Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/886-c699dbf2

トラックバック

[T90] ◎プリティーリズム・レインボーライブ#39...

$スイーツに囲まれて幸せもも アンポンタン、なぜプリズムワールドにかえさんのだ方法がわからないもも 虹渡る泉に導くのじゃ!※温泉回だな$ピコック先生がヒントをくれ...

コメント

[C55]

確かにアイドルを勇者とするのは珍しいですね。
  • 2014-01-10 17:30
  • ハナ
  • URL
  • 編集

[C56]

>ハナさん
「アイドル=勇者」はあまり例がないと思います。
  • 2014-01-12 19:18
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・レインボーライブ第39話「湯けむり!虹色カッパ伝説」感想

今週のプリリズ名言39「真の勇者でなければ真のアイドルにはなれないんだ!」

■評価。
#01★★★★☆なる「ハピなる」
#02★★★★★あん「プリズムショーもあんにお任せ」
#03★★★★☆あん「うん、クールミントな味だね」
#04★★★★☆なる「とってもハッピーな気持で私たちのイースターな一日が終わりました。すてきなお店にきっとな~る」
#05★★★★☆なる「あなたの歌を聴いてるとプリズムの光が見えるんです!」なる「私、あなたの歌に元気をもらいました。だから自分の歌が人を不幸にするなんて言わないでください!」
#06★★★★☆いと「ぬるい曲じゃできない。熱いライブを……私がやる!」
#07★★★★☆あん「私、ここでみんなと働きたいんです。お願いします」
#08★★★★☆ヒロ様「情熱! 熱風! スターライトキッス グッドナイト」カヅキ「ブレイキングファイヤーストーム! バーニング!」
#09★★★★☆おとは「見事な四連続ジャンプを軽やかに跳んで正体は謎に包まれている……まるでおとぎの国から来た妖精さんみたい……メルヘン」
#10★★★★☆なる「私がまだ見たことない世界や経験してないことがいっぱいあると思う。私見てみたいんだいろんな世界を」
#11★★★★☆「採点結果を発表します。プリズムストーン涼野いとさん、2,680カラット。エーデルローズSチーム小鳥遊おとはさん、5,440カラット」
#12★★★★☆あんちゃん「悔しい、悔しいよ。私初めから三連続ジャンプなんてできないって決めつけてた。勝手に心の中に壁を作って……私は私に負けたんだ! もっと練習しておけばよかった。こんなに悔しい思いをするならもっと練習しておけばよかった」
#13★★★★☆聖「プリズムライブは虹のかけ橋……」
#14★★★★☆荊オーナー「あるところでは伝説のジャンプを伝え、またあるところでは究極のアクトを導きました。りんねはプリズムワールドからの使者」
#15★★★★☆いと「今ここでダンスを踊らなきゃおいしい紅茶になれないぞ」
#16★★★★☆カヅキ「心を解き放て! お前はフリーダムだ」
#17★★★★☆べる様「百点じゃない。完璧じゃないとダメなの」
#18★★★★☆ヒロ様「ごめんみんな! 絶対アイドル! 愛・N・G!」
#19★★★★☆鶴さん「いとの周りにはいとのことを心配してくれる人がたくさんいるのよ。だからいとも人との繋がりを怖がらないで。周りの人がいとを思ってくれるようにいとも周りの人たちのことを思ってください」
#20★★★★★カヅキ「プリズムショーはフリーダム。何やってもいいんだぞ」なる「私の歌はとってもハピなるな歌なのでぜひ皆さんも一緒に歌ってみてください!」
#21★★★★☆おとは「私は……エーデルローズの小鳥遊おとはです!」
#22★★★★☆あんちゃん「プリズムショーも楽しいよ! みんな応援してね」
#23★★★★☆わかな「ありがとう。あん。キミのおかげで私はプリズムショーに出会えた。このわくわく教えてくれた。でも仲間と一緒にいる楽しさを教えてくれたのは、べる、あんただよ」
#24★★★★☆べる様「私にはもうあなたたちと一緒にいる資格がない」
#25★★★★☆わかな「勝つとか負けるとか関係ない! ただ一緒にプリズムショーができたらそれだけでいいんだよ!」
#26★★★★☆べる様「夢幻プリズムフェニックス!」ハッピーレイン「暗い気持になる雨もみんながいればハッピーになる!」
#27★★★★☆ピコック「七つのきらめきが極限まで輝けば門は開くのじゃ」
#28★★★★☆ジュネ「私、天羽ジュネは次に披露するプリズムショーでプリズムライブと五連続ジャンプを跳びます」
#29★★★★☆べる様「私ならあなたの十倍の売り上げをあげてみせるわ」
#30★★★★☆りんねちゃん「心の糸は……結んでる……」
#31★★★★☆ヒロ様「見てくれる人に明日を生きる勇気を与えてくれる。俺はそんなプリズムスターになりたい」
#32★★★★★ジュネ「プリズムショーは心のきらめき。プリズムジャンプは心の飛躍」
#33★★★★☆カヅキ「俺は出会いを大切にしたいからもし仲間と別れなきゃいけなくなっても俺と出会ってくれてありがとう。次の新しい出会いにバンザイ! って祝って送り出してやりたいんだ」
#34★★★★☆なるちゃん「私プリズムショーでもっともっとみんなをハッピーにしたい。そうすればきっともっと私のハートもハピなるだと思うの」
#35★★★★☆カヅキ「あん。頼む。あいつの……わかなの力になってやってくれ」
#36★★★★☆わかな「転校続きだったから学校での写真も撮ってない。撮ったって私のことなんてみんな忘れちゃうし。思い出は心の中だけで十分ニャ」
#37★★★★☆奈津子「正直に言うわ。あなたたちが付き合うことをお母さんは認めない! あなたたち二人を見るたびにあのときの辛い思いがよみがえるから……きっと、彼女のご両親も同じよ!」
#38★★★★☆べる様「私の夢……。私もあなたみたいに素直な心でプリズムショーを楽しみたいと思ったの」なるちゃん「今の私の夢はもっともっとプリズムショーを頑張ってべるさんみたいになることです!」ヒロ様「一分だけ……こうさせてくれ」
#39★★★★☆コウジ君「違う。僕たちの家族の時間は六年前のあの事故から止まったままなんだ。もしここで逃げたら僕たちの時間は永遠に前へ進まない。逃げちゃいけないんだ!」

