Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/837-d062018f

トラックバック

[T54] ◎プリティーリズム・ディアマイフューチャ...

_ヘイン:・・・|ミア:情熱のシンフォニアー!!->ユンス:ヘイン_どうして私だけ普通のシンフォニアドレスのままなの、劣ってるのΠロ)アセチ:悩んでるのね。それよりグレートフ...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・ディアマイフューチャー第45話感想「星空のプレリュード」

♯45★★★★☆ヘイン「見える、見えるよ。私のハートにたくさんの星が光ってる。みんなと流した汗と涙の輝きが。つらかったとき嬉しかったとき一つ一つの輝きが私の星になる」

■評価。
♯01★★☆☆☆みあ「気合と度胸とラブそれにほんの少しのラッキーで気度愛LUCK(きどあいらっく)。この4つが心にあればあたしはいつだって無敵なんだ」
♯02★★★☆☆みあ「ドッカーン」「煌きフューチャースター」
♯03★★★★★純さん「タイムハズカム」「プリズムの輝きは私とともに」
♯04★★★☆☆シウン「だって私の未来は私のためにあるの。そして私の未来はみんなの未来に繋がってる」
♯05★★★☆☆JUNさん「それはK・O・I、恋!」
♯06★★★★☆素あやみ「黒猫ー!もしかして最近ついてないのは黒猫のせい」Prizmmy☆「にゃんにゃーん」
♯07★★★☆☆ヘイン「思った通りそれぞれの特化している分と総合的な実力。Prizmmy☆はその絶妙なバランスで成り立っていたのね」みあ「Prizmmy☆にリーダーはいらないってこと」
♯08★★★☆☆みあ「無駄なことのほうが面白いって知らないの?もしかしたらさ無駄だと思ってた中にハートの革命のヒントがあるかもよ」純さん「伝説のプリズムショー、グレートフルシンフォニア」
♯09★★★★☆みあ「器の小さい男だな、もう」みあ「あいらはあんたのことが好き。あんたもあいらが好き。気度愛LUCK。気合と度胸とLOVEがあればLUCKは生まれるんだ!」みあ「ああ」
♯10★★★☆☆ヘイン「あいらさんに勝って私たちさよならだね」みあ「わかったんだ。プリティートップでみんなと一緒にショーをすることが楽しいんだって」みあ「クワガタ」
♯11★★★★☆りずむ「プリズムアクト、オーロラメモリアル」
♯12★★★☆☆みあ「どこかで仲間が挫けずに頑張ってたらあたしたちだって負けてられない」プリズミー「プリズムアクト、ミラクルアイドルウェイクアップ」
♯13★★★☆☆ヘイン「私達の昨日が今日が未来へ連れて行ってくれる」PURETTY「プリズムアクト、ナイトフラワーフィーバー」
♯14★★★★☆ショウさん「俺達地球に生まれてよかった」ヘイン「そう、でも考える必要なんてないんだよ。だって何でもありなんだもん」
♯15★★★☆☆れいな「薔薇の王子様~」みあ「いつき、プリズムジャンプは心の飛躍。プリズムアクトはハートの革命」
♯16★★★★☆みおん「みおんスイッチオン! プリプリプリティーマジカルチェンージ。マジカルみおんオンステージ、スタート」マジカルみおん「ナイスマジカル!」
♯17★★★☆☆シウン「みんな辛いことも苦しいことも乗り越えてきっとこの五人でデビューしよう。私たちはパパやママより長い時間一緒に頑張ってきた仲間、『チョルチン』だよ」シウン「チョルチナンチング、親や兄弟のように強い絆を持った親友の中の親友のこと」
♯18★★★☆☆ユンス「コーデの力は僕達を未来という新しい世界に連れて行ってくれる。でもそれだけじゃない。過去という思い出の扉も開いてくれるんだ」
♯19★★★☆☆ペンギン先生「そうよ、ペアチアが出てはいけないなんて国分寺のエライ人は言ってなかったわ」
♯20★★★☆☆ショウさん「Prizmmy☆のパフュームを匂い立たせるのはみあの情熱」
♯21★★★★☆ヘイン「みあ知ってる?努力って誰にでもできるんだよ」みあ「未来を描けるのは自分だけなんだよ。だからそんなしょーもないこと言ってないで壁があるならぶち破りなよ」
♯22★★★☆☆みあ「ハートシャッフル?」ソミン「恋してるということを表現するヨンファ語なのです」
♯23★★★☆☆プリズムエース「人は役者、世界は舞台。心を研ぎ澄まし虚ろなる言の葉を自ら纏い真実の言霊へと変える」チェギョン「ハートに嘘はつけない。ここがチェギョンのセレブリティな気分にさせてくれる場所」
♯24★★★☆☆みあ「ミミー、プリズムチェンジよ!」みあ「スターダストシャワー!」
