Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/834-27dd0706

トラックバック

[T49] ◎プリティーリズム・ディアマイフューチャ...

=)アセチ:セレノンカナメ、プリズミーまで奪われてしまった。ピュリティーは?=>ジュン:プラネタリウムへいきました=)所属ではないは巻き込むわけにはいかない))ソミ:とく...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・ディアマイフューチャー第42話感想「宇宙の果てへ Go!スカイハイ」

♯42★★★★☆あいら「あの子たちの強い思い……そしてショウさんとユンスさんのデザインがあなたを超えました!」

■評価。
♯01★★☆☆☆みあ「気合と度胸とラブそれにほんの少しのラッキーで気度愛LUCK(きどあいらっく)。この4つが心にあればあたしはいつだって無敵なんだ」
♯02★★★☆☆みあ「ドッカーン」「煌きフューチャースター」
♯03★★★★★純さん「タイムハズカム」「プリズムの輝きは私とともに」
♯04★★★☆☆シウン「だって私の未来は私のためにあるの。そして私の未来はみんなの未来に繋がってる」
♯05★★★☆☆JUNさん「それはK・O・I、恋!」
♯06★★★★☆素あやみ「黒猫ー!もしかして最近ついてないのは黒猫のせい」Prizmmy☆「にゃんにゃーん」
♯07★★★☆☆ヘイン「思った通りそれぞれの特化している分と総合的な実力。Prizmmy☆はその絶妙なバランスで成り立っていたのね」みあ「Prizmmy☆にリーダーはいらないってこと」
♯08★★★☆☆みあ「無駄なことのほうが面白いって知らないの?もしかしたらさ無駄だと思ってた中にハートの革命のヒントがあるかもよ」純さん「伝説のプリズムショー、グレートフルシンフォニア」
♯09★★★★☆みあ「器の小さい男だな、もう」みあ「あいらはあんたのことが好き。あんたもあいらが好き。気度愛LUCK。気合と度胸とLOVEがあればLUCKは生まれるんだ!」みあ「ああ」
♯10★★★☆☆ヘイン「あいらさんに勝って私たちさよならだね」みあ「わかったんだ。プリティートップでみんなと一緒にショーをすることが楽しいんだって」みあ「クワガタ」
♯11★★★★☆りずむ「プリズムアクト、オーロラメモリアル」
♯12★★★☆☆みあ「どこかで仲間が挫けずに頑張ってたらあたしたちだって負けてられない」プリズミー「プリズムアクト、ミラクルアイドルウェイクアップ」
♯13★★★☆☆ヘイン「私達の昨日が今日が未来へ連れて行ってくれる」PURETTY「プリズムアクト、ナイトフラワーフィーバー」
♯14★★★★☆ショウさん「俺達地球に生まれてよかった」ヘイン「そう、でも考える必要なんてないんだよ。だって何でもありなんだもん」
♯15★★★☆☆れいな「薔薇の王子様~」みあ「いつき、プリズムジャンプは心の飛躍。プリズムアクトはハートの革命」
♯16★★★★☆みおん「みおんスイッチオン! プリプリプリティーマジカルチェンージ。マジカルみおんオンステージ、スタート」マジカルみおん「ナイスマジカル!」
♯17★★★☆☆シウン「みんな辛いことも苦しいことも乗り越えてきっとこの五人でデビューしよう。私たちはパパやママより長い時間一緒に頑張ってきた仲間、『チョルチン』だよ」シウン「チョルチナンチング、親や兄弟のように強い絆を持った親友の中の親友のこと」
♯18★★★☆☆ユンス「コーデの力は僕達を未来という新しい世界に連れて行ってくれる。でもそれだけじゃない。過去という思い出の扉も開いてくれるんだ」
♯19★★★☆☆ペンギン先生「そうよ、ペアチアが出てはいけないなんて国分寺のエライ人は言ってなかったわ」
♯20★★★☆☆ショウさん「Prizmmy☆のパフュームを匂い立たせるのはみあの情熱」
♯21★★★★☆ヘイン「みあ知ってる?努力って誰にでもできるんだよ」みあ「未来を描けるのは自分だけなんだよ。だからそんなしょーもないこと言ってないで壁があるならぶち破りなよ」
♯22★★★☆☆みあ「ハートシャッフル?」ソミン「恋してるということを表現するヨンファ語なのです」
