Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/832-f1748df6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プリティーリズム・ディアマイフューチャー第40話感想「シンフォニア誕生の秘密」

♯40★★★★☆ミョンジャさん「あのときの欽太郎の瞳の輝きは今でも覚えてるわ。どこまでも澄んだ瞳だった」

■評価。
♯01★★☆☆☆みあ「気合と度胸とラブそれにほんの少しのラッキーで気度愛LUCK(きどあいらっく)。この4つが心にあればあたしはいつだって無敵なんだ」
♯02★★★☆☆みあ「ドッカーン」「煌きフューチャースター」
♯03★★★★★純さん「タイムハズカム」「プリズムの輝きは私とともに」
♯04★★★☆☆シウン「だって私の未来は私のためにあるの。そして私の未来はみんなの未来に繋がってる」
♯05★★★☆☆JUNさん「それはK・O・I、恋!」
♯06★★★★☆素あやみ「黒猫ー!もしかして最近ついてないのは黒猫のせい」Prizmmy☆「にゃんにゃーん」
♯07★★★☆☆ヘイン「思った通りそれぞれの特化している分と総合的な実力。Prizmmy☆はその絶妙なバランスで成り立っていたのね」みあ「Prizmmy☆にリーダーはいらないってこと」
♯08★★★☆☆みあ「無駄なことのほうが面白いって知らないの?もしかしたらさ無駄だと思ってた中にハートの革命のヒントがあるかもよ」純さん「伝説のプリズムショー、グレートフルシンフォニア」
♯09★★★★☆みあ「器の小さい男だな、もう」みあ「あいらはあんたのことが好き。あんたもあいらが好き。気度愛LUCK。気合と度胸とLOVEがあればLUCKは生まれるんだ!」みあ「ああ」
♯10★★★☆☆ヘイン「あいらさんに勝って私たちさよならだね」みあ「わかったんだ。プリティートップでみんなと一緒にショーをすることが楽しいんだって」みあ「クワガタ」
♯11★★★★☆りずむ「プリズムアクト、オーロラメモリアル」
♯12★★★☆☆みあ「どこかで仲間が挫けずに頑張ってたらあたしたちだって負けてられない」プリズミー「プリズムアクト、ミラクルアイドルウェイクアップ」
♯13★★★☆☆ヘイン「私達の昨日が今日が未来へ連れて行ってくれる」PURETTY「プリズムアクト、ナイトフラワーフィーバー」
♯14★★★★☆ショウさん「俺達地球に生まれてよかった」ヘイン「そう、でも考える必要なんてないんだよ。だって何でもありなんだもん」
♯15★★★☆☆れいな「薔薇の王子様~」みあ「いつき、プリズムジャンプは心の飛躍。プリズムアクトはハートの革命」
♯16★★★★☆みおん「みおんスイッチオン! プリプリプリティーマジカルチェンージ。マジカルみおんオンステージ、スタート」マジカルみおん「ナイスマジカル!」
♯17★★★☆☆シウン「みんな辛いことも苦しいことも乗り越えてきっとこの五人でデビューしよう。私たちはパパやママより長い時間一緒に頑張ってきた仲間、『チョルチン』だよ」シウン「チョルチナンチング、親や兄弟のように強い絆を持った親友の中の親友のこと」
♯18★★★☆☆ユンス「コーデの力は僕達を未来という新しい世界に連れて行ってくれる。でもそれだけじゃない。過去という思い出の扉も開いてくれるんだ」
♯19★★★☆☆ペンギン先生「そうよ、ペアチアが出てはいけないなんて国分寺のエライ人は言ってなかったわ」
♯20★★★☆☆ショウさん「Prizmmy☆のパフュームを匂い立たせるのはみあの情熱」
♯21★★★★☆ヘイン「みあ知ってる?努力って誰にでもできるんだよ」みあ「未来を描けるのは自分だけなんだよ。だからそんなしょーもないこと言ってないで壁があるならぶち破りなよ」
♯22★★★☆☆みあ「ハートシャッフル?」ソミン「恋してるということを表現するヨンファ語なのです」
♯23★★★☆☆プリズムエース「人は役者、世界は舞台。心を研ぎ澄まし虚ろなる言の葉を自ら纏い真実の言霊へと変える」チェギョン「ハートに嘘はつけない。ここがチェギョンのセレブリティな気分にさせてくれる場所」