♯25★★★★☆ケイコーチ「グレイトフルシンフォニアは選ばれたプリズムスターが辿り着ける究極のプリズムアクト。まだ誰も見たことのないプリズムアクトの世界がある。でもそれは辿り着いてはいけない世界でもある」
♯26★★★★☆欽太郎「ピュアホワイトウェディングはオーロラの精エイダ。ロマンティックナイトウェディングは夜の精キーラをイメージしている」ケイ「オーロラライジング!」ケイコーチ「純、今日子のことを守ってあげて。あの子のことを守れるのはあなただけよ」
♯27★★★★☆れいな「なんか私羨ましいです。そんなに誰かを好きになれるなんて」ゆきえさん「何を言っているのです。私はあなたと一緒になってから今日まで一秒だって後悔したことなどありません」
♯28★★★★☆りずむ「自分にも周りのみんなにも正直でいたい。一つの隠し事もない本当のピュアなハートでウェディングドレスを着たいんです。もうこれ以上嘘をついて生きるのは嫌なんです」ヒビキ「俺とりずむは一年半前に結婚しました」
♯29★★★★☆ショウさん「恋はあこがれのままが恋は夢のままが一番純粋で美しい」あいら「無限ハグエターナル」
♯30★★★☆☆プリズムエース「愛は常にコンテンポラリー」ラブミックス「愛まみれ!」
♯31★★★★☆みあ「夢美ちゃん、本当の夢があるんだよね?だったらそっちから目をそらしちゃダメだよ」COSMOS「フレーフレー頑張れ!」
♯32★★★★☆ヒロミ「プリズムショーは観てる人をハピラキにするんです。そのためにはショーをやるみなさんがハピラキじゃなきゃね」ヘイン《見える!シンフォニアの世界が!》
♯33★★★★☆ジェウン「空気パクパクすれば何でもわかるんだよ」Sprouts「恋のオムレツ焼きあげましょう!」
♯34★★★☆☆プリズムエース「上手になりたい。向上心を持つことは結構だがもしそこに焦りや不安があるのだとしたら立ち止まるべきだ」みあ「先生がくれた、あの言葉…それが!みあにたくさんの気合と度胸とラブ…。それにほんの少しのラッキーをくれたんだよ。ありがとう先生!」
♯35★★★★☆ショウさん「うぉ~っ!」ソミン「謝らないでください。あなたからもらったときめきは私の一生の宝物です。あなたを好きになってよかった」
♯36★★★★☆ボンビー「お前こそいったいどこの何者なんだ!?」かなめ「あやみちゃん、今度一緒にアニメ見ようね」SERENON with K「プリズムアクト、スーパーヒロインタイム!」
♯37★★★★☆みあ「どっか~ん!キラメキフューチャースターエヴォリーション4!」ショウさん「なん……だと!?」ケイコーチ「ああ……なんて邪悪な! ああ……春音あいらの魂は悪魔に吸い取られる! もはやこの世には……」
♯38★★★★☆欽太郎「小さいなぁ。お前たちはそんな小さな枠の中でしか見せてこなかったのか。ならば私が見せてやろう。でっかい夢をな」あいら「そんな服じゃ何も聞こえないよ。私のハートは動かない」
♯39★★★★☆あいら「でも本当の正義に乱暴な力などいらない。あなたたちが正しいと誰が決めたの?」あいら「その服じゃ、ここには入れないよ」セレナ「ツッコミ待ちっていううちらの見解はちょっとちゃうかったみたいやな」
♯40★★★★☆ミョンジャさん「その日の喜びとこれからの夢を欽太郎は夜が明けるまで私に語ってくれた。あのときの欽太郎の瞳の輝きは今でも覚えてるわ。どこまでも澄んだ瞳だった」欽太郎「デザイン画はデザイナーの心を移す鏡だ。これを見れば何が足りなくて何が余計なのか見えてくるんだ」
♯41★★★★☆JUNさん「たとえあなたがすべてを失ったとしても俺があなたを守り続けますから。絶対に……約束しますから」ショウさん「しっかりしろ! お前のあいらに対する気持ちはそんなものか?」
♯42★★★★☆あいら「あの子たちの強い思い……そしてショウさんとユンスさんのデザインがあなたを超えました!」ケイコーチ「あなたは負けたのよ!」
♯43★★★★☆欽太郎「そうだ。プリズムショーの世界は全部インチキなんだよ!」みあ「プリズムショーをしてるとすっごく楽しくて心がワクワクしてその気持ちは嘘じゃない。私たちが跳んだジャンプもアクトも絶対に絶対に嘘じゃない。」
♯44★★★★☆みあ「思い出したよ、あたしあのドキドキを超えたい。もっとすごいドキドキをみんなに感じてもらいたい。それが私の情熱なんだ」みあ「あいらさんがここまで連れてきてくれた。だから、だから……ありがとうございます」
♯45★★★★☆ショウさん「デザインは争いに使うものではないのにな」ヘイン「私に足りないのは練習よ! 人が十努力するなら私は百努力する! 人が百努力するなら千! ううんもっと!もっと……」ヘイン「見える、見えるよ。私のハートにたくさんの星が光ってる。みんなと流した汗と涙の輝きが。つらかったとき嬉しかったとき一つ一つの輝きが私の星になる」