♯23★★★☆☆プリズムエース「人は役者、世界は舞台。心を研ぎ澄まし虚ろなる言の葉を自ら纏い真実の言霊へと変える」チェギョン「ハートに嘘はつけない。ここがチェギョンのセレブリティな気分にさせてくれる場所」
♯24★★★☆☆みあ「ミミー、プリズムチェンジよ!」みあ「スターダストシャワー!」
♯25★★★★☆ケイコーチ「グレイトフルシンフォニアは選ばれたプリズムスターが辿り着ける究極のプリズムアクト。まだ誰も見たことのないプリズムアクトの世界がある。でもそれは辿り着いてはいけない世界でもある」
♯26★★★★☆欽太郎「ピュアホワイトウェディングはオーロラの精エイダ。ロマンティックナイトウェディングは夜の精キーラをイメージしている」ケイ「オーロラライジング!」ケイコーチ「純、今日子のことを守ってあげて。あの子のことを守れるのはあなただけよ」
♯27★★★★☆れいな「なんか私羨ましいです。そんなに誰かを好きになれるなんて」ゆきえさん「何を言っているのです。私はあなたと一緒になってから今日まで一秒だって後悔したことなどありません」
♯28★★★★☆りずむ「自分にも周りのみんなにも正直でいたい。一つの隠し事もない本当のピュアなハートでウェディングドレスを着たいんです。もうこれ以上嘘をついて生きるのは嫌なんです」ヒビキ「俺とりずむは一年半前に結婚しました」
♯29★★★★☆ショウさん「恋はあこがれのままが恋は夢のままが一番純粋で美しい」あいら「無限ハグエターナル」
♯30★★★☆☆プリズムエース「愛は常にコンテンポラリー」ラブミックス「愛まみれ!」
♯31★★★★☆みあ「夢美ちゃん、本当の夢があるんだよね?だったらそっちから目をそらしちゃダメだよ」COSMOS「フレーフレー頑張れ!」
♯32★★★★☆ヒロミ「プリズムショーは観てる人をハピラキにするんです。そのためにはショーをやるみなさんがハピラキじゃなきゃね」ヘイン《見える!シンフォニアの世界が!》
♯33★★★★☆ジェウン「空気パクパクすれば何でもわかるんだよ」Sprouts「恋のオムレツ焼きあげましょう!」
♯34★★★☆☆プリズムエース「上手になりたい。向上心を持つことは結構だがもしそこに焦りや不安があるのだとしたら立ち止まるべきだ」みあ「先生がくれた、あの言葉…それが!みあにたくさんの気合と度胸とラブ…。それにほんの少しのラッキーをくれたんだよ。ありがとう先生!」
♯35★★★★☆ショウさん「うぉ~っ!」ソミン「謝らないでください。あなたからもらったときめきは私の一生の宝物です。あなたを好きになってよかった」
♯36★★★★☆ボンビー「お前こそいったいどこの何者なんだ!?」かなめ「あやみちゃん、今度一緒にアニメ見ようね」SERENON with K「プリズムアクト、スーパーヒロインタイム!」
♯37★★★★☆みあ「どっか~ん!キラメキフューチャースターエヴォリーション4!」ショウさん「なん……だと!?」ケイコーチ「ああ……なんて邪悪な! ああ……春音あいらの魂は悪魔に吸い取られる! もはやこの世には……」
♯38★★★★☆欽太郎「小さいなぁ。お前たちはそんな小さな枠の中でしか見せてこなかったのか。ならば私が見せてやろう。でっかい夢をな」あいら「そんな服じゃ何も聞こえないよ。私のハートは動かない」
♯39★★★★☆あいら「でも本当の正義に乱暴な力などいらない。あなたたちが正しいと誰が決めたの?」あいら「その服じゃ、ここには入れないよ」セレナ「ツッコミ待ちっていううちらの見解はちょっとちゃうかったみたいやな」
♯40★★★★☆ミョンジャさん「その日の喜びとこれからの夢を欽太郎は夜が明けるまで私に語ってくれた。あのときの欽太郎の瞳の輝きは今でも覚えてるわ。どこまでも澄んだ瞳だった」欽太郎「デザイン画はデザイナーの心を移す鏡だ。これを見れば何が足りなくて何が余計なのか見えてくるんだ」
♯41★★★★☆JUNさん「たとえあなたがすべてを失ったとしても俺があなたを守り続けますから。絶対に……約束しますから」ショウさん「しっかりしろ! お前のあいらに対する気持ちはそんなものか?」
♯42★★★★☆あいら「あの子たちの強い思い……そしてショウさんとユンスさんのデザインがあなたを超えました!」ケイコーチ「あなたは負けたのよ!」

