Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/889-9812d959

トラックバック

コメント

[C61]

なるとべるのショーは良かったですが、確かに1000カラットも差を付ける程なのか基準が分かりません。
  • 2014-01-31 22:33
  • ハナ
  • URL
  • 編集

[C62]

>ハナさん
点の付け方がざっくりしてますね。
  • 2014-02-02 23:14
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・レインボーライブ第42話「なるピンチ!消えたラブリン」感想

今週のプリリズ名言42「今まで生きてきて一番幸せで一番大切なときに一番愛してる人を失ったの!」

■評価。
#01★★★★☆なる「ハピなる」
#02★★★★★あん「プリズムショーもあんにお任せ」
#03★★★★☆あん「うん、クールミントな味だね」
#04★★★★☆なる「とってもハッピーな気持で私たちのイースターな一日が終わりました。すてきなお店にきっとな~る」
#05★★★★☆なる「あなたの歌を聴いてるとプリズムの光が見えるんです!」なる「私、あなたの歌に元気をもらいました。だから自分の歌が人を不幸にするなんて言わないでください!」
#06★★★★☆いと「ぬるい曲じゃできない。熱いライブを……私がやる!」
#07★★★★☆あん「私、ここでみんなと働きたいんです。お願いします」
#08★★★★☆ヒロ様「情熱! 熱風! スターライトキッス グッドナイト」カヅキ「ブレイキングファイヤーストーム! バーニング!」
#09★★★★☆おとは「見事な四連続ジャンプを軽やかに跳んで正体は謎に包まれている……まるでおとぎの国から来た妖精さんみたい……メルヘン」
#10★★★★☆なる「私がまだ見たことない世界や経験してないことがいっぱいあると思う。私見てみたいんだいろんな世界を」
#11★★★★☆「採点結果を発表します。プリズムストーン涼野いとさん、2,680カラット。エーデルローズSチーム小鳥遊おとはさん、5,440カラット」
#12★★★★☆あんちゃん「悔しい、悔しいよ。私初めから三連続ジャンプなんてできないって決めつけてた。勝手に心の中に壁を作って……私は私に負けたんだ! もっと練習しておけばよかった。こんなに悔しい思いをするならもっと練習しておけばよかった」
#13★★★★☆聖「プリズムライブは虹のかけ橋……」
#14★★★★☆荊オーナー「あるところでは伝説のジャンプを伝え、またあるところでは究極のアクトを導きました。りんねはプリズムワールドからの使者」
#15★★★★☆いと「今ここでダンスを踊らなきゃおいしい紅茶になれないぞ」
#16★★★★☆カヅキ「心を解き放て! お前はフリーダムだ」
#17★★★★☆べる様「百点じゃない。完璧じゃないとダメなの」
#18★★★★☆ヒロ様「ごめんみんな! 絶対アイドル! 愛・N・G!」
#19★★★★☆鶴さん「いとの周りにはいとのことを心配してくれる人がたくさんいるのよ。だからいとも人との繋がりを怖がらないで。周りの人がいとを思ってくれるようにいとも周りの人たちのことを思ってください」
#20★★★★★カヅキ「プリズムショーはフリーダム。何やってもいいんだぞ」なる「私の歌はとってもハピなるな歌なのでぜひ皆さんも一緒に歌ってみてください!」
#21★★★★☆おとは「私は……エーデルローズの小鳥遊おとはです!」
#22★★★★☆あんちゃん「プリズムショーも楽しいよ! みんな応援してね」
#23★★★★☆わかな「ありがとう。あん。キミのおかげで私はプリズムショーに出会えた。このわくわく教えてくれた。でも仲間と一緒にいる楽しさを教えてくれたのは、べる、あんただよ」
#24★★★★☆べる様「私にはもうあなたたちと一緒にいる資格がない」
#25★★★★☆わかな「勝つとか負けるとか関係ない! ただ一緒にプリズムショーができたらそれだけでいいんだよ!」
#26★★★★☆べる様「夢幻プリズムフェニックス!」ハッピーレイン「暗い気持になる雨もみんながいればハッピーになる!」
#27★★★★☆ピコック「七つのきらめきが極限まで輝けば門は開くのじゃ」
#28★★★★☆ジュネ「私、天羽ジュネは次に披露するプリズムショーでプリズムライブと五連続ジャンプを跳びます」
#29★★★★☆べる様「私ならあなたの十倍の売り上げをあげてみせるわ」
#30★★★★☆りんねちゃん「心の糸は……結んでる……」
#31★★★★☆ヒロ様「見てくれる人に明日を生きる勇気を与えてくれる。俺はそんなプリズムスターになりたい」
#32★★★★★ジュネ「プリズムショーは心のきらめき。プリズムジャンプは心の飛躍」
#33★★★★☆カヅキ「俺は出会いを大切にしたいからもし仲間と別れなきゃいけなくなっても俺と出会ってくれてありがとう。次の新しい出会いにバンザイ! って祝って送り出してやりたいんだ」
#34★★★★☆なるちゃん「私プリズムショーでもっともっとみんなをハッピーにしたい。そうすればきっともっと私のハートもハピなるだと思うの」
#35★★★★☆カヅキ「あん。頼む。あいつの……わかなの力になってやってくれ」
#36★★★★☆わかな「転校続きだったから学校での写真も撮ってない。撮ったって私のことなんてみんな忘れちゃうし。思い出は心の中だけで十分ニャ」
#37★★★★☆奈津子「正直に言うわ。あなたたちが付き合うことをお母さんは認めない! あなたたち二人を見るたびにあのときの辛い思いがよみがえるから……きっと、彼女のご両親も同じよ!」
#38★★★★☆べる様「私の夢……。私もあなたみたいに素直な心でプリズムショーを楽しみたいと思ったの」なるちゃん「今の私の夢はもっともっとプリズムショーを頑張ってべるさんみたいになることです!」ヒロ様「一分だけ……こうさせてくれ」
#39★★★★☆コウジ君「違う。僕たちの家族の時間は六年前のあの事故から止まったままなんだ。もしここで逃げたら僕たちの時間は永遠に前へ進まない。逃げちゃいけないんだ!」
#40★★★★☆あんちゃん「ごめんわかな! 私カヅキ先輩のことが好きだった! 自分でも気づかなかったけどカヅキ先輩のことがずっと好きだったみたい。今さらこんなこと言うなんてずるいよね?」
#41★★★★☆いと「恋をするってもっと楽しいことばかりだと思ってた。まさか、こんなに辛い思いをするなんてね」
#42★★★★☆なるちゃん「だからさよならなんて言わないで。さよならなんて言ったらもう二度と会えなくなる。そんなの絶対に絶対に嫌だから! 私、待ってるから! ずっとずっと、待ってるから!

