Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/874-d99dc372

トラックバック

[T81] ◎プリティーリズム・レインボーライブ#27...

|アヤセナル、中学2年生、プリズムストーンで店長をやっています|3人でショーを披露しています|リンネちゃん、プリズムワールドからやってきたんです※歌がクレイジク...

コメント

[C31]

総集編かと思ったら伏線が出てきて驚きました。

[C32]

>ハナさん
伏線たくさん出てきましたね。
  • 2013-10-13 01:33
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・レインボーライブ第27話「ピコック先生 怒る!」感想

今週のプリリズ名言27「これはマイナス査定ね!本部に報告させていただきます!」

■評価。
#01★★★★☆なる「ハピなる」
#02★★★★★あん「プリズムショーもあんにお任せ」
#03★★★★☆あん「うん、クールミントな味だね」
#04★★★★☆なる「とってもハッピーな気持で私たちのイースターな一日が終わりました。すてきなお店にきっとな~る」
#05★★★★☆なる「あなたの歌を聴いてるとプリズムの光が見えるんです!」なる「私、あなたの歌に元気をもらいました。だから自分の歌が人を不幸にするなんて言わないでください!」
#06★★★★☆いと「ぬるい曲じゃできない。熱いライブを……私がやる!」
#07★★★★☆あん「私、ここでみんなと働きたいんです。お願いします」
#08★★★★☆ヒロ様「情熱! 熱風! スターライトキッス グッドナイト」カヅキ「ブレイキングファイヤーストーム! バーニング!」
#09★★★★☆おとは「見事な四連続ジャンプを軽やかに跳んで正体は謎に包まれている……まるでおとぎの国から来た妖精さんみたい……メルヘン」
#10★★★★☆なる「私がまだ見たことない世界や経験してないことがいっぱいあると思う。私見てみたいんだいろんな世界を」
#11★★★★☆「採点結果を発表します。プリズムストーン涼野いとさん、2,680カラット。エーデルローズSチーム小鳥遊おとはさん、5,440カラット」
#12★★★★☆あんちゃん「悔しい、悔しいよ。私初めから三連続ジャンプなんてできないって決めつけてた。勝手に心の中に壁を作って……私は私に負けたんだ! もっと練習しておけばよかった。こんなに悔しい思いをするならもっと練習しておけばよかった」
#13★★★★☆聖「プリズムライブは虹のかけ橋……」
#14★★★★☆荊オーナー「あるところでは伝説のジャンプを伝え、またあるところでは究極のアクトを導きました。りんねはプリズムワールドからの使者」
#15★★★★☆いと「今ここでダンスを踊らなきゃおいしい紅茶になれないぞ」
#16★★★★☆カヅキ「心を解き放て! お前はフリーダムだ」
#17★★★★☆べる様「百点じゃない。完璧じゃないとダメなの」
#18★★★★☆ヒロ様「ごめんみんな! 絶対アイドル! 愛・N・G!」
#19★★★★☆鶴さん「いとの周りにはいとのことを心配してくれる人がたくさんいるのよ。だからいとも人との繋がりを怖がらないで。周りの人がいとを思ってくれるようにいとも周りの人たちのことを思ってください」
#20★★★★★カヅキ「プリズムショーはフリーダム。何やってもいいんだぞ」なる「私の歌はとってもハピなるな歌なのでぜひ皆さんも一緒に歌ってみてください!」
#21★★★★☆おとは「私は……エーデルローズの小鳥遊おとはです!」
#22★★★★☆あんちゃん「プリズムショーも楽しいよ! みんな応援してね」
#23★★★★☆わかな「ありがとう。あん。キミのおかげで私はプリズムショーに出会えた。このわくわく教えてくれた。でも仲間と一緒にいる楽しさを教えてくれたのは、べる、あんただよ」
#24★★★★☆べる様「私にはもうあなたたちと一緒にいる資格がない」
#25★★★★☆わかな「勝つとか負けるとか関係ない! ただ一緒にプリズムショーができたらそれだけでいいんだよ!」
#26★★★★☆べる様「夢幻プリズムフェニックス!」ハッピーレイン「暗い気持になる雨もみんながいればハッピーになる!」
#27★★★★☆ピコック「七つのきらめきが極限まで輝けば門は開くのじゃ」

