっとコンタクトがずれただけさ」
ヒロ様泣いたのをごまかしてる(笑)

カヅキ「それよりお前、こんなところに来てて大丈夫なのか? 世間はお前の引退の話で持ちきりだぞ」
ヒロ様「僕はもう普通の男の子に戻ったのさ」
元ネタはキャンディーズの「普通の女の子に戻りたい」だね。

ヒロ様「理由はどうあれ僕はファンを裏切ってしまった」
カヅキ「違う! お前はファンの期待に充分すぎるほど応えていた。お前のステージまぶしいくらい輝いていたぜ。正直悔しかったよ。ここで逃げたらみんな悲しむぜ」
ヒロ様「ムカつくと思ったなら俺と正々堂々ステージの上で勝負しろ。俺も昔どっかに忘れてきたハート見つけちまったみたいだからな」
このセリフからするとプリズムボーイの曲はやはりBOY MEETS GIRLなのかな?

カヅキ「コウジも同じ気持ちだ」
ヒロ様「コウジも!」
コウジ君「ヒロ」
コウジ君「また一緒にやっていこう」
ヒロ様「コウジ……」
カヅキ「次は表舞台でガチンコ勝負だ!」
コウジ君「でっかい未来僕たちで組み替えよう」
3人「バーニング!」
後はショーをするだけ、でもどのタイミングでやるのかな。エピローグ?

りんね(ジュネ)「どの人を通じてプリズムの煌めきを広めようかしら」
公式ガイドに載っていたスターコーデのりんねはジュネだったのか!

ペンギン先生「あたしは記念すべきお供デビューなのよ」
りんね(ジュネ)「ねぇあの人はどう?」
ペンギン先生「どれどれ。なによあれ男じゃない」
りんね(ジュネ)「かっこいい人」
かっこいいから聖を選んだのか。選ぶ基準が見た目(笑)

ペンギン先生「男はやめたほうがいいわよ。世の中のもめ事のほとんどは男と女の問題なんだから」
りんね(ジュネ)「彼は純粋よ」
ペンギン先生「ちょっと待って。何、これは懐かしくて愛おしい温もり、まさかよいしょって、あなた~あなたがそこの世界にいるのね」
りんね(ジュネ)「私は聖を導いてこの世界にプリズムの煌めきを広めることにした。彼の母の面影を残した姿に変え」
聖がジュネにマリアを見たのはジュネが面影を写したからだったのか。

ジュネ「私は聖からプリズムショーを永遠に奪ってしまった」
ペンギン先生「人はねたみ争う生き物なの。彼はもう諦めて違う人を導きなさい」
ジュネ「私が彼の代わりに煌めきを広めるわ」
ペンギン先生「ダメよ! プリズムワールドの使者が表舞台に立つことなど絶対にあってはならないわ」
ジュネ「お願い、彼が煌めきを広められる立場になったらプリズムワールドに帰るから。約束するわ」
ペンギン先生「これは愛ね。いいわ。ただしこれだけは覚えておいて。プリズムワールドの者と人間はけして結ばれることはない。絶対に好きになってはダメよ」
ジュネ「私は聖を指導者として導くことにした。私が輝けば輝くほど聖の評価は高まった。そして遂に」

ペンギン先生「ジュネ約束よ。今度の新月の晩プリズムワールドに帰りなさい」
ペンギン先生「私はちょっと探してる人がいるからもう少し残るわ。なんかこの世界に運命の人の生まれ変わりがいる気がするの」
田中さんのことか(笑)

ジュネ「そしてあの新月の晩」
りんねちゃん「フェザーが! あ~」
ジュネがフェザーを引き千切った。
これが物語の発端だったのか。

ジュネ「聖、あなたは私のプリズムショーをいつも優しく見つめてくれていたわね。聖、あなたはどうしてそんなに優しい笑顔になれるの? あなたが好きなのはプリズムショー? それとももしかして私? 知りたい聖の気持。あなたが時々見せる寂しい表情。私があなたを微笑ませてあげたかった。ああどうして、心がバラバラになってしまいそう。この気持が恋なの。暖かくて心地よくてでも悲しく切ない。教えてあなたの気持。あなたとともに過ごした時間、あなたと交わした言葉の数々、あなたがくれたたくさんの笑顔、ずっと記憶の中にとどめておきたい。 好きよ聖あなたのことが好き。ずっとあなたの側に居たい。例えあなたが老いて死んでしまったとしても私はあなたを永遠に愛し続けるわ。だからこの記憶絶対に消したくない。プリズムワールドに帰るわけにはいかない!」