第45話「星空のプレリュード」
脚本:福田裕子
絵コンテ:ワタナベシンイチ
ストーリーボード:Choi Hun Cheol
演出:小林浩輔
アニメーション演出:Jeon Byung Cheok
作画監督:Cha Sang Hoon、Shin Sung Min
作画監修:戸田さやか
監督補:小林浩輔
放送日:2013年2月16日

■まとめの感想。
グレイトフルシンフォニアの結末はショウさんとユンスが作ることになった。大丈夫か(笑)
この二人ほんとに仲良くなったよなぁ。

阿世知社長「なっ、なんでもないわ……///」
JUNさんとのフラグ立った!

ショウさん「デザインは争いに使うものではないのにな」
やっとそこまでの境地に到達したか。
あいらが隠れて二人を見てるのが面白い。どう思ってるのやら(笑)

ヘインは努力の人だなぁ。
♯21「羽ばたきの心、シンフォニアの目覚め」で 、みあが「ヘインのいいとこ。いつも優しい。優し過ぎるくらい優しくて自分のことよりいつも人のこと優先しちゃう。努力家で毎日毎日頑張って誰より夢を叶えることに真剣。で真面目だから考え過ぎちゃう。落ち込みやすい」言ってたけど、考えすぎて落ち込みやすいのは変わってない。

せれのんは先輩してるねぇ。

かなめのプリズムジャンプ「レインボーライジング」は先輩のせれのんの「プリズムレインボーハリケーンマキシマム」
をコピーして(受け継いで)、オーロラライジングを進化させた技なのかなぁと思ったり。
オーロラライジングドリームとは別のかなめ独自の進化技が見れたのは嬉しい。
ここにも先輩と後輩の「継承」と「先輩越え」の構造が見えると勝手に思った。

ヘインの心の声「見える、見えるよ。私のハートにたくさんの星が光ってる。みんなと流した汗と涙の輝きが。つらかったとき嬉しかったとき一つ一つの輝きが私の星になる」
ヘインは自分の心の中に、みんなとの思い出の一つ一つが、星になっていることに気がついて覚醒した。
だから「星」じゃなくて「星空」のシンフォニアドレスなんだ。

JUNさん「一番でいることに迷いのないみあと迷い続けながら誰よりも努力してきたヘイン。果たして二人のどちらにシンフォニアの女神が微笑むのか」
みあが努力してないという人もいるけれど#34「踊れダンスティーチャー」で小さい頃のみあは頑張り屋という話があったから描かれてないだけでみあは人一倍練習してるじゃないかと勝手に思ってる。

■次回予告。♯46「センター争奪! ライバルは友達?」
次回、シンフォニアセレクション決勝!! みあとヘイン、センターはどちらに?
みあとヘインどっちがセンターになるのかなぁ。
主人公補正が入ればみあだけど、そう言い切れるのか?