第27話「ピコック先生 怒る!」
監督:菱田正和
脚本:井内秀治
絵コンテ:野木森達哉、日歩冠星
ストーリーボード:Choi Hun Cheol
演出:野木森達哉
アニメーション演出:Ahn Jai Ho
作画監督:Cha Sang Hoon、Kim Hyun Ok
作画監修:斉藤里枝、森友宏樹
放送日:2013年10月5日

■感想。
これまでのおさらいと新キャラ登場回。

第3OP
髪を下ろしたわかながかわいい。
一人で照れるべる様もかわいい。
カヅキ先輩とあんちゃんの後ろを歩いてるわかなが切ない。
ベッドでなるちゃんの隣にりんねちゃんがいない。
なるちゃんのアヒルコーデインパクトある。あとギターにプリズムブレスがついてる。
べる様となるちゃんのに白鳥の羽がついてる。
スーパーりんねちゃん(仮)は本当に出てくるのか?
りんねちゃんがいなくなりそう。

モモオーナーが言っていた上司はめが姉ぇだった。めが姉ぇ偉かったんだ。
めが姉ぇ、グラフのページ見ながらハッピーレインのコーデ褒めてる(笑)

セブンスコーデのことを忘れたモモオーナーをめが姉ぇが怒った。
めが姉ぇ「これはマイナス査定ね! 本部に報告させていただきます!」
本部はプリズムワールドのどこかにあるんだろうか?

プリズムストーンの四人とエーデルローズの三人が秋服に変わってる。ファッションが売りのアニメだからなぁ。アニメっぽくない服でかわいい。

いとがコウジ君とのことでみんなにからかわれたとき、後ろのなるちゃんの表情が絶妙。

べる様はリズムライブと四連続ジャンプを跳べたので律お母さんと和解。律さんの性格は全く変わってないけどね。

新キャラエーデルローズ主宰、法月仁登場。
仁「ところで恋は素敵だよね。でも絶対アイドル愛……NG。気をつけなさい。恋愛は全てを狂わせますよ」

仁「昔バカな子がいましてね。非常に有望なプリズムスターだったのですがケガでプリズムショーができなくなったどうしようもない男に心を奪われまして……その後どうしたと思います? その男にそそのかされてエーデルローズを辞め今は大会もろくに出ずディアクラウンの宣伝ばかりしています。悲しいことです。プリズムショーが泣いています」

聖とジュネのことを言っているのは確かだけど、以前聖が言っていたジュネが大会に出なくなった理由と違ってる。どちらが本当のことなんだろう?

切ったバラが地面に落ちてる。法月仁は危ない人なのか?

ジュネのかぐや姫の話。りんねちゃんのことかな? 天羽だから自分のこと?

モモオーナーの夢の中にピコック先生登場。
タライが落ちてきた。これがプリティーリズムだ(笑)
ピコック「お前はマスコットの墓場行きじゃ!」

プリズムワールドでペアともが噂話をしてる。ペアともしゃべれたんだ。
セシニ「アイドルなんてみんなあんなもんセシ」
あんなもん……
りんねちゃんの後ろで寝ているペアともたち。プリズムワールドは夢と繋がっている?

モモオーナーにタライが落ちる。
ピコック「りんねがこの世界に落ちてしまったのは何かとんでもないことが起こっているからなのじゃ。このままでは非常に危険なのじゃ。モモ一刻も早くプリズムのきらめきを取り戻しりんねをプリズムワールドに返すのじゃ」
ピコック「七つのきらめきじゃ! 七つのきらめきが極限まで輝けば門は開くのじゃ」
ピコック「それができなければお前は永久に墓場行きじゃ!」

モモオーナー「あの……セブンスコーデっていったい何モモ?」
セブンスコーデって本当に何なんだ?