第42話「宇宙の果てへ Go!スカイハイ」
脚本:赤尾でこ
絵コンテ:ワナタベシンイチ
ストーリーボード:Sung Won Yong
演出:徳本善信
アニメーション演出:Jeon Byung Cheol
作画監督:Cha Sang Hoon、Shin Sung Min
作画監修:戸田さやか
監督補:小林浩輔
放送日:2013年01月26日

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
チェギョン「父様はその思い出ごと買い取って星の名前をプレゼントしたんだって!」

ショウさん「ああ、そうだな。すまない。悔やんでいる時間があるなら前へ進むべきだな」

ショウさん「部屋にこもって孤独と戦い自分を追い込んでいく俺とはまったく違うやり方だな」

シウン「作り物だってわかってるのにずっと見てると怖くなるね」

ヘイン「越えられないって思い込んでる私たちの心が見えない壁を作ってるの! 怖いけど……強くなろう! 私たちはチョルチン!力を合わせればきっと乗り越えられる!」

ユンス「負けられない。自分のためじゃない」
ショウさん「愛する人のために!」

JUNさん「ショウとユンスもその瞳に携えた勇気と愛を重ねたようですね」

あいら「悲しみが……」

あいら「あの子たちの強い思い……そしてショウさんとユンスさんのデザインがあなたを超えました!」

あいら「お二人のプリティーリメイク届きました。お洋服の声が私のハートをノックしました」

ケイコーチ「あなたは負けたのよ」

■まとめの感想。
オーロラドリームから出ていたあのプラネタリウムの名前がわかった。
「ミョンジャ・プラネタリウム」そんな繋がりがあったとは。

星の名前をつけたのはチェギョン父様。
前の恋人(欽太郎)の思い出ごと買い取るとは金持ちは違うなー。

ショウさんとユンスが浜辺でふざける。仲良くなったな、この二人。ホモホモしい(笑)

スカイハイシンフォニア最終決戦。ユンスとショウさんでプリティーリメイク。ユンスの「負けられない」を聞いて思い出すのは、あいらの「負けられない」だよなぁ。オーロラドリームでりずむが闇落ちした時の。「負けない」じゃないのがこの子すごいと思った。

ヘインもみあの時と同じようにコーデチェンジしなかった。条件を満たしてない?

あいらがシンフォニアの呪縛から解き放たれた時「悲しみが……」と言ったのは、神秘のシンフォニアドレスに込められた欽太郎の悲しみを服の声で聞いたんだろうな。

星々の輝きのはるか向こうに行きたかったのはあいらじゃなくてシンフォニアの服に込められた思い(呪い)だったという解釈でいいのかな?
シンフォニアの呪縛であいらがどのくらい自分の意思を残していたかわからないから判断しづらい。
あいらが進化したアクトを跳ばなかったのか、跳べなかったのかも判断できない。

PURETTYがMARsに勝って欽太郎の野望は潰えたが、プリズムショー崩壊は止まらない。

EDクレジットまた高[峯」みおんだよ……

■次回予告。♯43「立ち上がれスタァ!」
次回、ついにあいら救出に成功!! しかしプリズムショー界大ピンチ?!
?!←変な使い方だな。
プリズムショー崩壊の時が来た。