♯24★★★☆☆みあ「ミミー、プリズムチェンジよ!」みあ「スターダストシャワー!」
♯25★★★★☆ケイコーチ「グレイトフルシンフォニアは選ばれたプリズムスターが辿り着ける究極のプリズムアクト。まだ誰も見たことのないプリズムアクトの世界がある。でもそれは辿り着いてはいけない世界でもある」
♯26★★★★☆欽太郎「ピュアホワイトウェディングはオーロラの精エイダ。ロマンティックナイトウェディングは夜の精キーラをイメージしている」ケイ「オーロラライジング!」ケイコーチ「純、今日子のことを守ってあげて。あの子のことを守れるのはあなただけよ」
♯27★★★★☆れいな「なんか私羨ましいです。そんなに誰かを好きになれるなんて」ゆきえさん「何を言っているのです。私はあなたと一緒になってから今日まで一秒だって後悔したことなどありません」
♯28★★★★☆りずむ「自分にも周りのみんなにも正直でいたい。一つの隠し事もない本当のピュアなハートでウェディングドレスを着たいんです。もうこれ以上嘘をついて生きるのは嫌なんです」ヒビキ「俺とりずむは一年半前に結婚しました」
♯29★★★★☆ショウさん「恋はあこがれのままが恋は夢のままが一番純粋で美しい」あいら「無限ハグエターナル」
♯30★★★☆☆プリズムエース「愛は常にコンテンポラリー」ラブミックス「愛まみれ!」
♯31★★★★☆みあ「夢美ちゃん、本当の夢があるんだよね?だったらそっちから目をそらしちゃダメだよ」COSMOS「フレーフレー頑張れ!」
♯32★★★★☆ヒロミ「プリズムショーは観てる人をハピラキにするんです。そのためにはショーをやるみなさんがハピラキじゃなきゃね」ヘイン《見える!シンフォニアの世界が!》
♯33★★★★☆ジェウン「空気パクパクすれば何でもわかるんだよ」Sprouts「恋のオムレツ焼きあげましょう!」
♯34★★★☆☆プリズムエース「上手になりたい。向上心を持つことは結構だがもしそこに焦りや不安があるのだとしたら立ち止まるべきだ」みあ「先生がくれた、あの言葉…それが!みあにたくさんの気合と度胸とラブ…。それにほんの少しのラッキーをくれたんだよ。ありがとう先生!」
♯35★★★★☆ショウさん「うぉ~っ!」ソミン「謝らないでください。あなたからもらったときめきは私の一生の宝物です。あなたを好きになってよかった」
♯36★★★★☆ボンビー「お前こそいったいどこの何者なんだ!?」かなめ「あやみちゃん、今度一緒にアニメ見ようね」SERENON with K「プリズムアクト、スーパーヒロインタイム!」
♯37★★★★☆みあ「どっか~ん!キラメキフューチャースターエヴォリーション4!」ショウさん「なん……だと!?」ケイコーチ「ああ……なんて邪悪な! ああ……春音あいらの魂は悪魔に吸い取られる! もはやこの世には……」
♯38★★★★☆欽太郎「小さいなぁ。お前たちはそんな小さな枠の中でしか見せてこなかったのか。ならば私が見せてやろう。でっかい夢をな」あいら「そんな服じゃ何も聞こえないよ。私のハートは動かない」
♯39★★★★☆あいら「でも本当の正義に乱暴な力などいらない。あなたたちが正しいと誰が決めたの?」あいら「その服じゃ、ここには入れないよ」セレナ「ツッコミ待ちっていううちらの見解はちょっとちゃうかったみたいやな」
♯40★★★★☆ミョンジャさん「その日の喜びとこれからの夢を欽太郎は夜が明けるまで私に語ってくれた。あのときの欽太郎の瞳の輝きは今でも覚えてるわ。どこまでも澄んだ瞳だった」欽太郎「デザイン画はデザイナーの心を移す鏡だ。これを見れば何が足りなくて何が余計なのか見えてくるんだ」

第40話「シンフォニア誕生の秘密」
脚本:井内秀治
絵コンテ:井内秀治
ストーリーボード:Park Chi Man
演出:小林浩輔
アニメーション演出:Na Ki Chual
作画監督:Cha Sang Hoon、Shin Sung Min
作画監修:伊藤良太
監督補:小林浩輔
放送日:2013年01月12日