第42話「なるピンチ!消えたラブリン」
監督:菱田正和
脚本:坪田 文
絵コンテ:沖田宮奈
ストーリーボード:Sung Geun Sik
演出:小林浩輔
アニメーション演出:Han Young Hoon
作画監督:Cha Sang Hoon、Kim Hyun Ok
作画監修:松浦麻衣、森友宏樹
副監督:小林浩輔
放送日:2014年01月25日

■感想。
なるちゃん「りんねちゃん! 私。なるです! お願い! 少しでいいからお話させて! りんねちゃん! お願い! お顔見せて!」
ジュネ「お話しなくていいの?」
りんねちゃんの顔が厳しい。

なるちゃん「りんねちゃん、さよならなんて……きっとりんねちゃん私のこと嫌いになっちゃったんだ」
なるちゃん号泣。

べる様「そんなことないわ。きっと何か事情があるのよ」
なるちゃん「私がプリズムショー下手だから嫌になってジュネさんのところへ行っちゃたんだよ!」
べる様「なる! あなたのプリズムショーはとても素晴らしいわ!」
なるちゃん「じゃあどうしてりんねちゃんはいなくなっちゃたの?」
なるちゃん「ずっと一緒って約束したのに……私……嫌われちゃったんだ」
なるちゃん「ラブリン?」
ラブリン消滅。
なるちゃん「ラブリ~ン!」