応援というパワーを込めてポチッとお願いします!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

■今週の展開、感想。
タイトル。「宇宙の果てへ Go!スカイハイ」

プリティートップ。外は雪が降っている。
阿世知社長「もう終わりね……」
阿世知社長「せれのんとかなめ。LOVE-MIX。そしてPrizmmyまでもがシンフォニア財団に奪われてしまった」
阿世知社長「純。PURETTYはレッスン場?」
純さん「チェギョンの父親が経営しているプラネタリウムに行きました」
阿世知社長「プラネタリウム?」
純さん「MARsを倒すために手がかりを探しに」
阿世知社長「PURETTYは今うちで面倒みてるけどプリティートップの所属ではないわ。これ以上私たちの問題に巻き込むわけにはいかない」

プラネタリウム。
ソミン「宇宙の果ての果て星々の輝きのはるかむこう。Prizmmyが残してくれたヒントを解くきっかけがあればいいのですが」
四人頷く。
チェギョン「ここわね、ミョンジャ・プラネタリウムっていうんだ」
ヘイン「チェギョンのお母さんの名前がついてるの?」
チェギョン「そう! 父様からのセレブルプレゼント! 母さまはねミョンジャって自分の名前がついている星も持ってるの」
ヘイン「すてきね。それもお父さんから?」
チェギョン「ううん。それば……結婚する前につきあってた恋人からのプレゼントなんだって」

過去。
欽太郎とミョンジャ。
欽太郎「見てごらんミョンジャ。あの星の向こうに僕たちの未来があるんだ」
ミョンジャ「うふ……あっ」
欽太郎「これを」
欽太郎ミョンジャの左手薬指に赤い糸で蝶々結びをする。
ミョンジャの手を上げて蝶々結びと星を重ね合わせる。

欽太郎「二人の未来の証だ」
ミョンジャ喜ぶ。
ミョンジャ「愛してるわ」
欽太郎のネクタイの巻き方が変。表と裏で色と模様が違う。
オーロラドリームから出ていたプラネタリウムの名前が判明した。前から決まってた訳じゃなくてたぶん今回つけたんだと思う。

四人「うわ~お!」
チェギョン「父様はその思い出ごと買い取って星の名前をプレゼントしたんだって!」
四人「へぇ~!」
チェギョン「さぁ、始まるよ」
みんな「わ~!」

プラネタリウムも星の名前もユンス父様がプレゼントしたんじゃないか。欽太郎があげたのは蝶々結びした赤い糸だけ。

ジェウン「真っ暗な中に星がキラキラ!」
シウン「座っている椅子も床もなくなっちゃった!」
ヘイン「不思議な感覚……まるで自分が大地に……ううん地球になったみたい」
ヘイン地球から頭と手と足が出てる。ギャグだ。

プリズムストーンショップ。
ショウさんがテーブルを叩く。
ショウさん「Prizmmyも負けた……クッ!」
ユンス「でもPrizmmyはロードトゥシンフォニアを跳んで証明してくれた。プリティーリメイクがあいらさんを助ける道へつながっているのは間違いありません。もう少し、あと一歩です」

ショウさん「ああ、そうだな。すまない。悔やんでいる時間があるなら前へ進むべきだな」
ユンス「ええ」
ショウさん「俺たちが次にするべきことは……」
ユンス「PURETTYのプリティーリメイクです!」
無駄にかっこいい。

ショウさん「今度はユンス流でいこうぜ」
ユンス「僕流……ですか?」

波打ち際。
ユンス「僕はいつもこうやって外の世界を歩き感じながらデザインを生み出します」
ショウさん「部屋にこもって孤独と戦い自分を追い込んでいく俺とはまったく違うやり方だな」
ユンス「しかし一つだけ同じことがあります」
ショウさん「あいらへの思い!」

プラネタリウム。
シウン「作り物だってわかってるのにずっと見てると怖くなるね」
ジェウン「うん。真っ暗な空にパクパク~って吸い込まれそう」
チェギョン「この空の向こう、宇宙の果てか……セレブル難しそう」
ソミン「もし、もしですよ。私たちがMARsに負けたら……」
ヘイン「大丈夫だよ!この宇宙の向こうには青空がある!天井なんかバーンと破っちゃえばいいんだよ!」
ヘイン足でプラネタリウムの天井破った。