■今週の名(迷)言。謎ポエム。
いつき「あいら帰ろう!」
欽太郎「家族の愛?そんなものであいらを取り戻せるとでも思ったのか?」

ショウさん「そこまで服に思いを込められるものなのか?」

純さん「それを知るためにはシンフォニアシリーズをつくり出した男の過去を調べる必要がある」

ミョンジャさん「あの人はこんな怒りや憎しみのこもったドレスをつくる人ではないわ」
ミョンジャさん「私が出会った頃の欽太郎は夢を糧に生きる貧しいデザイナーだった」

欽太郎「次、頑張るさ」

ミョンジャさん「その日の喜びとこれからの夢を欽太郎は夜が明けるまで私に語ってくれた。あのときの欽太郎の瞳の輝きは今でも覚えてるわ。どこまでも澄んだ瞳だった」

ミョンジャさん「私は欽太郎を恨んではいない。恨むことができないの」
ミョンジャさん「欽太郎と過ごしたあのとき私は間違いなく幸せだったから」

ミョンジャさん「彼と別れた後、毎日が心の引き裂かれる思いだった。あのままでいたら私は欽太郎を恨み生涯心のなかに憎しみの炎を燃やしていたでしょう。でもその憎しみを消し去ってくれる人と私は出会った。父さまが救ってっくれたの」

ミョンジャさん「人を愛することの幸せを私に思い出させてくれたのよ」

ミョンジャさん「私にはまだ父さまという人を愛する心が残っていたの。そしてあなたとチェギョンを授かった。愛する夫と夢を追い求める二人の子供を見守ることができる。これ以上の幸せはないの」

ミョンジャさん「憎しみを消し去ることができるのは愛だけ。人を愛することの喜びを再び知った私に欽太郎を恨むことはできない」

ミョンジャさん「好きな人がいるのね」

欽太郎「デザイン画はデザイナーの心を移す鏡だ。これを見れば何が足りなくて何が余計なのか見えてくるんだ」

ミョンジャ「愛する人のためにあなたのデザインに何が足りないのか何を捨てるのか見極めなさい」

ソミン「最初、日本にプリズム留学したのは私たちのテクニックを磨くためだと思っていました。でも同じ夢を追う仲間たちと出会ってそれだけではないとわかったんです。それが何か明日ムダなくお見せします」

PURETTY「プリズムアクト ウィーラブ・プリズムショー!」

ショウさん「彼女たちの笑顔……ハピラキだ」

PURETTY「ミシル社長! 私たちプリズムショーで歌って踊れることの楽しさと幸せを知りました」

■まとめの感想。
第4クール新オープニング
「パンピナッ!」
作詞:NOBE
作曲・編曲:michitomo
歌:Prizmmy☆(リアルPrizmmy☆(ソトズミー))

第4クール新エンディング(挿入歌)
「シュワシュワBABY」
作詞:HASEGAWA
作曲:HAN SANG WON、LEE JIN SUNG、MELODYN JUN YOUNG
編曲:HAN SANG YOUNG、MELODYN JUN YOUNG
歌:PURETTY(リアルPURETTY)

新OP。
推測込みで説明してみる。

右からかりん、れいな、あやみ、みおん様、あいら、りずむ、みあ、ヘイン、かのん、かなめ、セレナ、ソミン、シウン、チェギョン、ジェウンが並ぶ。
ここはスケート座の女神のステージ?
みあの衣装がはばたきのシンフォニアトップス。ヘインの衣装が目覚めのシンフォニアドレス。

ジェウンの背景の建物がRAINBOW ODAIBA。
MARsは横浜。
せれのんかなめは通天閣。

あいらのロードトゥシンフォニア。
敵側の扱いじゃないよな。

ピュアホワイトウェディングコーデのケイとロマンティックナイトウェディングコーデのミョンジャ。

シンフォニアの扉に若い阿世知欽太郎が取り込まれて今の欽太郎に変わる。
欽太郎が大鎌持って悪魔の翼をつけてる。人間じゃない。

ケイコーチがタロットカードで対抗する。
THE WORLD
THE DEVIL
JUDGEMENT
DEATH
THE TOWER

幼女の阿世知今日子。それを抱きしめる今の阿世知社長。
裏主人公は阿世知社長か。

JUNさんが阿世知社長を守るように両手を広げて立ちはだかる。

ショウさんが赤いバラを一本差し出す。
ユンスが白いバラを差し出す。
間のあいらが困って左側のみおん様と右側のりずむに引っ張られて転ぶ。
ここのあいらの顔がかわいい。

