Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/884-a3b9ab47

トラックバック

[T88] ◎プリティーリズム・レインボーライブ#37...

|ディオ大会、ウインターホワイトセッションでベルローズとシャッフルユニットを組むことになり|お泊りすることになったのですがイト)嫌だアン)オトハの家でおとまりしてらっ...

コメント

[C51]

コウジといとがどうなるのかが気になります。
  • 2013-12-20 12:24
  • ハナ
  • URL
  • 編集

[C52]

>ハナさん
コウジといとの二人はどうなるのでしょうね。
  • 2013-12-22 08:32
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・レインボーライブ第37話「哀しみのラッキースター」感想

今週のプリリズ名言37「過ぎ去った時は変えられない。でも……人の心は変えられるよ」

■評価。
#01★★★★☆なる「ハピなる」
#02★★★★★あん「プリズムショーもあんにお任せ」
#03★★★★☆あん「うん、クールミントな味だね」
#04★★★★☆なる「とってもハッピーな気持で私たちのイースターな一日が終わりました。すてきなお店にきっとな~る」
#05★★★★☆なる「あなたの歌を聴いてるとプリズムの光が見えるんです!」なる「私、あなたの歌に元気をもらいました。だから自分の歌が人を不幸にするなんて言わないでください!」
#06★★★★☆いと「ぬるい曲じゃできない。熱いライブを……私がやる!」
#07★★★★☆あん「私、ここでみんなと働きたいんです。お願いします」
#08★★★★☆ヒロ様「情熱! 熱風! スターライトキッス グッドナイト」カヅキ「ブレイキングファイヤーストーム! バーニング!」
#09★★★★☆おとは「見事な四連続ジャンプを軽やかに跳んで正体は謎に包まれている……まるでおとぎの国から来た妖精さんみたい……メルヘン」
#10★★★★☆なる「私がまだ見たことない世界や経験してないことがいっぱいあると思う。私見てみたいんだいろんな世界を」
#11★★★★☆「採点結果を発表します。プリズムストーン涼野いとさん、2,680カラット。エーデルローズSチーム小鳥遊おとはさん、5,440カラット」
#12★★★★☆あんちゃん「悔しい、悔しいよ。私初めから三連続ジャンプなんてできないって決めつけてた。勝手に心の中に壁を作って……私は私に負けたんだ! もっと練習しておけばよかった。こんなに悔しい思いをするならもっと練習しておけばよかった」
#13★★★★☆聖「プリズムライブは虹のかけ橋……」
#14★★★★☆荊オーナー「あるところでは伝説のジャンプを伝え、またあるところでは究極のアクトを導きました。りんねはプリズムワールドからの使者」
#15★★★★☆いと「今ここでダンスを踊らなきゃおいしい紅茶になれないぞ」
#16★★★★☆カヅキ「心を解き放て! お前はフリーダムだ」
#17★★★★☆べる様「百点じゃない。完璧じゃないとダメなの」
#18★★★★☆ヒロ様「ごめんみんな! 絶対アイドル! 愛・N・G!」
#19★★★★☆鶴さん「いとの周りにはいとのことを心配してくれる人がたくさんいるのよ。だからいとも人との繋がりを怖がらないで。周りの人がいとを思ってくれるようにいとも周りの人たちのことを思ってください」
#20★★★★★カヅキ「プリズムショーはフリーダム。何やってもいいんだぞ」なる「私の歌はとってもハピなるな歌なのでぜひ皆さんも一緒に歌ってみてください!」
#21★★★★☆おとは「私は……エーデルローズの小鳥遊おとはです!」
#22★★★★☆あんちゃん「プリズムショーも楽しいよ! みんな応援してね」
#23★★★★☆わかな「ありがとう。あん。キミのおかげで私はプリズムショーに出会えた。このわくわく教えてくれた。でも仲間と一緒にいる楽しさを教えてくれたのは、べる、あんただよ」
#24★★★★☆べる様「私にはもうあなたたちと一緒にいる資格がない」
#25★★★★☆わかな「勝つとか負けるとか関係ない! ただ一緒にプリズムショーができたらそれだけでいいんだよ!」
#26★★★★☆べる様「夢幻プリズムフェニックス!」ハッピーレイン「暗い気持になる雨もみんながいればハッピーになる!」
#27★★★★☆ピコック「七つのきらめきが極限まで輝けば門は開くのじゃ」
#28★★★★☆ジュネ「私、天羽ジュネは次に披露するプリズムショーでプリズムライブと五連続ジャンプを跳びます」
#29★★★★☆べる様「私ならあなたの十倍の売り上げをあげてみせるわ」
#30★★★★☆りんねちゃん「心の糸は……結んでる……」
#31★★★★☆ヒロ様「見てくれる人に明日を生きる勇気を与えてくれる。俺はそんなプリズムスターになりたい」
#32★★★★★ジュネ「プリズムショーは心のきらめき。プリズムジャンプは心の飛躍」
#33★★★★☆カヅキ「俺は出会いを大切にしたいからもし仲間と別れなきゃいけなくなっても俺と出会ってくれてありがとう。次の新しい出会いにバンザイ! って祝って送り出してやりたいんだ」
#34★★★★☆なるちゃん「私プリズムショーでもっともっとみんなをハッピーにしたい。そうすればきっともっと私のハートもハピなるだと思うの」
#35★★★★☆カヅキ「あん。頼む。あいつの……わかなの力になってやってくれ」
#36★★★★☆わかな「転校続きだったから学校での写真も撮ってない。撮ったって私のことなんてみんな忘れちゃうし。思い出は心の中だけで十分ニャ」
#37★★★★☆奈津子「正直に言うわ。あなたたちが付き合うことをお母さんは認めない! あなたたち二人を見るたびにあのときの辛い思いがよみがえるから……きっと、彼女のご両親も同じよ!」