ジュネのプリズムショー。
ジュネ「プリズムラーイブ!」
ジュネ「スタースプラッシュ!」
ジュネ「2連続」
ジュネ「エンジェルキッス!」
ジュネ「3連続」
ジュネ「オーロラライジング!」
ジュネ「4連続」
ジュネ「無限ハグエターナル!」
ジュネ「5連続」
ジュネ「ラムール ド ランジュ!」
ジュネ「6連続」
ジュネ「皇帝演舞!」
ジュネ「7連続」
ジュネ「この愛に悔いはない」
ジュネ「あなたのことを最後の瞬間まで愛し抜く!」
ジュネ「愛の炎 ラ フラム ダ ムール!」

皇「この技は……マリア!」
聖の母親もこの技を跳んでいたのか。
もしかしてマリアもプリズムワールドの使者?

フェザーが砕けた。
ジュネ「聖……」
ジュネ落下。
ジュネのドリルがなくなった。
この髪型のほうがかわいい。
聖が左脚を引きずって走る。

聖「ジュネ! うお~っ!」
聖「くっ……ぐあ~っ!」
聖が脚を怪我してるのにジュネを受け止めた。激痛で叫ぶ。

アナウンサー「天羽ジュネ選手の得点は7650カラット」
モモオーナー「天羽ジュネが負けた」
モモオーナー「これでプリズムの煌めきを取り戻せるモモ!」
これは取り戻せないフラグ。

筐体の前。販促は大事。
ジュネが消えかかってる。
ジュネ「聖さん……私のショー見てくれた?」
ジュネ「喜んでもらえたかしら?」
聖「ああ、素晴らしかったよ」
聖「好きだ」
聖「好きだジュネ。ずっと前からいや初めて会ったあの時からだから行かないでくれ。僕は君を愛している」
聖はやっと好きだと言ったか。長かったな。

ジュネ「ずっとわからなかった。あなたが私を好きなのかどうか……でも信じたかった。私はあなたに愛されてると……」

聖「しゃべらなくていい! ええい! 救急車はまだか!?」
このセリフ言い方が大げさで笑った。

月面会話。
りんねちゃん「これでいいの?」
ジュネ「もう何も思い残すことはない。この体あなたにあげるわ」
りんねちゃん「本当にそれでいいの」
ジュネ「プリズムの煌めきを取り戻して」
りんねちゃん「愛する人を一人残してもいいの?」

なるちゃん「りんねちゃん!」
りんねちゃんがジュネと合体した。ジュネが消えるんじゃなくてりんねちゃんが消えた……

べる様「セブンスコーデが」
あんちゃん「消えた」
モモオーナー「プリズムの煌めきが消えたモモ」
りんねちゃんが消えてセブンスコーデも消えた。

聖「ジュネしっかりしろ、大丈夫だジュネ、頑張れ、頑張るんだジュネ」

■まとめの感想。
プリズムリンク等の使用における不具合に関する状況報告
プリズムショー可動分布図

黄色が東京だけでその他が赤色。
第46話「開幕!オーバー・ザ・レインボーセッション」の可動分布図で勘違いしてる人たちがいたけど都市部のほうがまだ稼働していてそのほかの地域が稼働しなくなっていた。
今回はそれが進んで東京だけになってる。

ジュネの連続ジャンプは
「スタースプラッシュ」「エンジェルキッス」「オーロラライジング」無限ハグエターナル」「ラムール ド ランジュ」「皇帝演舞」「ラ フラム ダ ムール」
だった。
皇帝演舞は菱田監督のツイートによるとオーロラドリーム第13話で阿世知今日子がプリズムクイーンを取ったときの技(ただしこの時技名は出ていない)
技名として出たのはディアマイフューチャー第26話でケイコーチが跳んだのが最初。

菱田監督のツイート


皇帝演舞は阿世知今日子がクイーンをとった時(ARD#13)のジャンプです。もちろんケイさんも(DMF#26)飛んでます。 #prettyrhythm

一応補っておくと今日子の場合、”Spectacle de danse de l'empereur(スペクタクル ドゥ ダンス ドゥ ランプルール)”と仏語読みしている感じでした。まあ余談ですね。 #prettyrhythm


ジュネの体が光っていて、りんねちゃんがジュネと合体するときに光になった。
プリズムワールドの使者(の体)はプリズムの煌めきでできている?