ショウさんとユンスがバラを差し出し合う形になって汗。

みあが「情熱のシンフォニアドレス」 「始まりのシンフォニアブーツ」で空をとぶ。
かりんが「友情のシンフォニアトップス」
れいなが「知性のシンフォニアトップス」
あやみが「優しさのシンフォニアトップス」
と「始まりのシンフォニアブーツ」をつけて飛ぶ。

ヘインが「星空のシンフォニアドレス」で反対側から飛んでくる。
続いて右からジェウン、ヘインを挟んで、ヂェギョン、シウン、ソミン。

Prizmmy☆とPURETTYが太陽に向かって飛ぶ。
中心によくわからない木のようなもの。

説明終わり。

第4クールは「グレイトフルシンフォニア編」

いつきのプリズムアクトでヒロシパパ、おみママ、うる、えるが出てきて懐かしかった。菱田監督がtwitterではっきり出ないと言わなかったから少し期待していただけにうれしい。

これはDMFの作画の人がオーロラドリームのシーンをもう一回描いてるのかな。新規のシーンもあったし。
家族の思い出のプリズムアクトでもあいらを取り戻すことができなかった。LOVE-MIXもシンフォニア財団に移籍。
プリティートップはもうPrizmmy☆とPURETTYとCallings(笑)しか残ってない。

シンフォニアコーデに勝つためには阿世知欽太郎の過去を調べる必要がある。ということで、阿世知社長、純さん、ユンス、ショウさんは韓国のユンスの母(欽太郎の昔の彼女)ミョンジャさんのところへ。PURETTYもショーのため一時帰国。

ミョンジャさんは神秘のシンフォニアドレスを見て、怒りと憎しみがこもっており、欽太郎が作ってものではないと答えた。
欽太郎は昔は純粋で努力の人だった。どこで性格が変わってしまったのだろう。
ミョンジャさんは欽太郎との生活は幸せだった、欽太郎と別れた後ユンスとチェギョンの父親と出会い救われたと語った。ミョンジャさんがユンスに「何を捨てるのか」と言ったのは意味深だな。

PURETTYの新曲がきた。かわいい、動く。手(指)の動きと プリティーフラッシュグローブの光の軌跡が印象に残るプリズムショーだ。

PURETTYのショーを見てショウさんはあいらの「プリティーリメイク」を思い出す。

ミシル社長がいいこと言ったのに気が付かない阿世知社長。鈍い。

ユンスがPrizmmy☆とPURETTYの個性に合わせたドレスが必要だと気がつく。ショウさんはシンフォニアドレスをプリティーリメイクすればいいと断言。ショウさんそれはパクリじゃないのでしょうか……

負け犬同士のショウさんとユンスに友情が芽生え始めてる。

あいらだけでなく、欽太郎の心を取り戻す展開もありそう。

脚本、絵コンテの井内秀治さんはストーリーの展開と天候を重ねるのがうまい。

新ED。
リアルPURETTYの新曲。本編で流れた曲。SDキャラがかわいい。

■次回予告。♯41「友情のプリティーリメイク」
次回、プリティーリメイクでMARsに挑戦! Prizmmy☆いざ出陣!

あやみ「あやみです。シンフォニアコーデの秘密を掴んで『からの~』」
かりん「なになに?何が始まるの?」
れいな「今度の見どころはPrizmmy☆出陣!」
みあ「春音あいら、ここで会ったが百年目絶対に助け出すから」
あやみ「次回、プリティーリズム・ディアマイフューチャー。『友情のプリティーリメイク』」
Prizmmy☆「未来の私がいっちば~ん!」
あやみ「プリティーリメイク。あいらさんがわたくしたちに教えてくれた言葉」
かりん「プリティートップの未来。絶対リメイクしてみせるっしょ!」