なるちゃん「私、りんねちゃんだけじゃなくラブリンにも嫌われちゃったんだ……」
千里「ペアともは心のきらめきを持つ者にやってくる。今なるの心はきらめきが失われてるのよ」
千里「おそらくプリズムジャンプもプリズムライブもできないわ!」
なるちゃん心の危機。

ケリー井上のデュオ。

ヒロ様「グッドアフタヌーン、カヅキ君、コウジ」
ヒロ様「今日はジメジメした日陰から出てきてひなたぼっこかな? のろまなカメさん」
ヒロ様「それとも日の当たるところがうらやましくなったのかい?」
カヅキ「俺たちは仲間を応援に来てるんだ! それの何が悪い!?」
ヒロ様「へぇ~。それで満足できるなんて本当にうらやましいな」
コウジ君「ヒロ、もう僕たちにかかわるな!」

ヒロ様「お~怖! 今日はご機嫌がお悪いようで。それじゃあおいとましますよ。グッナイ、のろまなカメさん」
カヅキ「ちょ、待てよ! 前々からずっと引っかかってたんだが……いったいお前は何を俺たちに求めてるんだ?」
ヒロ様「なんのことかな?」
カヅキ「ならなぜこうして絡んでくる!?」

ヒロ様「言っただろ? 才能をムダづかいしてる奴が嫌いだって」
カヅキ「お前もしかして……俺たちに何か助けを求めてるんじゃないのか?」
ヒロ様「うぬぼれるな、仁科カヅキ! キミ、エーデルローズの試験を受けたそうだな。せっかく合格してたのに蹴ったそうじゃないか」
カヅキ「どうしてそれを……」
ヒロ様「じゃっ、ウサギは寝てる暇ないんで。シーユー!」

コウジ君やカヅキ先輩をカメと呼び、自分をウサギに例えるヒロ様。自分のほうが劣ってると思ってるんだろうな。

べる様「パートナー失格ね。なるには何度も助けてもらったのに……」
べる様「私がプリズムライブができなくて悩んでいたときもお泊まり会のときも、なのに……」
べる様涙流しすぎ。

なるちゃん「べるちゃん……どうして?」
べる様「なるが泣いているのを見ると私もつらい……」
なるちゃん「ごめんね、べるちゃん。こんなんじゃ私、べるちゃんにも嫌われちゃうね……」
なるちゃんも泣き出した。

一方大人組。
弦「頼むなっちゃん、いととコウジ君のこと認めてやってくれないか?」
弦土下座。

弦「あの子たちにはなんの罪もない。悪いのは全部俺なんだ。だから頼む。あいつらは許してやってくれ! いともコウジ君もまだ若い。もしかしたらすぐにケンカして別れてしまうかもしれない。しかしこのことで無理やり別れることになってしまったらコウジ君にもいとにも……丈にも申し訳がたたない!」
すぐ別れるかもと思ってるのに土下座する弦すごいな。
「丈にも申し訳がたたない!」それが一番の理由か!

奈津子「私から……大切な人を何人奪えば気がすむの!?」
奈津子「あなたはいいわよね、何も失わなくて。私はね、私は丈を失ったの……世界で一番大切な人を。今まで生きてきて一番幸せで一番大切なときに一番愛してる人を失ったの! もう思い出したくないの……あんなに辛かったこと、もう二度と思い出したくないの! 絶対にコウジといとさんの仲は認めない」
奈津子さんは鶴さんと結君が別居してるのを知らないのか? ハンカチ見てたから知ってると思ってたんだけど。
奈津子さんも泣く。弦も泣く。昼ドラみたい。
今回大人も子供も泣いてばっかりだ。

指を噛んでるヒロ様(笑)
ヒロ様「どうしたの? こんなところで。もうすぐ出番じゃ……」
なるちゃんの泣き声に動揺しないのにべる様の涙に動揺するんだなヒロ様。ヒロべるは進展するのか?