ケイコーチが出てた。JUNさんの出生の秘密がわかるかも。

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
ショウさん「デザインは争いに使うものではないのにな」

ヘイン「私に足りないのは練習よ! 人が十努力するなら私は百努力する! 人が百努力するなら千! ううんもっと!もっと……」
ヘイン「星空ってどういうこと? なにも見えない……」
ヘイン「見える、見えるよ。私のハートにたくさんの星が光ってる。みんなと流した汗と涙の輝きが。つらかったとき嬉しかったとき一つ一つの輝きが私の星になる」

JUNさん「エクセレント」
JUNさん「一番でいることに迷いのないみあと迷い続けながら誰よりも努力してきたヘイン。果たして二人のどちらにシンフォニアの女神が微笑むのか」
JUNさん「輝けトゥインクルスター」


■菱田監督のツイートを引用。
これで説明はほとんどついてる。
あと、アニメ監督が自分のアニメを実況するのはすごく珍しいことです。

2013/02/15
最近、ネタバレしやすいので、なかなかディアマイフューチャーについて語れませんが、本日放送の話は個人的に好きです。ちょっとオーロラドリームっぽいノリになってしまったかもしれません。作風から言ったらイレギュラーですがが、どうかお楽しみに! #prettyrhythm

2013/02/16
かませとか言うな! #prettyrhythm

俺はセレのんwithKが勝つ方にに3000点! #prettyrhythm

レインボー祭りやで! #prettyrhythm

負けた…。 #prettyrhythm

同じルールで前回は個人戦、今週は団体戦。ルールの解釈によって全く違う勝負になるというのは非常に面白い着想だなと思いました。皆さんがおっしゃる通り、今週の勝者は伊藤かな恵さんでしたね…。 #prettyrhythm

セレのんはオンエア上、負け続けていますが、サマークイーンカップではあいら・みおん組、りずむ・かなめ組を押しのけての五連覇中です。史上最強デュオであることは間違いない。しかし、これがクローズアップされない辺りが芸人らしいというか、オイしいところなのです。 #prettyrhythm

ソミンというキャラクターはこの一年でものすごく成長してますよね。最初はなかなか取っ付きにくいところがありましたけど、今ではピュリティの精神的な柱になりました。涙の数だけ強くなれるよ!という歌の通りたくましくなりましたね。 #prettyrhythm

前にもツイートしたかもしれませんが、ゲームにおいてプラチナスパイラルというジャンプはオーロラライジング・ファイナルに匹敵するほど難易度の高いジャンプになっております。これを使いこなすヘインはまさに「努力の女王」なのです。 #prettyrhythm

本日の放送でソミンがヘインにとても厳しいことを言いましたが、その後すかさず「嫌なこと言わせちゃったね」とフォローしたシユンはさすが年長者というところを見せてくれました。さりげない台詞からピュリティの素晴らしいチームワークを端的に表現していたと思います。 #prettyrhythm

もちろん、チェギョンやジェウンもソミンの気持ちに気がついていましたよね。二人とも破天荒なところを持っていますが、実は周りを思いやれる優しい心の持ち主なのです。 #prettyrhythm

今日のお話は、21話のサマーフェス3rd Stageから続いている話になってます。あの時はヘインについていくことすら出来なかった4人が、しっかりとついていった上にアシストまで完璧にこなしました。ピュリティというユニットの完成形とも言えます。 #prettyrhythm

昨年末からなかなかゆっくりと作品についてツイートする暇がありませんでしたがようやく一段落。とはいっても全く時間に余裕はありませんが…。ディアマイフューチャーのコンテは一月頭には終わりましたが、引き続きレインボーライブの作業が山のようにあります。#prettyrhythm

先週のMARs vs Prizmmy。MARsは3年前と同じジャンプを繰り出しました。MARsのそれぞれのジャンプについて僕は個人的にですがほぼ同じ点数 だと思っています。差を付けても僅差でしょう。しかしここにみあが勝つチャンスが眠っていました。#prettyrhythm

ユニットではなく個人への投票。当然MARsへの投票は割れてしまいます。その一方で、Prizmmyはみあが他の3人に比べて抜きん出たパフォーマンスを発揮してしまいました。勝ち抜くにはより多くのファンコールが必要でしたから、みあにとってはこれは有利でした。 #prettyrhythm

もちろんみあがMARsより劣っていたとは言いません。シンフォニアの力を借りたプリズムアクトは圧倒的でした。プリズムアクトがプリズムジャンプを上回る…、旧作ファンにとっては何とも辛い話かもしれませんが、時代は常に新しいものを求めてしまうものです。 #prettyrhythm

ここ2週に渡ってお送りした先代ヒロイン越えのお話、なかなか興味深かったと思いません?2年に渡ってやってきた話だからこそ出来た貴重なお話でした。ここから先は若い世代のストーリー。グレイトフルシンフォニアについては全く予想出来ない展開になると思います。 #prettyrhythm