『からの~』そんなお笑いネタ仕込むのか。

応援というパワーを込めてポチッとお願いします!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

■今週の展開、感想。
あいらのプリズムアクト、「ロードトゥシンフォニア」

新OP。

タイトル「シンフォニア誕生の秘密」

LOVE-MIXのプリズムショー。
いつき本気モード。
アクトライン突入。
シンフォニアの扉の前へ。
あいら登場。

いつき「あいら帰ろう!」
あいら「いつき。ここはとってもいいところだよ。いつきもおいでよ!」
いつき「そこはあいらのいる場所じゃない!家に帰ろう!」
あいら「家に?」
いつき「パパもママもうるもえるも待ってるよ!」
あいら「パパ……ママ?」

ヒロシパパ「あいら、パパがお洋服を買ってきてあげたよ」
あいら「え!? お洋服って……まさか!」
ヒロシパパ「パパが選んだんだ。かわいいぞ!」
あいらいやそうな顔「え……え~!」
ヒロシパパ「ジャ~ン!」
あの苺のドレス。

おみママ「ヒロ君、それちょっといきすぎじゃない?」
ヒロシパパ「そんなことはない。あいらはこういうのが似合うんだ。パパのプリンセスだからね」
あいら「パパこれ大きすぎ!」
サイズが合ってない(笑)
ヒロシパパ「あれ?」
おみママ「もうヒロ君ったら!」
ヒロシパパ、おみママ、あいら笑う。
「あはは!」

あいら「うる、える……」

うる「あいらお姉ちゃまうるのお洋服コーデして」
うるはオレンジの服、右サイドポニー。
える「えるのお洋服も!」
えるは黄色の服、左サイドポニー。
うるとえるがどっちか分かりやすいシーンになってる。

あいら「いいわよ。そうねぇ……」
あいら「うるは水玉模様のスカーフをベルト代わりに巻いて。えるはボーダーのハイソックスがいいわね」
あいら「ハピラキ! とってもかわいいよ!」
うるえる「ありがとう。あいらお姉ちゃま!」
あいら「あはは!」

ヒロシパパバースデーケーキを持って「ハッピーバースデーあいら!」
おみママ「おめでとうあいら」
いつき「おめでとう」
うるえる「おめでとう。お姉ちゃま」

あいら「わたしのお家」
いつき「あいら」

目に蝶が浮かぶ。あいらが背を向ける。
赤い目をした欽太郎「家族の愛?そんなものであいらを取り戻せるとでも思ったのか?」

いつき怒りで発光する。

ヨンファが止めに入ろうとする「ダメだ。いっちゃん」
巨大な欽太郎「ふふ、ふははは……」
いつき「あいらを返せ」
いつき剣を出して欽太郎に斬りかかる。

いつきがシンフォニアフィールド(仮)に跳ね返される。

いつきステージで膝を付いている。
いつき「くっ……あいら……」拳で床を殴りつける。
ヨンファ「いっちゃん……」

MARsとLOVE-MIX2.5倍差くらいでMARsの勝ち。
欽太郎「契約どおり、LOVE-MIXも今日からシンフォニア財団に入ってもらう」

勝てなかったよ。LOVE-MIXはシンフォニア財団所属になった。
阿世知社長呆然。

プリティートップレッスン場。
れいな「いつきさんまでシンフォニア財団にいっちゃった」
かりん「せれのんさんたちもLOVE-MIXもまったく歯が立たないなんて……」
あやみ「やっぱりMARsさんはすごいです」

ヘイン「あいらさんは神秘のシンフォニアドレスを着るようになってから明らかに輝きが増してるわ」
みあ「言われてみればそうだね」

ショウさん「確かに……勝てない理由は俺たちに神秘のシンフォニアドレスを超える服がないからだ」
ユンス「えぇ、勝つためにはシンフォニアを超える服をデザインする必要があります」
ショウさん「しかし、なぜ神秘のシンフォニアドレスにこんなに心が惹かれるんだ?」
ショウさん「そこまで服に思いを込められるものなのか?」

純さん「それを知るためにはシンフォニアシリーズをつくり出した男の過去を調べる必要がある」

ユンス「それなら僕の母に話を聞くのがいちばんです。阿世知社長、僕は韓国に帰って母に会ってきます」
ショウさん「俺も行く」
阿世知社長「私も行くわ」
ユンス「えっ?」
阿世知社長「純とPURETTYも一緒に来て」
PURETTY「えっ?」
阿世知社長「さっきミシル社長からPURETTYを帰国させてほしいって連絡があったの」
ソミン「帰国?」
阿世知社長「向こうでやるディアプリンセスのショーに出てほしいそうよ」