ソミン「それはプラネタリウムの話です! そもそも宇宙に壁があるのかどうかも……」
ヘイン「宇宙の壁、出来ちゃってるよ」
「え?」
ヘイン「越えられないって思い込んでる私たちの心が見えない壁を作ってるの! 怖いけど……強くなろう! 私たちはチョルチン!力を合わせればきっと乗り越えられる!」
出入り口でそっと見ていたミシル社長が去る。

波打ち際。
素足で歩くショウさん。
ユンスがショウさんの背中を棒でつつく。なぜ棒? それも何回も。音楽がいい雰囲気の音楽だ。
ショウさんが慌てる。
ショウさん「な、なんだよ!?」
ユンス「まぬけな顔をしていたのでつい……」
ショウさん「お前な!」
ショウさん「流木か……」

ユンス「砂浜に流れ着いていました。きっと僕たちよりも広くたくさんの世界を見てきているんでしょう、この木は」
ショウさん「フッ……大先輩だな」
ユンス「ええ寡黙な先輩ばかりですが耳をすませば多くを語りかけてくれる……」
ショウさん「何かつかめそうか?」
ユンス「まだプリティーリメイクの尻尾くらいですが……」
ユンスが流木で砂の上にデザインを描く。
ショウさんも流木でデザインを描き始める。
夕日が綺麗。

夜の運河。
阿世知社長が立ってる。
ミシル社長「今日子」
阿世知社長「ミシル」

夜の浜辺。
焚き火の横にショウさんとユンスが座っている。
デザインを描くユンスとショウさん。

夜の運河。
阿世知社長「あなたたちをこれ以上を巻き込むわけにはいかないわ。PURETTYは韓国に連れて帰って」
ミシル社長腕組みをしながら「あの子たちは日本に来て変わったわ。私が考えた以上に成長している。あなたのおかげよ、今日子。大丈夫。あの子たちはきっと勝つ」
阿世知社長「ミシル……」
ミシル社長「あなたにPURETTYを託すわ」
ミシル社長「ありがとう……ミシル」

朝の砂浜。
ショウさんとユンスが大の字になって寝てる。
ショウさん「いよいよだな」
ユンス「ええ……」
朝チュン。

海から朝日がさしている。
手前に貝殻。何か意味あるの?わからない。

Aパート終わり。

アイキャッチは若き日の阿世知欽太郎。

Bパート。
スカイハイシンフォニア会場。
欽太郎「今宵完全なるエンターテインメントへの最後の一歩が踏み出される。それは人類の未来にとっても偉大な一歩となるだろう……真のステージで生まれるのは女神か堕天使か?」
欽太郎「スカイハイシンフォニア最終決戦が今始まる!」
欽太郎「さぁ気高きMARsよ我々を未知なるステージへ引き上げろ!」

あいらの目に蝶が浮かぶ。
MARsのプリズムショー。

プリズムショーの世界(かな恵空間)
ユンス「シンフォニアドレスのプリティーリメイクデザインです」
めが姉ぇ「Prizmmyのときプリティーリメイクに成功したのは偶然かもしれないわ。それでも……」
ユンス頷く。
めが姉ぇ、眼鏡のフレームを指で持ってる仕草がかわいい!

めが姉ぇ「何を言ってもハートは変わらないみたいね」
ショウさん「そういうことだ」
めが姉ぇがウインクして「了解!」

ショウさんとユンスがプリズムストーンメーカーに手を置く。
ショウさん「行くぞユンス!」
ユンス「はい!ショウさん!」
二人「うぉ~っ!」

ユンス「負けられない。自分のためじゃない」
ショウさん「愛する人のために!」
ストーンが浮かんでいる。
めが姉ぇ「完成ね」
ショウさんとユンスが息を切らせて座り込んでいる。
ユンスがストーンをPURETTYに見せる。