ヒロ様「なるほど嫌われちゃったか……嫌うっていうのはりんねちゃんがなるちゃんに何か期待してるんだよ」
なるちゃん「りんねちゃんは私に何をしてほしいんですか?」
ヒロ様がコウジ君を構ってたのは期待していたからなのか。

カヅキ「どうしてヒロは俺がエーデルローズを受けてたの知ってるんだ?」
カヅキ「なぁコウジ……お前、ヒロのことどう思ってるんだ?」
カヅキ「あの歌、ヒロに向けたメッセージなんだろ。お前がエーデルローズにいた頃、ヒロとの間で何があったかはわからない。でもこのままでいいのか!? 昔は信頼しあったパートナーだったんだろ?」
やっぱりそうだったのか。歌詞がまんま昔ヒロ様が語ってた勇者だったからなぁ。

カヅキ「おそらくあいつは俺たちの力を必要としている」
コウジ君「ヒロが!?」
カヅキ先輩は関わった人間誰でも面倒みようとするね。

なるちゃん「りんねちゃんが私にしてほしいこと……あっ! りんねちゃんはいつも私のプリズムショーを見て笑顔になってくれた!」
なるちゃん「べるちゃん、私、りんねちゃんが笑顔になってくれるようなショーをやってみる! そしたらラブリンも戻ってきてくれるかもしれない」
なるちゃん復活。

なるちゃん「べるちゃん、一緒に泣いてくれてありがとう」
なるちゃん「私のために泣いてくれたんだよね」
べる様「私にはそれくらいのことしかできないから」
べる様の株がまた上がった。

ヒロ様「それでいいのさ。パートナーが苦しんでいるとき、ただそばにいてやればいい。人にはそれっぽっちのことしかできないんだ。でも俺にはそれすら……」
べる様「それって神浜さんの?」
コウジ君のことを神浜さんって呼ぶのべる様だけだな。

ヒロ様「それじゃあ、二人のショー楽しみにしてるよ」
なるちゃん「ヒロさんっていつも変な事ばっかり言ってますけど本当はと~っても優しい人ですね」
ヒロ様はヤンホモから本当は優しい人にクラスチェンジ。

べる様「一つ言わせて。私、なるのことが大好きよ」
べる様もいい人にクラスチェンジ。

べる様「私だけじゃない。あんもいともわかなもおともみんなあなたのことが大好きなの」
べる様「さあ、みんながなるの笑顔を待ってる」
これで第10話「謎の生物 プリズムストーンに現る!」のときになるちゃんを騙した真っ黒なべる様と真っ黒なヒロ様はなかったことになったのかな。あれは未だに説明がつかない。

アナウンサー「続いては蓮城寺べる彩瀬なるデュオの登場です!」

あんちゃん「それじゃあ、ラブリンは見つからなかったの?」
なるちゃん「うん、でも大丈夫、きっと戻ってくるから」
なるちゃん「ありがとう、みんな、ハピなる!」

なるちゃんとべる様ジャックインしてプリズム空間へ。
めが姉ぇ「プリズムショーの世界へようこそ。プリズムストーンをもらえるかな?」
めが姉ぇが出た!

なるべるプリズムチェンジしてステージに登場。
べる様「全然違う私たちのハートが重なって……」
なるちゃん「みんなハッピーにな~る!」
プリズムショー開始。

ジュネ「すごい! 二つのハートのきらめきが重なり合って更に光を増している。これをあなたは私に見せたかったのかしら?」
りんねちゃんの顔が厳しい。

なるちゃん「ラブリン!」
戻ってきたラブリンが究極進化。ジュネが驚く。

なるちゃん、べる様「プリズムラーイブ!」
べる様のバイオリンとなるちゃんのギターのセッションが素晴らしい。

なるちゃん、べる様「ハッ! ラブリー&セクシースプラッシュ!」
なるちゃん、べる様「二連続! 100パーセントピュアピュアアロー! ハピなる!」
ダブルアロー来た!