ヘイン「Prizmmyも一緒に行こうよ」
みあ「あたしたちは行かない」
みあ「プリティートップを守るのはあたしたちだから」
れいな「そうよ、うんと練習していつきさんを取り返さなくちゃ」
れいなの本音はそこか!
かりん「やるっきゃないっしょ」
あやみ「はい」

ユンス、ショウさん、阿世知社長、純さん、PURETTY韓国行き決定。

空港。
飛行機の中。
ユンス「母は昔のことをあまり語りたがりません。語ったとしても母の口から出る言葉は阿世知欽太郎を恨む言葉だけでしょう。あっ、すみません」
阿世知社長「欽太郎の娘の私があなたのお母さまに会うこと嫌ではないの?」
ユンス「僕は阿世知社長に対して何の恨みもありません。でも母がどんな気持ちで阿世知社長を迎えるのかを考えると……」
二人、窓側の席だけど中央の席にも見える。

左窓際からソミン、ヘイン、シウン。
ヘイン「ミシル社長が私たちを帰国させるのはショーのためだけかな?」
シウン「どういうこと?」
ヘイン「もう日本にかえさないつもりじゃ……」
シウン「そんなのだめだよ!あいらさんのことがまだ……」
シウン「ねぇソミン? ソミン?」
ソミン「それが社長のお考えなら……」
シウンとヘインハッとする。

Aパート終わり。

アイキャッチ。山田さんと見切れてるペンギン先生(笑)

Bパート。
韓国到着。
ミシル社長。お久しぶり。

ユンスの別荘。
真ん中にミョンジャさん、右にユンス、ショウさん。左に阿世知社長、純さん。
ユンス「今、プリズムショーの世界が危機に陥っています。その危機をまねいた男阿世知欽太郎の話を聞かせてはもらえませんか?」

阿世知社長「欽太郎は私の父です」
阿世知社長「父のつくった神秘のシンフォニアドレスに心を奪われてしまった春音あいらと私の大切な子供たちを救い出すために父の話を聞かせてください」

ミョンジャさん「神秘のシンフォニアドレス?」
ユンス写真を差し出す。
ミョンジャさん「違う……」
ユンス「え?」
ミョンジャさん「あの人はこんな怒りや憎しみのこもったドレスをつくる人ではないわ」
ユンス「母さま」
ショウさん「怒りと憎しみ……」

ミョンジャさんの回想。
ミョンジャさん「私が出会った頃の欽太郎は夢を糧に生きる貧しいデザイナーだった」
ミョンジャさん「彼は映画や舞台の衣装デザイナーになることを目指していたけど簡単にはどこも採用してくれなかった」
ミョンジャ「今やってる映画の衣装デザイン採用されるといいわね」
欽太郎「キミが制作会社に口をきいてくれたおかげでもらえたチャンスだからね。感謝してるよ」
ミョンジャさん「欽太郎は全身全霊を傾けてデザイン画を描き上げたわ。でも……」

部屋に雨に濡れて欽太郎が帰ってきた。
ミョンジャ「ダメだったの?」
欽太郎無理やり出した声で「次、頑張るさ」
ミョンジャさん「それからも映画会社や劇団にデザイン画を持って回ったけど使ってくれるところはなかった」
窓の外は雪が降っている。
ミョンジャさん「そんな暮らしがずっと続くなかでも決して欽太郎は恨み言を口にしなかった。そしてやっと小さな劇団の舞台衣装を任されることになったの」

女性客の声一「舞台衣装すてきだったわね」
声二「うっとりしちゃった」
それを聞いて欽太郎とミョンジャが嬉しそうに抱き合った。

レストラン。
ミョンジャさん「その日の喜びとこれからの夢を欽太郎は夜が明けるまで私に語ってくれた。あのときの欽太郎の瞳の輝きは今でも覚えてるわ。どこまでも澄んだ瞳だった」

回想終わり。

ユンス「でも結局あの男は母さまを捨てた。母さまはあの男をこの世で最も憎んでいるはずです」
ミョンジャさん「それは違うわ」
ユンス「憎めないのはまだあの男に心を奪われているからでしょう」
ショウさん「おい!」
ユンスが部屋から出て行った。
ショウさんがユンスを心配している。