ソミン「す、すごい輝きなのです」
ユンス「ソミンは刻々と変化し一度として同じ表情を見せない大空のドレス」
オレンジ色。
ユンス「ジェウンはあたたかく底知れないエネルギーを放つ太陽のドレス」
ピンク。
ユンス「チェギョンは果てしなく広いおおらかさを持つ海のドレス」
コバルト色。
ユンス「シウンはしっかりと道しるべになる大地のドレス」
緑色。

ユンス「そしてヘインには終わりであり次への始まりでもある星空のドレスだ」
ヘイン「星空。全部で地球だね」
ユンス「愛は輝き命があふれる。そして喜び苦しみを分かち合う友がいる。そんな奇跡の連続とPURETTYのイメージが重なったんだ」

PURETTY、プリズムチェンジ。
ソミン「なぜヘインだけコーデチェンジしないのですか?」
ヘインだけコーデチェンジしなかった。
ヘインが困った顔してめが姉ぇも困った顔。
めが姉ぇ「みあちゃんのときと同じ。ごめんね、私にもなぜだかわからないのよ」
ヘインの困った息。
かな恵さんいったりきたり演技。

ソミン「ヘイン!」
ヘインの手をみんなが掴む。
チェギョン「大丈夫」
シウン「つながってるよ」
ジェウン「絶対離さない」
ヘイン「うん」

あいら「プリズムアクト! ロードトゥシンフォニア」
あいらがプリズムアクト、ロードトゥシンフォニアを跳ぶ。
欽太郎拳を叩きつける。「なぜだ! なぜアクトが進化しない。私のデザインは完璧のはず」
観客の声「PURETTY!」
(歓声)
欽太郎「あの衣装は……」

JUNさん「ショウとユンスもその瞳に携えた勇気と愛を重ねたようですね」
阿世知社長「私だけ悩んで立ち止まってたってわけね。フッ、ダメな社長ね」
阿世知社長「頼んだわよ、PURETTY!」

PURETTYのプリズムショー。
センターがソミンと思わせてヘインに入れ替わった。
シウン「トキメキを」
ソミン「胸に……」
ソミンとシウン「プリズムストーンファンタジー」
ソミンとシウン「イェ~イ!」
ソミンとシウン、プリズムジャンプ、プリズムストーンファンタジーを跳ぶ。

ジェウン「パクパクパク」
チェギョン「セレブリティ」
ジェウンとチェギョン「チアフルヒップホップウィン!」
ジェウンとシウン、プリズムジャンプ、チアフルヒップホップウィンを跳ぶ。

ヘイン「プラチナスパイラル!」
ヘイン、プリズムジャンプ、プラチナスパイラルを跳ぶ。

PURETTYアクトライン突入。
ヘイン「あいらさんを……みんなを……取り戻す!」
ジェウン「星々の輝きの……」
チェギョン「はるか向こうに!」
ソミン「行きましょう!」
シウン「みんなで力を合わせて!」

シンフォニアの門が開く。
欽太郎「まさか!!」
PURETTYがシンフォニアの世界を飛んでシンフォニアの遺跡へ向かう。

ヘイン「MARsさん!」
あいらが落ち込んでいる。心配そうなりずむとみおん様。
ヘイン「あいらさ~ん!!」
ヘインあいらの手を取って上昇する。
ヘイン「さぁ、帰りましょう、あいらさん!」
あいらが返事をしない。

りずむ「待って!」
みおん様「それじゃダメなの……」
りずむとみおん様は天使の羽根。
ヘイン「でも……」
四人が手をヘインの手に重ねる。

ヘイン「みんな……」
ソミン「変えるのではないのです」
ヘイン「えっ?」
ソミン「果ての果て……宇宙を越えた先に行きましょう!」
ヘイン「わかった!」
ヘイン「あいらさん」
あいらが顔を上げる。

ヘイン「プリティーリメイクされた私たちの衣装を見てください!」
シウン「みんな待ってます」
ソミン「あいらさんが帰ってくるのを」
チェギョン「ユンスも!」
ジェウン「ショウさんも!」

あいら「あぁ……聞こえる……お洋服の声が聞こえる!」

あいら「悲しみが……」
プリティーリメイクされた衣装力で神秘のシンフォニアドレスから悲しみが抜けていく。
あいらの目の蝶が小さな蝶になって飛び去る。
あいらが正気に戻った。
あいら「あっ」

みおん様とりずむ「あいら~!」
あいら「みおんちゃん、りずむちゃん!!」
りずむがあいらの手を掴む。
あいらと右にみおん様、左にりずむ。
あいらに天使の羽根が生える。
あいら「帰ろう!」
え! あいら帰っちゃうの?