なるちゃん、べる様「三連続! 夢幻プリズムフェニックス!」
なるべるのデュオジャンプよりべる様単体の七分身のほうが強い気がする。

なるちゃん、べる様「四連続!」
べる様「心を」
なるちゃん「つなげば」
なるちゃん、べる様「ハッピーが増えていく! レインボーアーチファンタジー!」

二段ジャンプして、
なるちゃん、べる様「五連続!」
べる様「全然違う私たちだから」
なるちゃん「ハートを重ねて」
フェザー進化。

なるちゃん、べる様「まだ見たことがない輝きを作ることができる。スターライトフェザーメモリー!」

おとは「メルヘン!」
いと「熱い!」
Cooさん「クール!」
千里「ラブリンが進化したモモ……」
熱いのかクールなのかどっちなんだ(笑)

アナウンサー「蓮城寺べる・綾瀬なるデュオの得点は16,800カラット! 福原・森園デュオの得点を上回りトップに躍り出ました!」
なるちゃん、べる様「ハピなる!」
べる様がハピなる教信者になった。

ジュネ「あなたの大好きな綾瀬なるはラブリンのセブンスコーデを究極まで進化させたみたいね。でも、もう必要ないわ。だって……プリズムのきらめきは私が広めるもの!」
ジュネ傲慢だな。

なるちゃん「私、待ってるから! きっと帰ってくるって信じてるから。だからさよならなんて言わないで。さよならなんて言ったらもう二度と会えなくなる。そんなの絶対に絶対に嫌だから! 私、待ってるから! ずっとずっと、待ってるから!」
りんねちゃん「いってきます」
なるちゃん「いってらっしゃい!」
りんねちゃんが帰ってくるフラグが立った。

■まとめの感想
弦となっちゃんが予想以上に修復不能になっててどうするんだこれって思った。鶴さんが来ないとダメな気がする。

ヒロ様「それでいいのさ。パートナーが苦しんでいるとき、ただそばにいてやればいい。人にはそれっぽっちのことしかできないんだ。でも俺にはそれすら……」
このシーンを見てオーロラドリーム第16話「ネコチの試練」を思い出した。
ネコチからペアチアとしてどうしたらいいかと聞かれたペンギン先生が「私たちのようにいつも一緒にいること。ただそれだけでいいのよ」と答えた。
ペンギン先生もヒロ様も言ってることは一緒。
これは菱田監督の考えなんだろう。それすらできないヒロ様。

べる様「全然違う私たちだから」
なるちゃん「ハートを重ねて」
なるちゃん、べる様「まだ見たことがない輝きを作ることができる」
双子のようなデュオより、息が合った個性が違うデュオのほうがより輝く。
これはオーロラドリーム、ディアマイフューチャーでセレのんが最強デュオだった理由。この設定も菱田監督が好きなんだろうね。

五連続ジャンプを跳んだなるべると四連続ジャンプを跳んだあんわかが1000カラットしか違わない。四連続同士のあんわかといとおとの差も1000カラット。1000カラットの差の基準がわからない。

ジュネはなるちゃんがラブリンのセブンスコーデを究極まで進化させたことを軽く見てる。
確かになるちゃん一人なら絶対にジュネには勝てない。
でもなるちゃんには他の仲間にセブンスコーデを装着させる能力がある。だから他の五人のセブンスコーデも一挙に進化させりんねちゃんと組み、RAINBOWの究極セブンスコーデで合体攻撃すればジュネに勝てる。

りんねちゃんが無表情不思議キャラから厳しさを持つクールな勇者にクラスチェンジ、それに合わせてなるちゃんも勇者の帰りを待つヒロインにクラスチェンジした。突然だなぁ。

なるちゃんは自分の回の第13話で競技中にセブンスコーデを装着、第20話でセブンスコーデを進化、第42話(今回)でセブンスコーデを究極進化させてる。さすが主人公。

RANKING
1 蓮城寺べる&彩瀬なる 16800karats
2 福原あん&森園わかな 15800karats
3 涼野いと&小鳥遊おとは 14800karats

挿入歌
「Little Wing&Beautiful Pride」
作詞:三重野 瞳
作曲・編曲:山原一浩
歌:彩瀬なる&蓮城寺べる
(CV.加藤英美里・戸松 遥)

「と・き・め・きDays」
作詞・作曲:菅原幸枝
歌:明坂聡美

■次回予告。第43話「天使の決意」
次回、ジュネ&りんねんのプリズムショー! デュオに秘められた決意とは!?
じゅねりんのプリズムショー。五連続以上を跳ぶのか、全然違うことをするのか楽しみ。