第39話「湯けむり!虹色カッパ伝説」
監督:菱田正和
脚本:井内秀治
絵コンテ:日歩冠星
ストーリーボード:Choi Hun Cheol
演出:大野和寿
演出協力:佐々木純人
アニメーション演出:Na Ki Chual
作画監督:Cha Sang Hoon、Kim Hyun Ok
作画監修:戸田さやか、森友宏樹
放送日:2013年12月28日

■感想。
温泉回。
今回は複数の人間(マスコットも含む)関係が同時に描かれていて井内脚本らしかった。
今回の人間関係で大事そうな組み合わせを並べてみる。

モモオーナー――ピコック先生
モモオーナー――Cooさん
ヒロ様――カヅキ先輩
ヒロ様――コウジ君
ヒロ様――べる様
なるちゃん――りんねちゃん
わかな――カヅキ先輩――あんちゃん
コウジ君――いと――おとは
なるちゃん――べる様
ジュネ――りんねちゃん

これだけの関係が一話の中に入ってる。

モモオーナーの夢にピコック先生の絵が現れる。
ピコック先生「このアカポンタン! なぜりんねをプリズムワールドへ帰さんのじゃ!」
ピコック先生「七つのきらめきを極限まで輝かせるのじゃ!」
金盥がモモオーナーに落ちる。プリティーリズムと言えば金盥コント。もうお約束。

「創界岳」の名前を見て魔神英雄伝ワタルの「創界山」を思い出した。

Cooさん「調べてみたら虹渡温泉というところを見つけたよ。そこで今年一年のお疲れさま会とウィンターホワイトセッションに向けた合宿を兼ねて温泉旅行を企画したわけね」
なるちゃん「そうだ! コウジ君とカヅキさんも誘いませんか?」
べる様「いいんじゃないかしら。歌やダンスについてのアドバイスも聞いてみたいし」