あんちゃん「またお店のスイーツつまみ食いしましたね!」
あんちゃん「お仕置きだべ~!」
あんちゃんがタライでモモオーナーを叩いた。
モモオーナー「そんなバナナ!」
でた! そんなバナナ。

わかな「何の声?」
いと「あぁ、いや気のせいじゃ?」
おとは「カッパさんじゃないですか?」
なるちゃん「あぁ、ううん。何でもないから」
DJ.COO「クール!」
DJ.COOオチ。

ギャグ回なのに伏線出しまくりの回だった。これだからプリティーリズムは気が抜けない。

第3ED
みんなかわいい。

法月仁(CV.三木眞一郎)

オープニングテーマ
「CRAZY GONNA CRAZY」
作詞・作曲 TETSUYA KOMURO
編曲  michitomo
歌 Prizmmy☆

エンディングテーマ
「I Wannabee myself!! ~自分らしくいたい!」
作詞:池畑伸人
作曲・編曲:長岡成貢
歌:ハッピーレイン♪
(CV.加藤英美里・小松未可子・芹澤 優)

■次回予告。第28話「ジュネ様と一緒にプリズムトーク!」
次回、ハッピーレインがディアクラウンのステージに!? そして、”天羽ジュネ”とトークショー!
ジュネ様の髪型の秘密がわかる?

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
めが姉ぇ「特にこのハッピーレインのコーデデザイン。爽やかなセーラースタイルにパステルカラーとリボンのアレンジがとっても素敵! なるちゃんのかわいさと引き立たせるフラワーアレンジのスカート。元気で行動的なあんちゃんにお似合いのショートパンツスタイル。ボトムスのチェーンベルトは甘めなスタイルにクールなアクセントを添えていていとちゃんらしいわね。それぞれの個性に合わせたアレンジにはデザイナーからの愛情をとっても感じるわ」
めが姉ぇ「将来の夢は伝説のデザイナーってところかな?」
モモオーナー「伝説のセブンスコーデなんかには絶対負けないモモ!」
モモオーナー「ところでセブンスコーデっていったい何モモ?」
めが姉ぇ「あなた、そんな大事なことも忘れたの?」
めが姉ぇ「これはマイナス査定ね! 本部に報告させていただきます!」

べる様「え? はは……本当にあなたたちはおかしな人たちね。いいえ……おかしいのはエーデルローズなのかしら」

仁「美しい。デビュー曲の『プライド』今週もチャート一位だそうじゃないか。メジャーデビューの成果も上々のようだね」
仁「更にプロモーションに力を入れるように伝えておくよ。今は売れているものが更に売れる時代だ」
仁「あぁそれから次のシングルはもっと有名な作家さんにお願いするよ。不服なのか?」
ヒロ様「べるは先の大会でプリズムライブを跳び四連続ジャンプを成功させました」
仁「ほう四連続を。しかしプリズムライブね……私はそのときの流行りになびくのは嫌いです」
仁「エーデルローズは常に最高のテクニック、完璧なエンターテインメント、最高のステージを追求していく集団であり続けたいものです」
仁「ところで恋は素敵だよね。でも絶対アイドル愛……NG。気をつけなさい。恋愛は全てを狂わせますよ」
仁「昔バカな子がいましてね。非常に有望なプリズムスターだったのですがケガでプリズムショーができなくなったどうしようもない男に心を奪われまして……その後どうしたと思います? その男にそそのかされてエーデルローズを辞め今は大会もろくに出ずディアクラウンの宣伝ばかりしています。悲しいことです。プリズムショーが泣いています」

聖「ジュネ、プリズムショー界は今変革の時を迎えている。プリズムショーは本来見ている人たちを楽しませるエンターテイメントだった。そのためにプリズムスターたちは自らの技を高めようと切磋琢磨した。それが今は得点を取れる技にこだわり皆同じような演技になり、本来楽しませるはずの観客のほうを向いていない。プリズムショーも私たちも原点に返りもっと観客の視点に立ち戻るべきだ。僕に協力してくれ、ジュネ」
ジュネ「もちろん喜んで」
ジュネ「かぐや姫は知ってる?」
聖「かぐや姫? あの『竹取物語』のかぐや姫のことかい?」
ジュネ「えぇ、かぐや姫は月に帰るとき天の羽衣を着た途端、それまでとてもかわいがってくれたおじいさんとおばあさんのことを忘れ去ってしまうの」
聖「ほう、そんな話だったかな?」
ジュネ「だからかぐや姫は少しも悲しまずに月へ帰っていくの」