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
アナウンサー「涼野・小鳥遊デュオ、現在二位です!」
いと「惜しかったな」
おとは「はい、でも最高のショーでしたよ!」
なるちゃん「いとちゃんとおとはちゃんのショー素敵だったね!」
べる様「私たちも負けていられないわね」
なるちゃん「うん!」
なるちゃん「ねぇ、べるちゃん。もう一度だけりんねちゃんに会いにいってもいいかな?」
べる様「ええ、もちろん」

なるちゃん「りんねちゃん! 私。なるです! お願い! 少しでいいからお話させて! りんねちゃん! お願い! お顔見せて!」
ジュネ「お話しなくていいの?」

なるちゃん「りんねちゃん! 元気だった……? ちゃんとご飯食べてる? お風呂は? 歯磨きは朝と錬る前に……」
りんねちゃん「なる……さよなら」
べる様「なる……」

OP

なるちゃん「りんねちゃん、さよならなんて……きっとりんねちゃん私のこと嫌いになっちゃったんだ」
べる様「そんなことないわ。きっと何か事情があるのよ」
なるちゃん「私がプリズムショー下手だから嫌になってジュネさんのところへ行っちゃたんだよ!」
べる様「なる! あなたのプリズムショーはとても素晴らしいわ!」
なるちゃん「じゃあどうしてりんねちゃんはいなくなっちゃたの?」
べる様「それは……」
なるちゃん「ずっと一緒って約束したのに……私……嫌われちゃったんだ」
なるちゃん「ラブリン?」
なるちゃん「ラブリ~ン!」

わかな「どうしたのべる? そんな怖い顔して」
あんちゃん「なるは? もうすぐ出番でしょ?」
べる様「それが……ラブリンが消えてしまったの」
みんな「ええ~っ!?」

タイトル「なるピンチ!消えたラブリン」

なるちゃん「私、りんねちゃんだけじゃなくラブリンにも嫌われちゃったんだ……」
あんちゃん「オーナー、どうして消えちゃったの?」
千里「ペアともは心のきらめきを持つ者にやってくる。今なるの心はきらめきが失われてるのよ」
あんちゃん「そんな!?」
おとは「それじゃあ……」
Cooさん「今のなるちゃんは……」
千里「おそらくプリズムジャンプもプリズムライブもできないわ!」
あんちゃん「まだ、そんなに遠くには行ってないはず! みんなで探そう」
みんな「ええ!」

ジュネ「いいの? あんなこと言ってしまって。あのままでは心のきらめきを失って二度とプリズムショーができなくなる」

なるちゃん「ラブリ~ン! ラブリ~ン! どこ~!? どこ行っちゃったんだろう……」
あんちゃん「ラブリ~ン!」
いと「ラブリ~ン!」
わかな「ラブリ~ン!」
おとは「ラブリンさ~ん!」
べる様「ラブリン!」

弦「なっちゃん」

カヅキ「コウジ! いととおとはのショー、すげぇフリーダムだったな」
コウジ君「ああ」
カヅキ「次はなるとべるだな」
ヒロ様「グッドアフタヌーン、カヅキ君、コウジ」
ヒロ様「今日はジメジメした日陰から出てきてひなたぼっこかな? のろまなカメさん」
カヅキ、コウジ君「ヒロ!?」
ヒロ様「それとも日の当たるところがうらやましくなったのかい?」
カヅキ「俺たちは仲間を応援に来てるんだ! それの何が悪い!?」
ヒロ様「へぇ~。それで満足できるなんて本当にうらやましいな」
コウジ君「ヒロ、もう僕たちにかかわるな!」
ヒロ様「お~怖! 今日はご機嫌がお悪いようで。それじゃあおいとましますよ。グッナイ、のろまなカメさん」
カヅキ「ちょ、待てよ! 前々からずっと引っかかってたんだが……いったいお前は何を俺たちに求めてるんだ?」
ヒロ様「なんのことかな?」
カヅキ「ならなぜこうして絡んでくる!?」
ヒロ様「言っただろ? 才能をムダづかいしてる奴が嫌いだって」
カヅキ「お前もしかして……俺たちに何か助けを求めてるんじゃないのか?」
ヒロ様「うぬぼれるな、仁科カヅキ! キミ、エーデルローズの試験を受けたそうだな。せっかく合格してたのに蹴ったそうじゃないか」
カヅキ「どうしてそれを……」
ヒロ様「じゃっ、ウサギは寝てる暇ないんで。シーユー!」