結局「ウィンターホワイトセッションに向けた合宿」って練習らしいことは何もしなかったなぁ。

7人とモモオーナーとCooさんはプリズムトレーラーで移動。
モモオーナー「Coo、私の体持ってきたモモ?」
Cooさん「後ろの荷台に積んであるよ」

モモオーナー「五つ星の旅館を予約したモモ」
最高級な旅館ではなくてボロボロの「五ツ星旅館」。ベッタベタなオチ。

カヅキ先輩とコウジ君(と田中さん)は電車を使って到着。

いととコウジ君が気まずい。

旅館のお婆さん「ああ、ありますですよ、はい。七色のカッパの言い伝えが」
旅館のお婆さん「はい。満月の夜、露天風呂で七色のカッパが笛や太鼓で歌い踊るといういい伝えです。はい」

Cooさん「お ふ ろ !」
女子組はカッパの石像を映して声だけが聞こえる。

男子組は大サービス。カヅキ先輩とコウジ君の裸に腰にタオルを巻いたヒロ様が登場!
ヒロ様の「グッドイブニング!」に爆笑。

Cooさんとモモオーナーは一緒に入浴。隣に田中さん。

男子組が露天風呂で熱い展開。
男の裸はオッケーなんだ。
ヒロ様の挑発でヒロ様、カヅキ先輩、コウジ君のユニットの可能性が出てきた。
重要なこと言ってるんだけどぁ。ギャグにしか見えない。
ヒロ様あの廃人状態からどうやって復活したのだろう?
「コウジ、俺たちが目指すのは勝者じゃない。勇者だろ?」が復活した理由?

ヒロ様に声をかけるべる様。
お風呂上がりで髪がとげとげしていないべる様。羽織り浴衣が色っぽい。

ヒロ様がべる様に「法月主宰が何かたくらんでいる」、と。
ヒロ様いい人だなぁ。

宴会が始る。
モモオーナーの体分割乾杯がグロい(笑)

わかなが髪を下ろしてる!
青いお刺身は食べたくない……

あんちゃんも髪下ろしてる!
あんちゃん「わぁミステリアスな味でおいしい!」
刺身、色だけじゃ無くて味も変なんだ……

いとがうかない顔。おとはが「ラベンダーのハーブティー」を持ってくる。いいパートナーだね。

りんねちゃんがなるちゃんに「茶碗蒸し」をあげる。

旅館のゆるキャラカッパッピーのショー。中身は旅館のお婆さん……
カッパッピーがガチャピンのパチもんに見える。
カッパッピーの意味不明なダンス。
Cooさん「あのおばあちゃん、すごいステップだよ」
カッパッピーにべる様だけ大喜び。

なるちゃんが「えっ!?」と引いている。
べる様がカッパッピーに抱きつく。もうお笑い要員だ(笑)

りんねちゃんがみんなを見て満足そうに「ハピなる!」
まさかりんねちゃんがこの後いなくなるとは思わなかった。

わかなが射的の廃屋前でカヅキ先輩に言われたことを思い出す。そこにあんちゃん。
わかな「カヅキ先輩と付き合ってもいいのかな?」
あんちゃんが驚く。

わかな「私、カヅキ先輩のこと……。好きなんだ」
わかな「ウィンターホワイトセッションが終わったらカヅキ先輩に告るつもり」
あんちゃんはどうする?

おとはがいとに「カモミール」をいれたあと、わざとらしく出て行く。おとはの顔! コウジ君が来る。
いと「あれからお母さんは?」
コウジ君「何も話してない。お父さんとは何か話した?」
いと「うん……私のこととても心配してくれてる。私たちはもう会っちゃいけないんだ。みんなが傷つくだけだから。私たちが付き合っても誰も幸せにならない」
コウジ君「違う。僕たちの家族の時間は六年前のあの事故から止まったままなんだ。もしここで逃げたら僕たちの時間は永遠に前へ進まない。逃げちゃいけないんだ!」
いと「少し……時間をちょうだい」
コウジ君「わかった。きっと……乗り越えられる」
コウジ君といと、二人の家族の関係はどうなるんだろう?

べる様となるちゃんの入浴シーン。

ジュネのパートナーをテレビで発表。
ジュネ「それではウィンターホワイトセッションにおける私(わたくし)のパートナーを発表いたします。パートナーはこの方です。荊りんねさんです」

りんねちゃんワープしたの!? 