第37話「哀しみのラッキースター」
監督:菱田正和
脚本:井内秀治
絵コンテ:沖田宮奈
ストーリーボード:Song Geun Sik
演出:綿田慎也
アニメーション演出:Han Young Hoon
作画監督:Cha Sang Hoon、Kim Hyun Ok
作画監修:松浦麻衣、森友宏樹
放送日:2013年12月14日

■感想。
いととおとはのお泊まり会。
小鳥遊家。おとはと父親のそうしの親子メルヘン。いとに合わせた紅茶はプリンス・オブ・ウェールズ。妻のおとぎさんの服を用意して香水まで選ぶそうしパパが完璧な主夫だった。

涼野家。いとがシチューを作るのを見ておとは「意外と女の子らしくて驚きました」
ずっと引っ張ってきたラッキースターの因縁が明かされる。
コウジ君といとの破局の始まり。

弦「父親の……名前は?」
コウジ君「神浜丈幸(たけゆき)」
弦「お前……ジョーの……」
弦「用が済んだらあの男には帰ってもらえ。そしてもうこの家には呼ぶな」

奈津子「あなたのお父さんと彼女の父親は同じバンドで活動していたの」
コウジ君「いとちゃんのお父さんと?」
奈津子「ラッキースターというバンドよ。曲の完成度、ライブパフォーマンスの完璧さ、どれをとってもナンバーワンのバンドだった。でも人気絶頂時に突然の解散。数年後、再結成の話が持ち上がった。その矢先にお父さんは事故に遭ったの」

奈津子「お父さんは助手席に乗っていた。その時車を運転していたのが彼女の父親よ」
奈津子「いとさんの父親のせいであなたのお父さんは死んだの!」

奈津子「あの事故ではみんなが辛い思いをした。私も、彼女のご両親も、彼女も、あなたも……正直に言うわ。あなたたちが付き合うことをお母さんは認めない! あなたたち二人を見るたびにあのときの辛い思いがよみがえるから……きっと、彼女のご両親も同じよ!」
コウジ君といとの二分割画面がインパクトある。

いと&おとはのデュオお披露目ショー。
いとは王子様、おとははお姫様のコーデ。
コウジ君を見ていとが挫けそうになるとおとはがサポートする。いいデュオじゃないか。

いとおとでおとはがリードするなんて予想できなかった。
いと&おとはがプリズムデュオジャンプ「二人のロマンティックショー」を決める。

いとがコウジ君に別れを切り出した。

また夜道で街灯の下のシーンだ。第16話「わかな、はっぴーフリーダム!にゃ」でもあった。
りんねちゃんと会った、いとが号泣。
コウジ君も泣いている。
コウいと破局?

■まとめの感想
コウジ君の父親はラッキースターのメンバー「神浜丈幸(たけゆき)」(ジョー)だった。弦の交通事故で亡くなったのもやはり、神浜丈幸。

ひっかかったのは「人気絶頂時に突然の解散。数年後、再結成の話が持ち上がった。その矢先にお父さんは事故に遭った」のセリフで、ラッキースター突然の解散の理由がまだ明かされてない。なんで解散、数年後再結成なんて設定にしたんだろう?