プリティートップレッスン場。
Prizmmy☆練習中。
みんな頑張ってる。

夜、ユンスの別荘。

ユンスが欠けたプリズムストーン見てる。
ミョンジャさんがユンス部屋に入ってくる。
ミョンジャさん右手でドア開けてるし、左利きなだけか。
右手が使えなくなったのかと思ったけど外れたみたい。

欠けたストーンが床に落ちる。
ミョンジャさんが左手でストーンを拾って見ている。
ミョンジャさん「ずっとあなたを苦しめていたのね。ごめんなさい」
ユンス「母さまが謝ることじゃない」
ミョンジャさん「私は欽太郎を恨んではいない。恨むことができないの」
ユンス「あんな仕打ちを受けながらなぜ恨まないのですか?」
ミョンジャさん「欽太郎と過ごしたあのとき私は間違いなく幸せだったから」

モノトーン。夜のベンチ。雨が降っている。
ミョンジャさん「彼と別れた後、毎日が心の引き裂かれる思いだった。あのままでいたら私は欽太郎を恨み生涯心のなかに憎しみの炎を燃やしていたでしょう。でもその憎しみを消し去ってくれる人と私は出会った。父さまが救ってっくれたの」

ユンス父様、顔が欽太郎に少し似ている気がする。

ユンス「父さまが?」
ミョンジャさん「人を愛することの幸せを私に思い出させてくれたのよ」
ユンス「愛することの幸せ」
ミョンジャさん「私にはまだ父さまという人を愛する心が残っていたの。そしてあなたとチェギョンを授かった。愛する夫と夢を追い求める二人の子供を見守ることができる。これ以上の幸せはないの」

ミョンジャさん「憎しみを消し去ることができるのは愛だけ。人を愛することの喜びを再び知った私に欽太郎を恨むことはできない」
ユンスのスケッチを見ながら「好きな人がいるのね」
ユンス「はい」
ミョンジャさん「愛しているの?」
ユンス「心から愛しています」

ミョンジャ「その人を救い出したいのね」
ユンス「でも僕にはその力がない。何かが足りないのです!」
ミョンジャさん「昔、欽太郎が言っていた……」

回想。
欽太郎「デザイン画はデザイナーの心を移す鏡だ。これを見れば何が足りなくて何が余計なのか見えてくるんだ」

ミョンジャさん「もう一度、あなたの描いたデザイン画を見るの。きっと見えてくる。それができなければ……」
ユンス「あいらさんを救い出すことはできない」
ミョンジャ「愛する人のためにあなたのデザインに何が足りないのか何を捨てるのか見極めなさい」

PURETTYレッスンしてる。
ミシル社長登場。
ミシル社長「あなたたちを日本にプリズム留学させたのはなぜか覚えている?」
ヘイン「ハートの革命私たちのプリズムアクトを完成させるためです」
ミシル社長「今日子からあなたたちは十分実力がついたと聞かされたしもう韓国に帰ってきてもいい頃じゃない? 日本に戻ればあなたたちがこの騒ぎに巻き込まれるのは目に見えている。私にはあなたたちを守る責任があるの」

ソミン「社長のご命令とあればどんなことでも従います。でもこれだけは従えません!」
ミシル社長「え?」
ソミン「私たちはまだ日本にやり残したことがあります」
ミシル社長「やり残したこと?」

ソミン「最初、日本にプリズム留学したのは私たちのテクニックを磨くためだと思っていました。でも同じ夢を追う仲間たちと出会ってそれだけではないとわかったんです。それが何か明日ムダなくお見せします」
ヘイン「日本に行って私たちは変わりました」
シウン「私たちの成長を見てください」
チェギョンとジェウン「お願いします!」