最近、すっかりショウとユンスが仲良くなりましたが、こういう話、でこさんは好きみたいです。みなさんも楽しんでいられるようで良かった。 海岸でつつき合いをするのは、初稿ではワカメをお互いの頭に絡ませ合うという他に類を見ない展開でした。玄人受けすぎて…。 #prettyrhythm

まあでも同じ人を好きになる訳ですから、ショウとユンスは気が合わない訳ないんですよね。昔そんな歌がドリカムのアルバムにあったような。デザインを戦いの道具に使ってはいけない、プリティーリズムらしいいい台詞だったと思いました。 #prettyrhythm

大事なこと言い忘れてた!先週のみおん様のジャンプ時の台詞、あれは安定のアドリブです。さらに、りずむのジャンプ時の台詞、これも片岡さんの考えてくれたものでした。みおん様は自分だけじゃなく人の台詞まで考えてくれてます!!!すごいよ片岡さん! #prettyrhythm

先代越えをするのが遅いという意見もあるでしょう。45話ですからあと6本しかありません。しかし、頂点まで上り詰めた3人に追いつくにはやはりそのくらいかかっちゃいますよね。これでも早いと思う方も多いくらいですから。しかし本当の意味で追い越すのはまだまだ先? #prettyrhythm

プリズムショーという競技はやはり心の煌めきが大切なんですよね。そう考えるとやはり年齢的に(正確には精神的に)若い方が有利に働きます。そう考えると富樫かりなは20代後半まで第一線で活躍した訳ですから、それはすごいことだと思います。みおんも負けないと思うが #prettyrhythm

プリズムジャンプは恋をする気持ちや楽しい事にときめく気持ちに似ている。プリズムジャンプは運動神経と関係ない。この設定は未来永劫変わりません。つまり選手としてのキャリアはあまり意味をなさないのです。 #prettyrhythm

とまあ、みなさんにツイートしているようで、実際にはスタッフにお知らせしている意味もあったりするんですよね、実際には。 #prettyrhythm

応援というパワーを込めてポチッとお願いします!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

■今週の展開、感想。
運河。
ヘインが立っている。
回想。
みあ「いっくよ~! プリズムアクト、情熱のシンフォニア! シンフォニア……」

ユンス「ヘイン」
ヘイン「どうして……。どうして私だけ普通のシンフォニアドレスのままなの? 私はみあやみんなより劣っているの?」
ユンス「そんなことはない。君だって……」
ヘイン「じゃあなんで……。いったい何が足りないっていうの!?」

タイトル「星空のプレリュード」
阿世知社長「そう……。ヘインは悩んでいるのね」
ユンス「でも僕たちにはどうすることもできません。もし何か足りないものがあるとするならそれはヘインが自分で見つけるしか……」
阿世知社長「そうね、グレイトフルシンフォニアの上演が差し迫ってる今甘いことは言ってられないわね。それよりあなたたちにはグレイトフルシンフォニアのエンディングにふさわしいものをデザインしてほしいの」
ショウさん「それは……」
阿世知社長「これは阿世知欽太郎の残したアイディアメモよ。でもこれには結末の部分が抜けているの」
ユンス「いったい何をデザインすれば……」

JUNさん「それはデザイナーである君たち二人で考えるんだ」
ユンス「わかりました」
ショウさん「やってみます」
ショウさんとユンスが頷き合う。

ショウさん「行くぞ!」
ユンス「はい!」
ドアの開く音。
走る必要がどこにある(笑)

阿世知社長赤ん坊の純さんの写真を思い出す。
JUNさん「どうかしましたか?」
阿世知社長「なっ、なんでもないわ……///」
フラグ立った!

運河。
ユンス「ふふ……」
ショウさん「何がおかしい?」
ユンス「あいらさんが帰ってきてそれなのにまだあなたとこうして肩を並べて……。なんとも不思議だと思ったんです」
ショウさん「グレイトフルシンフォニアの幕が開くまで一時休戦といったところだな」
ユンス「はい。僕たちはあいらさんにいろいろなものを背負わせてしまった。それ故にあいらさんを苦しめた」
ショウさん「デザインは争いに使うものではないのにな」

ユンス「もうあんな思いはしたくありません」
ショウさん「ああ、そうだな。少しでもあいらたちプリズムスターが背負っているものを軽くすることができるように」
あいらがそっと壁越しに二人を見ている。
ユンス「思いを最後のシンフォニアに込めましょう」