なるちゃん「べるちゃん!」
べる様「パートナー失格ね。なるには何度も助けてもらったのに……」
なるちゃん「えっ!?」
べる様「私がプリズムライブができなくて悩んでいたときもお泊まり会のときも、なのに……」
なるちゃん「べるちゃん……どうして?」
べる様「なるが泣いているのを見ると私もつらい……」
なるちゃん「ごめんね、べるちゃん。こんなんじゃ私、べるちゃんにも嫌われちゃうね……」

弦「頼むなっちゃん、いととコウジ君のこと認めてやってくれないか?」
奈津子「えっ!?」
弦「あの子たちにはなんの罪もない。悪いのは全部俺なんだ。だから頼む。あいつらは許してやってくれ! いともコウジ君もまだ若い。もしかしたらすぐにケンカして別れてしまうかもしれない。しかしこのことで無理やり別れることになってしまったらコウジ君にもいとにも……丈にも申し訳がたたない!」
奈津子「私から……大切な人を何人奪えば気がすむの!?」
奈津子「あなたはいいわよね、何も失わなくて。私はね、私は丈を失ったの……世界で一番大切な人を。今まで生きてきて一番幸せで一番大切なときに一番愛してる人を失ったの! もう思い出したくないの……あんなに辛かったこと、もう二度と思い出したくないの! 絶対にコウジといとさんの仲は認めない」

ヒロ様「どうしたの? こんなところで。もうすぐ出番じゃ……」

Bパート
ヒロ様「なるほど嫌われちゃったか……嫌うっていうのはりんねちゃんがなるちゃんに何か期待してるんだよ」
なるちゃん「えっ!?」
ヒロ様「なるちゃんに何かをしてほしいってね」
なるちゃん「りんねちゃんは私に何をしてほしいんですか?」
ヒロ様「それはなるちゃんならわかるんじゃないかな?」
なるちゃん「りんねちゃんは……」

カヅキ「どうしてヒロは俺がエーデルローズを受けてたの知ってるんだ?」
コウジ君「わからない」
カヅキ「なぁコウジ……お前、ヒロのことどう思ってるんだ?」
コウジ君「えっ!?」
カヅキ「あの歌、ヒロに向けたメッセージなんだろ。お前がエーデルローズにいた頃、ヒロとの間で何があったかはわからない。でもこのままでいいのか!? 昔は信頼しあったパートナーだったんだろ?」
カヅキ「おそらくあいつは俺たちの力を必要としている」
コウジ君「ヒロが!?」

なるちゃん「りんねちゃんが私にしてほしいこと……あっ! りんねちゃんはいつも私のプリズムショーを見て笑顔になってくれた!」
べる様「それじゃあ」
なるちゃん「べるちゃん、私、りんねちゃんが笑顔になってくれるようなショーをやってみる! そしたらラブリンも戻ってきてくれるかもしれない」
べる様「ええ!」
なるちゃん「べるちゃん、一緒に泣いてくれてありがとう」
べる様「え?」
なるちゃん「私のために泣いてくれたんだよね」
べる様「私にはそれくらいのことしかできないから」
ヒロ様「それでいいのさ。パートナーが苦しんでいるとき、ただそばにいてやればいい。人にはそれっぽっちのことしかできないんだ。でも俺にはそれすら……」
べる様「それって神浜さんの?」
ヒロ様「それじゃあ、二人のショー楽しみにしてるよ」
なるちゃん「ヒロさん!」
ヒロ様「ん?」
なるちゃん「ヒロさんっていつも変な事ばっかり言ってますけど本当はと~っても優しい人ですね」
べる様「ぷっ……」
なるちゃん、べる様「あはは!」
なるちゃん「べるちゃん?」
べる様「一つ言わせて。私、なるのことが大好きよ」
なるちゃん「べるちゃん!」
べる様「私だけじゃない。あんもいともわかなもおともみんなあなたのことが大好きなの」
なるちゃん「ほんと!?」
べる様「さあ、みんながなるの笑顔を待ってる」
なるちゃん「うん!」