「ラ フラム ダ ムール」
の元ネタはこれ?
ドラマ「スタアの恋」主題歌
Stop! In the Name of Love -globe-


■今後の展開の再予想。
私服のなるちゃんがステージに立つ。
色が見えないなるちゃん。
コウジ君(または仲間、または会場の観客たち)からはぴなるの歌声がする。
「見える、歌の色が!プリズムの輝きが!」でなるちゃん覚醒。
ラブリンをマスコットの墓場から再召還。セブンスコーデ復活。
他のメンバーにセブンスコーデ強制装着。
全員でライブ発動。
ジュネを帰す。
なるちゃんは規定時間オーバーで失格。
べる様がプリズムクイーンになる。

■映像内文字
プリズムリンク等の使用における不具合に関する状況報告

虹武百貨店

蓮城寺べる(TV)
PRISM TV
STARDUST★COFFEE

RAINBOW
CD・DVD

PRETTY♥HOME
七色湿布
蓮城寺べる(TV)
ゴミはゴミ箱に
虹盛書店

ジンギスカン

(j)unouchi
まじかるみおんの看板

天羽ジュネ
AMOU
JUNE
DearCrown
7650karats

RANKING
1 蓮城寺べる 13020karats
2 涼野いと 11400karats
3 福原あん 10800karats

補足
4 小鳥遊おとは 9670karats
天羽ジュネ 7650karats
森園わかな 6950karats

■歌
挿入歌
「Get music」
作詞:三重野 瞳
作曲・編曲:山原一浩
歌:蓮城寺べる(CV.戸松 遥)

「nth color」
作詞:三重野 瞳
作曲・編曲:斉藤恒芳
歌:天羽ジュネ(CV.宍戸留美)

■ゲスト、(または初出)キャラ声優
法月 皇(CV.中尾隆聖)
氷室 マリア(CV.宍戸留美)(クレジットはなし)

■次回予告。第50話「煌めきはあなたのそばに」
次回、りんねちゃん、力を貸して! なるは取り戻せるか!? ”プリズムの煌めき

プリティーリズムは毎年最終話はエピローグだから次回がクライマックス。
セブンスコーデを失ったなるちゃんは救世主になり、プリズムの煌めきを取り戻し世界を救えるのか?

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
べる様「7連続」
べる様「宣誓! とわのワルキューレハート!」

アナウンサー「蓮城寺べる選手素晴らしい演技を見せてくれました」

皇「素晴らしい」
秘書「会長、これを。いくつか残っていたリンクも使用不可能になったとのことです」
皇「プリズムショーができるのはとうとうここだけになってしまったか……」

アナウンサー「蓮城寺べる選手の得点は13020カラット。堂々トップに躍り出ました」
ペンギン先生「は~食った食ったケプッ、焼き鳥はやっぱり塩に限るわね」
アナウンサー「次に登場するのは前クイーン天羽ジュネ選手です」
ペンギン先生「ええっなんですって!」
アナウンサー「はたしてどんなショーを見せてくれるのでしょうか?」
ペンギン先生「ど、どうしてジュネがまだこの世界にいるの早く止めなきゃ!」

おとは「お疲れさまです」
あんちゃん、わかな「お疲れさま」
いと「お疲れ!」
Cooさん「お疲れさん!」
あんちゃん「さすがべるだね」
モモオーナー「よくやったモモ」
わかな「やっぱべるはすごいな」
おとは「素晴らしかったです」
べる様「まだよ、まだジュネの演技が終わってない。きっとジュネは私は上回ってくる」
わかな「そのときは」
モモオーナー「なる頼んだモモ」
なるちゃん「うん」
りんねちゃん「なる」
なるちゃん「りんねちゃん……」

OP
提供
ジュネ渾身のプリズムショー 「私は誰にも負けない」

聖「ジュネ……」

奈津子「ジュネ、時間よ」
ジュネ「すぐに追いかけるから先に行ってて」
奈津子「わかったわ」
ジュネ「今までありがとう。神浜さん」

タイトル「命燃え尽きるまで・・・」

りんねちゃん「行くの?」
ジュネ「ええ」
りんねちゃん「スタンを失った今のあなたはプリズムライブができない。4連続以上ジャンプすることはできないわ」
ジュネ「それはどうかしら。私は誰にも負けない」