練習用リンク。
ヘインもう練習中。
ヘイン「あっ……。ああ!」
ソミン「ヘイン! 何をしているのですか!? こんな無茶な練習をして怪我をしたら……」
ヘイン「離して!」
ソミンを突き飛ばす。
シウン達「あっ……」
ヘイン「私に足りないのは練習よ! 人が十努力するなら私は百努力する! 人が百努力するなら千! ううんもっと!もっと……」

四人何も言えなくなる。
ヘイン胸に手を当てて「私……私はシンフォニアの女神に愛されていないのかも」
ソミン「いいかげんにするのです。ヘイン! いっつもそう! ヘインはいつだって勝手にうじうじ悩んで迷ってばかりです!」
ヘイン「ソミンにはわからないわよ! 一人だけシンフォニアドレスがチェンジしない……。それがどれだけみじめなことか!」
ソミン「チェンジしていないのはドレスじゃない! ヘインです」
ソミンがヘインを指さす。
ヘイン「えっ!?」

ソミン「そんなうじうじヘインなら明日はステージに立たないでください」
ヘイン「えっ!?」
ヘイン逃げ出した。
シウン「ごめんね、ソミン。嫌なこと言わせちゃったよね」
ソミン「ヘインは今、迷子なのです。迷子になったときの悲しさはよ~く知っています。だからつらいのです」

リンクの外。
せれなとかのんが見ている。
セレナ「こらあかんわ」
かなめが楽しそうに滑っている。
かのん「勝負はもう決まったようなもんやね」
セレナ「うちら三人の中から一番を決めてもええんやけど」
かのん「それじゃつまらんし、お客さんも盛り上がらへんわ」
かなめ「ヘインちゃん、どうして怒ってるのかな? かなめはすっごく楽しみなのに!」

セレナ「そうや!」
拳を握って手のひらをポンと叩く。
かのん「なんなん? いったい」
せれなが口を手で覆ってかのんに小声で話す。
セレナ「グレイトフルシンフォニアのセンターなんかうちらの柄に合うか?」
かのん「まぁ、少なくともセレナちゃんは激安ショッピングセンターのほうがお似合いやね」
セレナ「そうそう。こう見えても結構、買い物上手ってそんな安うないわ!」
セレナが両手でつっこむ。

セレナが頭に左手を当てる。
ピンクのチアブレスをしている!
セレナ「はぁ、MARsが負けてもうたからいまいちテンションも上がらんし」
かのんが頬杖をつく。
かのん「この流れでうちらがセンターっていうのも空気読めてないし」
かなめ滑っている。
「あははは」
「あははは」
かなめ、ZONE出てる。

セレナ「やっぱり大舞台のセンター張るんはああいう奴が一番ちゃうん?」
かのん「せやね。たまにとんでもないことをやらかしてくれはるし。ってことは?」
セレナ「うん」
せれのん「うちらは全力でかなめをサポートする!」
かなめ「ほえ、なんか言った?」
セレナ「なんでもあらへん」
かのん「かなめはそのままでいいんどすえ」

かなめバンザイして「ほ~い」
かのん「うちらのプリズムショー見たら」
セレナ「PURETTYの連中も考え直すことになるやろ」

ヘイン、シウン、チェギョン、ジェウンが心配そうな顔をしてる。

夜の運河。
ヘインが左手で星空のシンフォニアドレスのストーンを見ている。
ヘイン「ソミンの言うとおり、私っていつもいつも悩んで立ち止まってばかり。こんなもの!」
ストーンを投げ捨てようとするができない。
ヘイン、夜空を見上げる。
ヘイン「星空ってどういうこと? なにも見えない……」

リンクの通路側の窓。
ソミンが窓の外を見ている。後ろにシウン、ジェウン、チェギョン。
ソミンの心の声。
「ヘイン、ヘインが輝いてくれないと私たちまで迷ってしまうのです」
Aパート終わり。

アイキャッチ。幼いヘイン。

プリティーリズムシーズン13(ディアマイフュチャー・選抜!プリズムストーン編)CM。
伝説のウェディング復活とか。それでMARsはウェディングコーデだったのか、販促が理由だったんだ。
「フュチャー」って何?テロップミス?