アナウンサー「続いては蓮城寺べる彩瀬なるデュオの登場です!」

あんちゃん「それじゃあ、ラブリンは見つからなかったの?」
なるちゃん「うん、でも大丈夫、きっと戻ってくるから」
べる様「みんな安心して。なるは私がフォローするわ」
なるちゃん「ありがとう、べるちゃん」
あんちゃん「なる……」
いと「頑張れなる!」
おとは「頑張ってください」
わかな「なる頑張るニャ」
あんちゃん「頑張って!」
なるちゃん「ありがとう、みんな、ハピなる!」

めが姉ぇ「プリズムショーの世界へようこそ。プリズムストーンをもらえるかな?」

べる様「全然違う私たちのハートが重なって……」
なるちゃん「みんなハッピーにな~る!」

あん「なる頑張って!」
わかな「ファイト、なる~!」
おとは「なるさん!」
いと「頑張れ!」

ジュネ「すごい! 二つのハートのきらめきが重なり合って更に光を増している。これをあなたは私に見せたかったのかしら?」

なるちゃん「ラブリン!」
なるちゃん、べる様「プリズムラーイブ!」
なるちゃん、べる様「ハッ! ラブリー&セクシースプラッシュ!」
なるちゃん、べる様「二連続! 100パーセントピュアピュアアロー! ハピなる!」
なるちゃん、べる様「三連続! 夢幻プリズムフェニックス!」
なるちゃん、べる様「四連続!」
べる様「心を」
なるちゃん「つなげば」
なるちゃん、べる様「ハッピーが増えていく! レインボーアーチファンタジー!」
なるちゃん、べる様「五連続!」
べる様「全然違う私たちだから」
なるちゃん「ハートを重ねて」
なるちゃん、べる様「まだ見たことがない輝きを作ることができる。スターライトフェザーメモリー!」

あんちゃん「ラブリン戻ってきた!」
わかな「あははっ」
おとは「メルヘン!」
いと「熱い!」
Cooさん「クール!」
千里「ラブリンが進化したモモ……」

アナウンサー「蓮城寺べる・綾瀬なるデュオの得点は16,800カラット! 福原・森園デュオの得点を上回りトップに躍り出ました!」
なるちゃん、べる様「ハピなる!」

ジュネ「あなたの大好きな綾瀬なるはラブリンのセブンスコーデを究極まで進化させたみたいね。でも、もう必要ないわ。だって……プリズムのきらめきは私が広めるもの!」
奈津子「ジュネ、りんねさん出番よ」
ジュネ「ええ」

なるちゃん「あはは! ラブリン戻ってきてくれてありがとう!」
べる様「きっとりんねも笑顔になってくれたはずよ」
なるちゃん「うん!」
なるちゃん「あ……りんねちゃん!」
奈津子「りんねさん、少しくらい話を……」
なるちゃん「りんねちゃん……」
なるちゃん「私、待ってるから! きっと帰ってくるって信じてるから。だからさよならなんて言わないで。さよならなんて言ったらもう二度と会えなくなる。そんなの絶対に絶対に嫌だから! 私、待ってるから! ずっとずっと、待ってるから!」
りんねちゃん「いってきます」
なるちゃん「いってらっしゃい!」
なるちゃんのナレーション「あのときのりんねちゃんはどこか悲しそうで、どこか厳しくて、それでいて、優しくて……そして何か強い決意をしているように見えました。りんねちゃんとジュネさんはいったいどんなデュオショーを見せてくれるのでしょうか?」

↓ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/889-9812d959

トラックバック

コメント

[C61]

なるとべるのショーは良かったですが、確かに1000カラットも差を付ける程なのか基準が分かりません。
  • 2014-01-31 22:33
  • ハナ
  • URL
  • 編集

[C62]

>ハナさん
点の付け方がざっくりしてますね。
  • 2014-02-02 23:14
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。