カヅキ「べるすっげーショーだったな。どうした?」
ヒロ様「ちょっとコンタクトがずれただけさ」
カヅキ「それよりお前、こんなところに来てて大丈夫なのか? 世間はお前の引退の話で持ちきりだぞ」
ヒロ様「そんなことより君とコウジのこと理事長に頼んでおいたよ。2人でエーデルローズを引っ張っていってくれ」
カヅキ「お前はどうすんだよ」
ヒロ様「僕はもう普通の男の子に戻ったのさ」
カヅキ「お前のファンはみんな許すって言ってくれてるじゃねえか」
ヒロ様「理由はどうあれ僕はファンを裏切ってしまった」
カヅキ「違う! お前はファンの期待に充分すぎるほど応えていた。お前のステージまぶしいくらい輝いていたぜ。正直悔しかったよ。ここで逃げたらみんな悲しむぜ」
ヒロ様「逃げたら?」
ヒロ様「ムカつくと思ったなら俺と正々堂々ステージの上で勝負しろ。俺も昔どっかに忘れてきたハート見つけちまったみたいだからな」
ヒロ様「それじゃお前」
カヅキ「コウジも同じ気持ちだ」
ヒロ様「コウジも!」
コウジ君「ヒロ」
コウジ君「また一緒にやっていこう」
ヒロ様「コウジ……」
カヅキ「次は表舞台でガチンコ勝負だ!」
ヒロ様「負けるかよ」
コウジ君「でっかい未来僕たちで組み替えよう」
カヅキ、ヒロ様「ああ」
3人「バーニング!」

聖「ジュネ」
ジュネ「聖さん何か用かしら?」
聖「体調は大丈夫なのか?」
ジュネ「ええどこも悪いところはないわ」
聖「それならいいんだが……」
ジュネ「どうしてそんなことを訊くの?」
聖「いや……悪い予感がするんだ。なにかジュネが遠くに行ってしまうような気がして」
ジュネ「それじゃあショー楽しみにしてて」
聖「待ってくれ! やめるんだ。これ以上ショーをしてはいけない」
ジュネ「聖さんが喜んでくれるようなショーをしてみせるわ」
聖「ジュネ! ジュネ……」
りんねちゃん「スタン」

りんね(ジュネ)「どの人を通じてプリズムの煌めきを広めようかしら」
ペンギン先生「あたしは記念すべきお供デビューなのよ」
りんね(ジュネ)「ねぇあの人はどう?」
ペンギン先生「どれどれ。なによあれ男じゃない」
りんね(ジュネ)「かっこいい人」
ペンギン先生「男はやめたほうがいいわよ。世の中のもめ事のほとんどは男と女の問題なんだから」
りんね(ジュネ)「彼は純粋よ」
ペンギン先生「ちょっと待って。何、これは懐かしくて愛おしい温もり、まさかよいしょって、あなた~あなたがそこの世界にいるのね」
りんね(ジュネ)「私は聖を導いてこの世界にプリズムの煌めきを広めることにした。彼の母の面影を残した姿に変えて。でも聖は」

聖「4連続!」
ジュネ「だめー!」

ジュネ「私は聖からプリズムショーを永遠に奪ってしまった」
ペンギン先生「人はねたみ争う生き物なの。彼はもう諦めて違う人を導きなさい」
ジュネ「私が彼の代わりに煌めきを広めるわ」
ペンギン先生「ダメよ! プリズムワールドの使者が表舞台に立つことなど絶対にあってはならないわ」
ジュネ「お願い、彼が煌めきを広められる立場になったらプリズムワールドに帰るから。約束するわ」
ペンギン先生「これは愛ね。いいわ。ただしこれだけは覚えておいて。プリズムワールドの者と人間はけして結ばれることはない。絶対に好きになってはダメよ」

ジュネ「私は聖を指導者として導くことにした。私が輝けば輝くほど聖の評価は高まった。そして遂に」

聖「プリズムショー協会会長就任が正式に決まった」

ジュネ「どういうつもり? 今の私では勝てないとでも言う気。いいわ遠慮無く使わせてもらいます」
なるちゃん「りんねちゃん……」
りんねちゃん「プリズムワールドの使者は世界を移動するたびに記憶がリセットされてしまう。なる、ずっと一緒。約束」

Bパート
ペンギン先生「ひっはっはっ、ダ、ダメよジュネ~」

アナウンサー「天羽ジュネ選手の登場です」
男性客「ジュネ様~!」
女性客「きゃージュネ様!」
女性客「ジュネ様お美しい!」
男性客「ジュネ様~!」

奈津子「氷室さん」

ジュネ「プリズムの煌めきをあなたに」

ペンギン先生「ジュネ約束よ。今度の新月の晩プリズムワールドに帰りなさい」
ジュネ「わかったわ」
ペンギン先生「私はちょっと探してる人がいるからもう少し残るわ。なんかこの世界に運命の人の生まれ変わりがいる気がするの」