ヘイン「行こう! 星々の輝きのはるか向こうに!!」
PURETTYが飛んでいく。
宇宙を破った。
PURETTY「プリズムアクト、スカイハイシンフォニア!!」
PURETTY、プリズムアクト、スカイハイシンフォニアを決める。
エコーがかかる。あいらのロードトゥシンフォニアと同じ。
(歓声)

PURETTYステージに着地する。

欽太郎「そ、そんな……バカな!!」
みおん様とりずむに手を取られていたあいらががっくりしゃがみ込む。
みおん様とりずむ「あいら!」
あいら「大丈夫……ごめんね、りずむちゃん、みおんちゃん、心配かけちゃって……」
欽太郎驚く。
あいら「あの子たちの強い思い……そしてショウさんとユンスさんのデザインがあなたを超えました!」
あいらドーン!
欽太郎「なっ!?」
(歓声)
ファンコールがPURETTYに集まっていく。

WIN PURETTY

欽太郎「PURETTYのファンコールがMARsを抜いた!?」
欽太郎愕然とする。

阿世知社長、後ろに純さん、ショウさんとユンス。
「よくやったわ、PURETTY、あなたたちすごいわ」

Prizmmy☆とせれのんかなめが走ってくる。
みあ「ヘイン!」
みあ「ヘイン、ヘイン、ヘイン、ヘイン、ヘイン!」
ヘイン「みあ」
みあとヘイン抱きあう。
みあ「すごいよ、すごいよ、ヘイン」
ヘイン右目つぶって「うふっ」

満足気な阿世知社長、振り返って袖にいるミシル社長に頷く。
あいら「みんな」
MARsが手を振って歩いてくる。
ショウさん「あいら」
ユンス「あいらさん」
あいら「ユンスさん、ショウさん」
ショウさんとユンス頬赤い。

ショウさん「戻ってきたんだな」
ユンス「よかった」
あいら「お二人のプリティーリメイク届きました。お洋服の声が私のハートをノックしました」
あいらと見つめ合うショウさん&ユンス。
ショウさんとユンス「あい……」
かなめが割って入る。「あいら!」
あいら「えっ、かなめちゃん?」
かなめ「あいら、あいら、あいら」

セレナ「かなめ、あんたまたそれかいな」
かなめVサインする。「だっていつものあいら帰ってきた」
かのん「ほんまにえらい苦労かけて悪いプリズムクイーンさんやな」
あいら「あはは、ごめんなさい」
みおん様とりずむ目に涙を浮かべてる。

みおん様「本当によかった」
りずむ「おかえり、あいら」
あいら「うん! ただいま!」
あいらとみおん様、りずむ抱きあう。

欽太郎走ってくる。「バカな、バカな、バカな!」
欽太郎「この私のデザインがあの若造どものデザインに劣っただと? くっ……ありえない。間違いだ、そんなはずは……」

ケイコーチ「認めなさい!」
目力!
欽太郎「ケ……ケイ」
ケイコーチ欽太郎を指さす「あなたは負けたのよ」
ケイコーチドーン!
欽太郎呻く。
変な声(笑)

応援というパワーを込めてポチッとお願いします!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/834-27dd0706

トラックバック

[T49] ◎プリティーリズム・ディアマイフューチャ...

=)アセチ:セレノンカナメ、プリズミーまで奪われてしまった。ピュリティーは?=>ジュン:プラネタリウムへいきました=)所属ではないは巻き込むわけにはいかない))ソミ:とく...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。