ジュネ「あなたは誰?」
りんねちゃん「スター……」
ジュネ「ごめんなさい。今あなたとは何もお話したくないの」

ピコック「このアカポンタン!」
ピコック「お前はマスコットの墓場行きじゃ!」
モモオーナー「そ、そうモモ! 私のお店から有望なプリズムスターが次々に育ってるモモ。この前のトリオ大会トライグルーヴィン・セッションではなるたちハッピーレインがあのエーデルローズのベルローズを破って優勝したモモ! しかもそのときの衣装は私がデザインしたモモ」
モモオーナー「まただ!」
モモオーナー「それだけじゃないモモ。ベルローズの三人だって私が育てたようなものモモ。小鳥遊おとはは引っ込み思案で自分の考えをちゃんと表に出せない子だったモモ。そんな彼女がプリズムライブをできるようになったのはうちの店のいとが頑張ったからモモ。森園わかながいつか別れがくることを恐れて他人と深く付き合うことができない子だったモモ。そんな彼女がプリズムライブをできるようになったのはうちの店のあんが頑張ったからモモ。蓮城寺べるは常にトップにいなければ自分のことを愛せない子だったモモ。そんな彼女がプリズムライブをできるようになったのは……た、たぶんなるが頑張ったからモモ」
モモオーナー「モガッ!」
ピコック「頑張ったのは、なる、あん、いと! お前は何もやっとらんのじゃ」
ピコック「りんねがプリズムワールドの使者だというトップシークレットまでバラしおって。お前はやっぱり墓場送りじゃ!」

セシニ「歌。ダンス。プリズムジャンプ。そしてスマイル。全てが最高のアイドルセシ! 今、人気、実力ともにナンバーワンのトップアイドルセシ。」
エスニ「でも性格に少し難ありエス」
セシニ「アイドルなんてみんなあんなもんセシ」
ポップン「うちのあんはカヅキ推しポプ」
ポップン「それもあるけど仲間たちの信頼もあって面倒見もいいしなによりも熱いプリズムショーが魅力的だからポプ」
エスニ「ストリート系っていうのも悪くないエスニ」
クルン「いとは……」
ポップン「言わなくてもわかるポプ。神浜コウジポプ! 見た目はちょっと暗いけど心の中に秘めた熱い思いはいとに似てるポプ」
フェミニ「どんなジャンルの歌も作れるなんて本当に天才フェミ」
セシニ「あの性格からは考えられないセシ」
セシニ「コウジも意外とやるセシ」
ラブリン「実はあのとき……」
セシニ「今の話はここだけの話セシ」

モモオーナー「モモ……これは夢モモ?」
ピコック「そんなわけないのじゃ!」
ピコック「いいか? モモお前に大事なことを頼むのじゃ」
ピコック「りんねがこの世界に落ちてしまったのは何かとんでもないことが起こっているからなのじゃ。このままでは非常に危険なのじゃ。モモ一刻も早くプリズムのきらめきを取り戻しりんねをプリズムワールドに返すのじゃ」
モモオーナー「どうやれば返せるモモ?」
ピコック「七つのきらめきじゃ! 七つのきらめきが極限まで輝けば門は開くのじゃ」
ピコック「それができなければお前は永久に墓場行きじゃ!」
ピコック「それじゃ、さらばじゃ」
モモオーナー「あの……セブンスコーデっていったい何モモ?」
ピコック「そんな大事なことを忘れる奴はお仕置きなのじゃ!」
モモオーナー「ガガーン!」
モモオーナー「モ、モモ、今度こそ夢モモ……」
あんちゃん「オーナー!」
モモオーナー「モモ?」
あんちゃん「またお店のスイーツつまみ食いしましたね!」
あんちゃん「何、訳のわかんないこと言ってるんですか?」
あんちゃん「お仕置きだべ~!」
モモオーナー「そんなバナナ!」
わかな「何の声?」
いと「あぁ、いや気のせいじゃ?」
おとは「カッパさんじゃないですか?」
なるちゃん「あぁ、ううん。何でもないから」
DJ.COO「クール!」

↓ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/874-d99dc372

トラックバック

[T81] ◎プリティーリズム・レインボーライブ#27...

|アヤセナル、中学2年生、プリズムストーンで店長をやっています|3人でショーを披露しています|リンネちゃん、プリズムワールドからやってきたんです※歌がクレイジク...

コメント

[C31]

総集編かと思ったら伏線が出てきて驚きました。

[C32]

>ハナさん
伏線たくさん出てきましたね。
  • 2013-10-13 01:33
  • プリティーリズム1ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。