第3話「クロスがいと?COOL & HOT」を見直したら、確かに弦が事故で左手の自由を失ってギターを弾かなくなったとは言ってるけど、その時にバンドを解散したとは言ってなかった。わかりづらい。
 
弦の「なっちゃん……」のセリフから弦と奈津子さんは親しかったらしい。

第32話「愛に羽ばたく女神(ジュネ)」で奈津子さんは鶴さんの織ったと思われる布(ハンカチ?)を持っていた。本当に辛いのならそんなものを今だに持っているはずがない。まだ隠されている何かがある。

弦と奈津子さんの前でいとかコウジ君がプリズムショーすれば親たちのわだかまりを溶かせるのだろうか?
コウジ君がプリズムショーをするならプリズムジャンプは「無限ハグ」だろうねぇ。

りんねちゃんの「過ぎ去った時は変えられない。でも……人の心は変えられるよ」からは希望が感じられるけどどうなるんだろう?

今回もなるちゃんが関わらなさすぎ。

挿入歌
「ALIVE」
作詞:三重野 瞳
作曲・編曲:山原一浩
歌:涼野いと&小鳥遊おとは
  (CV.小松未可子・後藤沙緒里)

■アバン
掲示板
[イベント予定]

○ウィンターホワイトセッション出場決定!
 ・なる&べる
 ・あん&わかな
 ・いと&おとは

あん&わかなDUOおひろめショー
(不明)!
いと&おとはのショー!!

[TO DO LIST]

○各自、店内クリスマスの飾り付けのアイディア出し
 ←今週中!!
 クリスマススイーツも
 考える!!

■ショー直前
掲示板
[イベント予定]

○ウィンターホワイトセッション出場決定!
 ・なる&べる
 ・あん&わかな
 ・いと&おとは

いと&おとはDUOおひろめショー
本日17:00より
プリズムストーンショップステージにて!!

[TO DO LIST]

○各自、店内クリスマスの飾り付けのアイディア出し
 ←今週中!!
 クリスマススイーツも
 考える!!
 あん

■次回予告。第38話「聖夜にハッピーベルがなる」
次回、なる・べるのお泊まり会! こんなにちがうの!? 二人の家庭
なるちゃんとべる様のお泊まり会。べる様の父親は普通の人みたい。べる様はあひるコーデを着るのか?(笑)

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
なるちゃんのナレーション「デュオ大会。ウィンターホワイトセッションでベルローズの皆さんとシャッフルユニットを組むことになった私たちハッピーレインはパートナーのことをもっとよく知るためにお互いの家にお泊まりすることになったのですが……」
いと「嫌だ。絶対行かない!」
なるちゃん、あんちゃん「ダメ!」
いと「お泊まりしなくても相手を知る方法はいくらだってあるだろ?」
なるちゃん「お泊まりしたほうがよくわかるよね、あんちゃん?」
あんちゃん「うん! みんなで決めたんだから文句言わないでおとはの家でお泊まりしてらっしゃい」
りんねちゃん「約束は大事……」

タイトル「悲しみのラッキースター」

そうし「ようこそ我が家へ!」
おとは「お待ちしておりました。父のそうしです」
いと「す、涼野いとです……」
そうし「ちょうどアフタヌーンティーを始めようとしてたんです」
そうし、おとは「さぁどうぞ!」
そうし「今日の紅茶はプリンス・オブ・ウェールズ。おとはからあなたの話を聞いてメルヘンにチョイスしてみたんだ」
いと「メルヘンに?」
おとは「いとさんの王子様のイメージにぴったり!」
いと「あぁ……」
おとは「いとさん、お砂糖は?」
いと「いい。甘いのは好きじゃないんだ」
そうし「正解! このプリンス・オブ・ウェールズは別名紅茶のコニャックと言われていて、その味と香りを楽しむにはストレートで飲むのが一番なんだよ」
いと「あぁ……」
おとぎ「あぁそれから原稿は明日の昼までにチェックしとくわ、よろしく」
おとは「おかえりなさい、ママ、いとさんです」
いと「はじめまして。ようこそ母のおとぎです。シャワーを浴びたらすぐに出かけなきゃ」
そうし「出版記念パーティーだったね。ベージュのカクテルドレスを出しておいたよ」
おとぎ「ありがとう」
そうし「香水はオリエンタルスイーツがいいね」
おとぎ「そうするわ。ごゆっくり」
いと「どうも」
そうし「何の話をしていたっけ?」
おとは「プリンス・オブ・ウェールズ」
そうし「そうそう! この紅茶独特の香りがあるだろ?」
そうし「蘭の花の香りなんだ。一口含めばその高貴な香りが体全体を包み、蘭の花の妖精に抱かれる心地になる。う~ん……」
そうし、おとは「メルヘン!」
いと「ぅぅ……」