なるちゃん「りんねちゃんがジュネさんのパートナー!?」

りんねちゃんのプリズムショー。
モモオーナー「認めない。そんなの絶対認めないモモ! 一生墓場から戻ってこられないモモ!」

カヅキ「コウジ、ヒロの言ってたことどう思う? 確かに俺は逃げてきたのかもしれない」
二人も表舞台に立つのか。

りんねちゃん「プリズムラーイブ!」

「スタースプラッシュ!」
「二連続、スターダストシャワー!」
「三連続、ゴールデンスターマジック!」
「四連続、はばたきレインボーテール!」
フェザーが進化。
「五連続! キラメキフューチャースター!」

なるちゃんのナレーション「りんねちゃんがジュネさんのパートナーに選ばれてしまいました。そしてりんねちゃんはその日以来私の家に帰ってくることはありませんでした。あのときのりんねちゃんの瞳は何かとっても悲しい色に見えた気がします」

■まとめの感想
旅館のお婆さん役がオーロラドリーム、ディアマイフューチャーの「高性能弟」こと春音いつき役のくまいもとこさんだった。

りんねちゃんが自分からジュネのところに行ってしまった。強制連行されるとOPから予想してたから驚いた。

りんねちゃんの五連続ジャンプについて。
「スタースプラッシュ!」
最初は自分の属性のジャンプ。
「二連続、スターダストシャワー!」
二連続目はオーロラドリームの天宮りずむの得意技。
「三連続、ゴールデンスターマジック!」
三連続目はオーロラドリームの高峰みおんの得意技。
「四連続、はばたきレインボーテール!」
四連続目はりんねちゃんの決め技。
フェザーが進化して、
「五連続! キラメキフューチャースター!」
五連続目はディアマイフューチャーの主人公上葉みあの決め技。

第一期「オーロラドリーム」、第二期「ディアマイフューチャー」を見ていたファンは感動する。

ヒロ様とカヅキ先輩(とコウジ君)の対話について。
ヒロ様がカヅキ先輩とコウジ君を中途半端と断言。
ヒロ様「俺はそんな小さなことを言ってるんじゃない。与えられた才能をより多くの人のために使わないことが罪だと言ってるんだ!」
ヒロ様「罪」とか言い方が大げさ。

カヅキ先輩がヒロ様を「ただのチャラ男(お)アイドル」と呼ぶ。
ヒロ様の反論「アイドルを甘くみるなよ! 仁科カヅキ!」
ヒロ様「何万という大観衆の期待に応えようという勇気だ。生半可な気持じゃ一瞬でプレッシャーに押しつぶされちまう」
ヒロ様「真の勇者でなければ真のアイドルにはなれないんだ!」
ヒロ様がコウジ君に向かって「コウジ、俺たちが目指すのは勝者じゃない。勇者だろ?」

ヒロ様のくせに今回のセリフはおかしくてかっこいい。

レインボーライブって、

アイドル(=プリズムスター)=勇者

という定義だったんだ。

アイドルを勇者とみなすなんて聞いたことが無い。
「魔神英雄伝ワタル」の監督だった井内さんがシリーズ構成だから主人公の定義としてはわかる。

でも、例えばアイカツ!、ラブライブ!、アイドルマスターの主人公たちは勇者だと言われたらかなり違和感がある。

もともと、プリティーリズムは「アイドル物」じゃなくて「エンターテイメント」だから当然か。

男子ユニットのプリズムショーを見て、プリズムキングカップ フライ スカイハイセッションを争った三人の内の誰か(本命聖、対抗冷、大穴仁)が、
「私たちも争うだけじゃなくてこうして手を取って一緒に高めあっていくことが出来たかしら。そなた…」(阿世知今日子)
みたいなこと言うのかなと思ったり。

挿入歌
「ハート♥イロ♥トリドリーム」
作詞:三重野 瞳
作曲・編曲:山原一浩
歌:彩瀬なる(CV.加藤英美里)

「gift」
作詞:三重野 瞳
作曲・編曲:斉藤恒芳
歌:りんね(CV.佐倉綾音)

旅館のお婆さん(CV.くまいもとこ)

■次回予告。第40話「W告白?好きです先輩!」
次回、あんとわかなでW告白!? 選ばれるのはどっち?
ウィンターホワイト・セッション開幕。トップバッターはあんちゃんとわかなペア。わかなだけじゃなくてあんちゃんも告白するの?