ジュネ「そしてあの新月の晩」
ジュネ「あぁ-!」

りんねちゃん「フェザーが! あ~」
ピコック先生「りんね~!」

ジュネ「あなたは? スタン」

ジュネ「聖、あなたは私のプリズムショーをいつも優しく見つめてくれていたわね。聖、あなたはどうしてそんなに優しい笑顔になれるの? あなたが好きなのはプリズムショー? それとももしかして私? 知りたい聖の気持。あなたが時々見せる寂しい表情。私があなたを微笑ませてあげたかった。ああどうして、心がバラバラになってしまいそう。この気持が恋なの。暖かくて心地よくてでも悲しく切ない。教えてあなたの気持。あなたとともに過ごした時間、あなたと交わした言葉の数々、あなたがくれたたくさんの笑顔、ずっと記憶の中にとどめておきたい。 好きよ聖あなたのことが好き。ずっとあなたの側に居たい。例えあなたが老いて死んでしまったとしても私はあなたを永遠に愛し続けるわ。だからこの記憶絶対に消したくない。プリズムワールドに帰るわけにはいかない!」

ジュネ「プリズムラーイブ!」
ジュネ「スタースプラッシュ!」
ジュネ「2連続」
ジュネ「エンジェルキッス!」
ジュネ「3連続」
ジュネ「オーロラライジング!」
ジュネ「4連続」
ジュネ「無限ハグエターナル!」
ジュネ「5連続」
ジュネ「ラムール ド ランジュ!」
ジュネ「6連続」
ジュネ「皇帝演舞!」
ジュネ「7連続」
ジュネ「この愛に悔いはない」

聖「やめろジュネ~!」

ジュネ「あなたのことを最後の瞬間まで愛し抜く!」
ジュネ「愛の炎 ラ フラム ダ ムール!」

皇「この技は……マリア!」

マリア「聖」
幼い聖「はい」
マリア「お母さんは聖のことをいつまでも愛しているわ。太陽が地球を永遠に暖めてくれるように」
幼い聖「はいお母様」

ジュネ「聖……」
聖「ジュネ! うお~っ!」
聖「くっ……ぐあ~っ!」
聖「ジュネ大丈夫か? 神浜さん救急車を!」
奈津子「はい!」

なるちゃん「りんねちゃん、待って」
アナウンサー「天羽ジュネ選手の得点は7650カラット」
モモオーナー「天羽ジュネが負けた」
Cooさん「ということは」
モモオーナー「これでプリズムの煌めきを取り戻せるモモ!」

聖「ジュネ。大丈夫かジュネ! しっかりしろ」
ジュネ「聖さん……私のショー見てくれた?」
聖「ああ」
ジュネ「喜んでもらえたかしら?」
聖「ああ、素晴らしかったよ」
ジュネ「よかった……」
聖「好きだ」
ジュネ「ええ?」
聖「好きだジュネ。ずっと前からいや初めて会ったあの時からだから行かないでくれ。僕は君を愛している」
ジュネ「ずっとわからなかった。あなたが私を好きなのかどうか……でも信じたかった。私はあなたに愛されてると……」
聖「しゃべらなくていい! ええい! 救急車はまだか!?」
ジュネ「聖さん……ありがとう……」
聖「ジュネ!」

りんねちゃん「これでいいの?」
ジュネ「もう何も思い残すことはない。この体あなたにあげるわ」
りんねちゃん「本当にそれでいいの」
ジュネ「プリズムの煌めきを取り戻して」
りんねちゃん「愛する人を一人残してもいいの?」

聖「ジュネ……しっかりしろジュネ」
なるちゃん「りんねちゃん!」
なるちゃん「ラブリン、スタン」

べる様、おとは、あんちゃん、いと、わかな「ああっ!」
べる様「セブンスコーデが」
あんちゃん「消えた」
Cooさん「これは……オーナー」
モモオーナー「プリズムの煌めきが消えたモモ」
べる様、おとは、あんちゃん、いと、わかな「ええっ!」

聖「ジュネ……」
奈津子「氷室さん救急車来ました」
聖「よし」
奈津子「こっちです」
聖「ジュネしっかりしろ、大丈夫だジュネ、頑張れ、頑張るんだジュネ」
なるちゃん「りんねちゃん……」

↓ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/897-de9b496f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。