Bパート。
通天閣?
みあ「「さんはい」
Prizmmy☆「シンフォニアセレクションファイナルセカンドステージ in 大阪」
Prizmmy☆がベタな漫才衣装着てる(笑)
みあ「どうも、司会の……」
Prizmmy☆「Prizmmyです!」
ペアチャムたち「ちゃむちゃむ~」

れいな「いや~、お客さんいっぱいで嬉しいどすな」
みあ「どすどすどすこ~い」
かりん「どすって大阪弁?」
観客が全員糸目。頭に青線入ってる。滑りまくり。

みあ「えっ、違うの?」
あやみ「ダメです」
みあどすどす張り手の真似を続ける。
あやみ「お客さんの温度、一気に氷点下まで下がりました」
みあ「がっが~ん! バナナを釘が打てるくらい寒くなった」
みあがバナナで釘を打つ。

れいな「みあ、もうやめて。傷が浅いうちにやめよう。ねっねっ?」
会場が吹雪いている。
かりん「寒いといえば。いえば、雪! そう、雪」
あやみ「ゆ……。雪といえば大気中の水蒸気が低温度のなかで凝固して氷の結晶になったもので……」
Prizmmy☆「あっ」
会場が凍っている。
あやみ「また冷えてますお客さん」
ペアチャムたち「ちゃむ~」

客席の後ろ。
阿世知社長「誰? Prizmmyに司会やらせたの」
JUNさん「あの子たちがぜひやりたいと、ミステイク」
Prizmmy☆「私たちが司会なんてやっぱり無理!」

セレナ「しゃあない」
かのん「うちらが」
せれのん「一気に会場を熱うしたるわ」
SERENON with K「どうも~、はっ!」
上から飛び降りる。
SERENON with K「せれのんwithかなめで~す」
(歓声)

セレナ「ここはうちらの地元。前フリなんか不要や」
Prizmmy☆「失礼しました~!」
はける。

セレナ「よっしゃ! いっちょ、やったるか!」
かのん「はいな」
セレナ「かなめ」
かなめ「ほい?」
セレナ「今日は思う存分、好きにやらせたるで」
かなめ「やった~!」
セレナ「PURETTYに見せつけたる!」

SERENON with Kのプリズムショー。
かなめ「フレッシュバナナバスケット~! バナナを食べて……元気百倍!」
かなめがプリズムジャンプ、フレッシュバナナバスケットを跳ぶ。
セレナ「サザンストーム!」
かのん「ノーザンストーム!!」
せれのん「七つの嵐! 虹の力! 闇の力をなぎ払え! プリズムレインボーハリケーンマキシマム!!」

かなめコピー目になる。
セレナ「いっけ~かなめ!」
かのん「いってらっしゃ~い!」
かなめ七色のオーラに輝く。
かなめ「レインボーライジング!!」
虹が地球中に広がっていく。
(歓声)

ユンス「これはPURETTYの五人には不利な展開ですね」
ショウさん「あぁ。せれのんはサポート役に徹することでかなめ一人を輝かせた。PURETTYも誰か一人に輝きを集中させなければ勝つことはできない」

舞台袖。
ソミン「なんというクオリティー……」
ジェウン「パクパク……」
チェギョン「私たちこのままショーをしても……」
シウン「かなめさんを超えることはできないよ……」
ヘインが両手を握り締めている。「私……。私……出場を辞退する」
四人「えっ!?」
ヘイン泣いている。
ヘイン「こんな迷った気持ちのままじゃかなめさんには勝てない。セレクションファイナルの出場は辞退します!!」
四人「ヘイン……」

ミシル社長「あなたたちがやってきたことはいったい何だったの?」
四人「ミシル社長!」
ミシル社長砂時計を持っている。
ミシル社長「確かに今のままではかなめのファンコールを誰も上回ることはできない。じゃあ、どうする?答えなさい」
ソミンが手を挙げる。「社長……」
ミシル社長「どうぞソミン」

ソミン「一番勝つ可能性の高い人を残りのメンバー全員でサポートします」
ミシル社長「じゃあ誰をサポートするの?」
ソミン、シウン、チェギョン、ジェウンがヘインの方を振り返る。
ヘイン視線を感じて顔を上げる。「はっ」
ヘイン「え?」
四人「私たちは全力でヘインをサポートします」
ヘイン「え?」

ソミン「かなめさんを超えることができるのはヘインしかいません」
ジェウン「パクパク、正解の味」
チェギョン「サマーフェスのときは全然ついていけなかったけど……」
シウン「今度はきっとサポートしてみせるよ」
ヘイン「私にはそんな力はない。星空のシンフォニアドレスが……」
ソミン「ヘインはポラリス。北極星なのです」
ヘイン「北極星?」