■次回の放送は1月11日(土)です。

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
ピコック先生「七つのきらめきを極限まで輝かせるのじゃ!」

なるちゃん「うわ~べるちゃん、素敵な露天風呂ですよ!」
べる様「まぁほんとね!」
あんちゃん「一番のり!」
なるちゃん「あ~、ずる~い!」
おとは「きゃ~待ってください!」
わかな「熱いニャ!」
あんちゃん「へぇ、わかなは猫舌じゃなくて猫肌ね」
わかな「いとさん、バスタオルなんか巻かないで入ってください!」
いと「ちょ、ちょっとやめろって!」
りんねちゃん「裸のおつきあいよろこんで」

ヒロ様「恋のアドバイスなら俺がしてあげようか?」
ヒロ様「ふふふ……。お湯加減はいかがですか? コウジ! 仁科カヅキ君?」
ヒロ様「グッドイブニング!」

ヒロ様「近くでコンサートがあってね。彼女たち楽しそうだね。これからウィンターホワイトセッションで敵になるっていうのに」
カヅキ「あいつらは全力でぶつかり合おうと思うから笑顔でいられるんだ! 中途半端な気持でやってねえんだよ!」

カヅキ「なん……だと……!? 俺たちのどこが中途半端だっていうんだ!」
ヒロ様「彼女たちは大会を通してより多くの人たちにプリズムショーの楽しさを味わってもらおうと頑張っている」
ヒロ様「それに引き換えキミたちのやっていることは何だ? 仲間内で踊ることだけで満足しているか、公園でたった十人の客に歌を聴かせて自分に酔っているだけじゃないか」
カヅキ「なんだと!? 客が多けりゃ偉いっていうのか!」
ヒロ様「俺はそんな小さなことを言ってるんじゃない。与えられた才能をより多くの人のために使わないことが罪だと言ってるんだ!」
ヒロ様「お前らは歌と踊りという才能を与えられていながらその才能を自分のためにしか使っていない」
カヅキ「じゃあお前は何だ? キャーキャー騒がれてスター気取りになってる。ただのチャラ男(お)アイドルじゃねえか!」
ヒロ様「アイドルを甘くみるなよ! 仁科カヅキ!」
ヒロ様「お前にはあのステージに立つ勇気があるのか?」
ヒロ様「何万という大観衆の期待に応えようという勇気だ。生半可な気持じゃ一瞬でプレッシャーに押しつぶされちまう」
ヒロ様「真の勇者でなければ真のアイドルにはなれないんだ!」
ヒロ様「今のお前たちは自分の世界に閉じこもって自己満足のためだけに才能をムダづかいする臆病者だ!」
ヒロ様「コウジ、俺たちが目指すのは勝者じゃない。勇者だろ?」

ヒロ様「それじゃあ、グッナイ!」

りんねちゃん「スタースプラッシュ!」
りんねちゃん「二連続、スターダスタトシャワー!」
りんねちゃん「三連続、ゴールデンスターマジック!」
りんねちゃん「四連続、はばたきレインボーテール!」
りんねちゃん「五連続! あはは……。キラメキフューチャースター!」

なるちゃんのナレーション「りんねちゃんがジュネさんのパートナーに選ばれてしまいました。そしてりんねちゃんはその日以来、私の家に帰ってくることはありませんでした。あのときのりんねちゃんの瞳は何かとっても悲しい色に見えたような気がします」

↓ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/886-c699dbf2

トラックバック

[T90] ◎プリティーリズム・レインボーライブ#39...

$スイーツに囲まれて幸せもも アンポンタン、なぜプリズムワールドにかえさんのだ方法がわからないもも 虹渡る泉に導くのじゃ!※温泉回だな$ピコック先生がヒントをくれ...

コメント

[C55]

確かにアイドルを勇者とするのは珍しいですね。
  • 2014-01-10 17:30
  • ハナ
  • URL
  • 編集

[C56]

>ハナさん
「アイドル=勇者」はあまり例がないと思います。
  • 2014-01-12 19:18
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。