プリズムショー会場。
PURETTYプリズムチェンジ。
PURETTYの新曲キター!
プリズムフラッシュグローブの光跡が綺麗。

チェギョンとジェウン「フライハイチアガール!」
チェギョンとジェウン、プリズムデュオジャンプ、フライハイチアガールを跳ぶ。
地上が韓国の首都ソウルになってる。

シウン「キング・オブ・ジャングル!」
シウン、プリズムジャンプ、キング・オブ・ジャングルを跳ぶ。

ソミン、「ピンクドルフィンヴィーナス パーフェクト!」
ソミン、プリズムジャンプ、ピンクドルフィンヴィーナスパーフェクトを跳ぶ。

ヘイン「プラチナスパイラル!」
ヘイン、プリズムジャンプ、プラチナスパイラルを跳ぶ。

PURETTYアクトライン突入する。センターはヘイン、右にシウン、左にジェウン、後方右にソミン、後方左にチェギョン。
PURETTY「プリズムアクト ウィーラブ・プリズムショー!」
PURETTIY、プリズムアクト、We Love Prism Showを跳ぶ。
ソミン「プリズムショーは素晴らしい」
ヘイン「楽しくて」
シウン「ハッピーで」
チェギョン「セレブリティーで……」
ジェウン「パクパク! じゃなくてワクワクしちゃう」

ショウさんとユンスが見てる。
ショウさん「彼女たちの笑顔……ハピラキだ」
ユンス「え?」
ショウさん「あいらがいつも言っていたんだ……」

ショウさんの回想。
あいら「うふふふ……」
ショウさん「その服って?」
あいら「ショウさんのデザインした服をアレンジしてみたんです。プリティーリメイクです」
ショウさん「プリティーリメイク?」
あいら「ショウさんのデザインがすばらしいからどうリメイクしても素敵」
ショウさん「いや、俺がデザインした服がもっとよくなってるよ」
あいら「ほんとですか? ハピラキ!」

ショウさん「プリティーリメイク」

PURETTY「ミシル社長! 私たちプリズムショーで歌って踊れることの楽しさと幸せを知りました」
ミシル社長「あなたたち……」
ミシル社長が涙を流す。
ミシル社長「ありがとう今日子。あの子たちをあなたに預けて本当によかった」
阿世知社長「え? 何か言った?」
ミシル社長「ううん。何でもない」
阿世知社長鈍い(笑)

ショーが終わったPURETTYにZONEの光が出てる。

ユンスが見てる。
ミョンジャさんの声「何が足りないのか。何を捨てるのか。見極めなさい」

ユンス「何を捨てるのか……」
ユンス何かに気がつく。

夕方。公園。

ユンスとショウさん。
ショウさん「おい! どうしたんだ?」
ユンス「せれのんたちとLOVE-MIXがロードトゥシンフォニアに近いアクトを跳んだのは怒りの力だ!」
ユンス「その力であいらさんのもとまでは行ける」

ロードトゥシンフォニアに近いアクトなのか?

ユンス「でも救い出すことはできない。わかったんだ。僕が行き詰まった原因が」
ユンス「僕のデザインには母を裏切った男に対する怒りと憎しみがあったからだ」

ショウさん「どういうことだ?」
ユンス「神秘のシンフォニアドレスを超えるドレスに必要なのは怒りや憎しみの感情じゃない!」
ユンス「Prizmmy、PURETTYという九人の女神の個性。彼女たちの輝きをプラスした新しいシンフォニアシリーズのドレスが必要なんだ!」
ショウさん「怒りや憎しみじゃない感情……」

ショウさんの回想。
あいら「ハピラキ!」

ユンス「そのドレスを作り出すことは容易なことじゃない」
ショウさん「一つ方法があるぜ!」
ユンス「えっ!」
ショウさん「あいらが教えてくれたんだ」
ユンス「あいらさんが?」

ショウさん「プリティーリメイクだ!」
ここ見てて笑った。

ショウさん「シンフォニアドレスをリメイクするんだ!」
ユンス「リメイク……」
ユンス「やってみる価値はありそうだ。やろう! プリティーリメイク!!」
ショウさん頷く。
ショウさんが拳を出してユンスが拳を合わせる。
背景に大きな夕日。

脚本の井内さんはストーリーの展開と天候をよく重ねる。

新ED。

応援というパワーを込めてポチッとお願いします!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prettyrhythmfan.blog.fc2.com/tb.php/832-f1748df6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)

Author:滝川でじる(旧名:プリティーリズム1ファン)
アニメの感想ブログです。
連絡先(☆を@に変えてください)
prettyrhythmfan☆gmail.com

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

トップ絵

くぅの人様のイラスト「この世界にありがとう」の使用許可をいただきました。
  • twitterID @prettyrhythm2dx
  • ニコニコ静画
  • twitter

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。