なるちゃん「おとはちゃんのお家ってどんな感じだったの?」
いと「メルヘン……」
あんちゃん「ご両親はどんな人?」
いと「メルヘン……」
なるちゃん「おとはちゃんのお部屋ってやっぱり……」
いと「メルヘン!」
りんねちゃん「メルヒェン来た……」
なるちゃん、あんちゃん「え?」
おとは「こんにちは」
なるちゃん「いらっしゃい! 今日はおとはちゃんがいとちゃんちにお泊まりだね」
おとは「はい」
いと「来なくていいって言ったのに」
あんちゃん「なに言ってんの! お店はなると私で大丈夫だからおとはと一緒に帰りなさい」いと「うちはパパと二人暮らしだからおとはの家のようなもてなしはできないぞ!」
おとは「お気遣いなく」
いと「掃除もしてないからな!」
おとは「かまいません」

いと「ここ」
おとは「ラッキースター…… メルヘン」
いと「パパ。おとは。今夜家に泊まるから」
おとは「はじめまして小鳥遊おとはと申します。本日は突然お邪魔いたしまして……」
弦「うるさいぞ」
おとは「はわわ……」
いと「うちはライブハウスだから音がうるさいぞって言ってるの」
おとは「あぁ大丈夫です」
おとは「お上手なんですね」
いと「いつもやってるから」
おとは「いとさん、意外と女の子らしくて驚きました」
いと「あ、意外?」
おとは「あぁ、ごめんなさい」
おとは「おいしぞう! お父さまは?」
いと「ライブハウスがあるから夕食はいつも私一人なんだ」
おとは「そうなんですか」
いと「食べよう」
おとは「いただきます。おいしい!」
いと「そう?」
おとは「サラダもおいしい」
いと「コウジだ」
おとは「ん?」
いと「コウジがこの近くのビルの屋上でギターを弾いてるんだ」
おとは「いとさんのために?」
いと「まさか」
おとは「だったらコウジさんもお呼びしませんか?」
いと「ええっ?」
コウジ君「シチュー? うん好きだけど」
いと「おとはがどうしても呼べって言うから……」
コウジ君「わかった。お邪魔するよ」
いと「来るって」
おとは「あぁよかった!」
コウジ君「ラッキースター」

コウジ君「このギターについている星のマーク僕が使ってる父さんのギターと同じだよね?」
幸星楽器店店主「ラッキースターというバンドのシンボルマークだ」

コウジ君「お互いをもっとよく知るために一緒に生活してみるわけ?」
おとは「はい!」
いと「一晩泊まったくらいじゃわからないよ」
おとは「わかります! いとさんはお料理が得意って初めて知りました」
コウジ君「このシチューも?」
いと「うん……」
コウジ君「おいしいよ、とっても」
おとは「いとさん、お料理上手なお嫁さんになれますね」
いと「おい!」
おとは「あ、ごめんなさい」
コウジ君「そうだ、二人のデュオ曲出来たよ」
いと「ほんと?」
おとは「聴かせてください!」
コウジ君「作詞は二人でやったほうがいいと思う」
弦「いと、何か軽く食べられる……」
いと「あっ、パパ。友達のコウジ」
コウジ君「はじめまして。神浜コウジです」
弦「神浜……あっ、そのギターは?」
コウジ君「えっ? 父が昔使っていたギターです」
弦「父親の……名前は?」
コウジ君「神浜丈幸(たけゆき)」
弦「お前……ジョーの……」
いと「パパ?」
弦「あっ」
いと「あっ、パパ」
いと「どうしたの? パパ」
弦「用が済んだらあの男には帰ってもらえ。そしてもうこの家には呼ぶな」
いと「パパ」
いと「コウジ!」
コウジ君「帰るよ。デュオ曲のデモを置いていくから後で聴いて。ごちそうさま!」

コウジ君「僕だけど……いとちゃんの家でごちそうになるから夕食はいらない」
奈津子「あなた。私はどうすれば……」

Bパート
なるちゃん「コウジ君の作ったデュオ曲。素敵」
おとは「はい!」
あんちゃん「歌詞はどうするの?」
いと「おとはと私で考えることにした」
なるちゃん「頑張って! おとはちゃん」
おとは「はい!」
いと「コウジからだ。もしもし」
コウジ君「昨日はありがとう。曲聴いてくれた?」
いと「うん、よかったよ。おとはも気に入ったって。ただ一つだけ……Bメロをもっと弾ませた感じにしたいんだけど」
コウジ君「そう。それじゃあ、今日の夕方、屋上で打ち合わせしようか」
いと「わかった。それじゃあ四時に」
いと「今日、コウジと曲の打ち合わせをするからおとはも来て」
おとは「はい」