ソミン「ヘインがいつも星空のセンターで輝いていたから私たちは常に方向を見失わずに頑張ってこられたのです」
ジェウン「だから私たちのために輝いて」
チェギョン「ヘインが暗くなるとみんな迷っちゃう」
シウン「私たちも負けないくらい輝いてみせるから」
友情のZONEが輝いている。
ヘイン「みんな」

ミシル社長「さぁ出番よ。悔いのないショーをやってきなさい」
PURETTY「はい」

後ろの方。
せれなとかなめとかのん。
かのん(?)「うふふ……」
セレナ「これでええんや」

PURETTYプリズムチェンジ。

ステージ。
(歓声)
PURETTYにスポットライトが当たる。
決意したヘインの顔。
PURETTYのプリズムショー。
ヘイン「ハッ」
ヘイン「プラチナスパイラル」
ヘインがプリズムジャンプ、プラチナスパイラルを跳ぶ。

シウン「ハッ」
大地が爆発する。
シウン「大地を」
チェギョン「ハッ」
水中から水面上にジャンプ。
チェギョン「海を」
ソミン「ハッ」
空を飛んで雲を抜ける。
ソミン「空を」
ジェウン「ハッ」
燃える太陽から出てくる。
ジェウン「太陽を」

PURETTYがアクトライン突入する。
ソミン「世界の始まりは」
シウン「たった一つの星の輝きから」
チェギョン「その星の光が地球に」
ジェウン「すべての命をもたらした」
四人「私たちのために輝かせて、心のなかの星のきらめきを」
ヘインアクトラインの中で鋭角に曲がりながら高速ダンスする。
ヘインの心の声「見える、見えるよ。私のハートにたくさんの星が光ってる。みんなと流した汗と涙の輝きが。つらかったとき嬉しかったとき一つ一つの輝きが私の星になる」
ヘインの目に星が浮かぶ。
そうか! ヘインは自分の心の中に、みんなとのつらかったときや嬉しかったときの思い出の一つ一つが、星になっていることに気がついた。
だから「星」じゃなくて「星空」のシンフォニアドレスなのか。

目覚めのシンフォニアドレスが星空のシンフォニアドレスにチェンジする。
阿世知社長「あっ」
ショウさん「覚醒だ」
ユンス「ヘインのハートに星空のシンフォニアドレスが応えた!」
シンフォニアの羽根が生える。
目に星が浮かんでいる。
ヘイン「プリズムアクト、星空のシンフォニア!」
黄色(ソミンの色)、マゼンダ(ジェウンの色)、緑(シウンの色)、青(チェギョンの色)の星にヘインが飛んでいく。
シンフォニアの世界に青白い蝶が広がっていく。
青い銀河になる。
(歓声)
ファンコールが押される。

れいな「すごい、すごい、すごい、ファンコールがどんどんヘインに集まってきます」

JUNさん「エクセレント」
JUNさん「まさにグレイトフルシンフォニアへいざなうプレリュード」


セレナ「やっぱ、センター張るにはこのぐらいのドラマがないとあかんねん」
かのん「そうどすな」
かなめ「ヘインちゃん、すご~い」

かりん「セカンドステージの勝者はヘインに決定」
(歓声)
ヘインが喜んでいる。
ステージ袖で見ていたミシル社長が去る。
ショウさんとユンスが拳をコツンとぶつけ合う。
ホモホモしい(笑)

(歓声)
PURETTY手を合わせる。
ヘイン「私、みんながいなければここに立つことすらできなかった。ありがとう。本当にありがとう」

みあ「ヘイン、おめでとう!」
みあが走ってくる。
ヘイン「みあ」
みあ「私たちついにここまで来たね」
ヘイン「うん」

阿世知社長「センター争いはみあとヘインに絞られたわね」
JUNさん「一番でいることに迷いのないみあと迷い続けながら誰よりも努力してきたヘイン。果たして二人のどちらにシンフォニアの女神が微笑むのか」
手で顔をおさえている。
JUNさん「輝けトゥインクルスター」
エコーかかる。

応援というパワーを込めてポチッとお願いします!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/837-d062018f

トラックバック

[T54] ◎プリティーリズム・ディアマイフューチャ...

_ヘイン:・・・|ミア:情熱のシンフォニアー!!->ユンス:ヘイン_どうして私だけ普通のシンフォニアドレスのままなの、劣ってるのΠロ)アセチ:悩んでるのね。それよりグレートフ...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。