コウジ君「いとちゃん、Bメロだけど……あ、母さん……」
奈津子「あなたのお父さんと彼女の父親は同じバンドで活動していたの」
コウジ君「いとちゃんのお父さんと?」
奈津子「ラッキースターというバンドよ。曲の完成度、ライブパフォーマンスの完璧さ、どれをとってもナンバーワンのバンドだった。でも人気絶頂時に突然の解散。数年後、再結成の話が持ち上がった。その矢先にお父さんは事故に遭ったの」
いと「事故?」
奈津子「お父さんは助手席に乗っていた。その時車を運転していたのが彼女の父親よ」
コウジ君「えっ!?」
いと「はっ」
奈津子「いとさんの父親のせいであなたのお父さんは死んだの!」
いと「なっ」

鶴さん「いとにはあいまいにしか話してなかったけど本当はパパが運転していて起こした事故なの。その事故で一人の方が亡くなったの」

いと「その人がコウジのお父さん……」
奈津子「あの事故ではみんなが辛い思いをした。私も、彼女のご両親も、彼女も、あなたも……正直に言うわ。あなたたちが付き合うことをお母さんは認めない! あなたたち二人を見るたびにあのときの辛い思いがよみがえるから……きっと、彼女のご両親も同じよ!」
おとは「いとさん!」
コウジ君「いとちゃん!」
奈津子「コウジ!」

弦「いと……まさか!?」
コウジ君「いとちゃん!」
奈津子「あっ……」
弦「なっちゃん……」
奈津子「コウジ、お母さんと一緒に帰って」
弦「帰ってくれ。帰れと言ってるんだ!!」
コウジ君「くっ……」

いと「さっき聞いたことは誰にも話さないって約束して」
おとは「はい……」
いと「それから……悪いけど今日は帰って」
おとは「帰りません! いとさんは私の大切なパートナーです。一人にはできません。ありました。カモミールです。このお茶を飲むと気分が少し落ち着くんです。すぐにいれてきますね」
おとは「ごめんなさい、いとさん……こんなことしかできなくて」
弦「いとは?」
おとは「今はそっとしておいたほうが……」
弦「聞いたのか? 彼の母親から……」
弦「事故のこと」
おとは「はい」
コウジ君「いとちゃん……」

いと「ん……」
いと「おとは……」

モモオーナー「モモ、モモ……」
なるちゃん「今日はいよいよいとちゃんとおとはちゃんのデュオショーのお披露目だね」
あんちゃん「あの二人なら問題ないっしょ」
モモオーナー「そうだといいけど何か起こるのがあんたたちモモ」
わかな「ちわ~っす!」
なるちゃん「いらっしゃいませ……、あ!」
わかな「おとはといとのショー見に来たニャ」
べる様「二人は?」
あんちゃん「スタッフルームで準備してる」
べる様「それじゃ、ちょっと会ってくるわ」
あんちゃん「あぁ、おとはがショーの前は二人だけにしてほしいって……」
べる様「おとが?」
いと「ここにたどり着くまでの時間は巻き戻りはしない。失敗はしても後悔の歌は奏でない」いと「いい詩だよ」
おとは「ありがとうございます!」
いと「時間だ、行こう」
おとは「はい!」

Cooさん「今日はいととおとはの初ライブだ! プリンス&プリンセスの『ALIVE』レッツプリズムショー!」

奈津子「あなたたちがつきあうことをお母さんは認めない!」
いと、おとは「ハッ!」
いと「おとは!」
おとは「いとさん!」
いと、おとは「シャルウィーダンス!」
いと、おとは「二人のロマンティックショー!」
いと「ありがとう」

いと「私たち……もう会わないほうがいいよ」
コウジ君「いとちゃん」

いと「りんね。なに……」
りんねちゃん「過ぎ去った時は変えられない。でも……人の心は変えられるよ」
いと「うわ~っ!」

↓ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/884-a3b9ab47

トラックバック

[T88] ◎プリティーリズム・レインボーライブ#37...

|ディオ大会、ウインターホワイトセッションでベルローズとシャッフルユニットを組むことになり|お泊りすることになったのですがイト)嫌だアン)オトハの家でおとまりしてらっ...

コメント

[C51]

コウジといとがどうなるのかが気になります。
  • 2013-12-20 12:24
  • ハナ
  • URL
  • 編集

[C52]

>ハナさん
コウジといとの二人はどうなるのでしょうね。
  • 2013-12-22 08:32
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。